関数・計算

数式の入力

いろんな技をマスターする前にまず最初に押さえておきたいのはコレ!
エクセル・Excel関数・計算の基本技!

相対参照と絶対参照

相対参照と絶対参照、この考え方はExcelでは必須です!
絶対参照の$マークをいちいち手入力している方も必見の、Excel超重要知識。
4つ目の複合参照は、Excelの基本は完璧だぜ!という方のみご覧ください。

セル参照

このセルと同じデータを、こっちのセルにも表示させたい!
簡単な操作でExcelの醍醐味を。

Excel 関数 基本のキ

関数って何? 引数って何?
基本の関数の操作はもちろん、知っておきたい関数の知識もマスター!

切り上げ・切り捨て・四捨五入|ROUNDUP・ROUNDDOWN・ROUND関数の使い方

切り上げはROUNDUP関数、切り捨てはROUNDDOWN関数、四捨五入はROUND関数を使いますが、使い方や覚え方は一緒!
混乱しがちな「桁数」の設定も全力解説!

小数点以下の切り捨てに便利!TRUNC関数

切り捨てといえばROUNDDOWN関数だけれど、ROUNDDOWN関数がどうしても苦手で、なおかつ小数点以下を切り捨てたいだけなら、桁数を指定しなくてもいいTRUNC関数が味方になってくれます。

順位付けはコレ!RANK関数、RANK.EQ関数、RANK.AVG関数

順位付けしたい時に使う関数は、RANK関数、RANK.EQ関数、RANK.AVG関数の3つ。
この3つの操作方法は全く同じだけれど、それぞれの違いと使い分け方は知っておきたい!

IF関数

IF関数は、条件に合っていたときと合わなかったときとで、セルに表示させるものを変えたいときに使う関数。
Excelで頻繁に使われるIF関数を徹底解説!

Excelで「以上」「以下」「より大きい」「より小さい(未満)」を表す記号

Excelの数式では、「以上」「以下」「より大きい」「より小さい(未満)」を記号で表します。
「〜じゃない」の表現に迷った時にも。
比較演算子まとめ。

条件に合うものを合計する

条件に合うデータだけを合計したい場合にはこれらの関数を使います!
特にSUMIFS関数はエクセル2007の新関数です!

条件に合うデータを平均

条件に合ったデータの平均を求めたい場合には、この関数を使います!
エクセル2007の新関数!

条件に合うセルの個数を数える

条件に合うセルをカウントして、個数を数えたいときに使うのがこの関数。
条件が1つのときはCOUNTIF関数、条件が複数のときはCOUNTIFS関数を使います。

Excelを怒らせないための関数・数式のお作法

Excelには、関数・数式を設定する際に絶対に守らなければならないお作法があります。
「そんなこと守らなくても、自動的に修正してくれるから必要ないんじゃない?」というあなたにも。
エクセル超重要知識

VLOOKUP関数

VLOOKUP関数を使った時の感動といったら・・・
この「セリフ」を覚えて使いこなそう!

エラーを表示しないようにする IFERROR関数

IFERROR関数を使えば、エラーを表示しないようにできます!
エクセル2007の新関数!

ふりがなを表示!PHONETIC関数

Excelでふりがなを表示するには、ボタンひと押しで表示させる方法と、関数で表示させる方法とがあります。
元の文字があるセルとは別のセルにふりがなを表示させたい場合には、PHONETIC関数を使います!

DATE関数でバラバラに収められた年・月・日・の情報をドッキング

各セルにバラバラに収められた年・月・日の情報をドッキングして、日付の計算などに使えるよう、1つのセルにまとめてくれるDATE関数。

日付から年だけ・月だけ・日だけを取り出すYEAR・MONTH・DAY関数

日付データから、年の部分だけ、月の部分だけ、日の部分だけを取り出したい!
そんな時はYEAR関数、MONTH関数、DAY関数を使います。

月末日を表示させたい

月末日を求める2つの方法!
入金日や締め日などで、月末日が関わってくる方に。

日付から曜日を割り出すWEEKDAY関数

ただ曜日を表示させるだけなら、表示形式を使えばいいわけですが、曜日によって何かしらの処理をしたい場合には、日付から曜日区分を割り出してくれるWEEKDAY関数を使います。

全角を半角にするASC関数

商品コードや電話番号の一覧など、全角と半角が混在した表はダサすぎる!
ASC関数で全角を半角に変換!

関数で住所を郵便番号に変換!

関数を使って、住所を郵便番号に変換!
郵便番号変換ウィザードを使わなくても、こんな方法で変換できます!
でもそのためには、とっても大切なポイントがあるんです!

LEFT関数

指定した文字を、左側から指定した文字数分だけ抜き出す関数、それがLEFT関数です!

右端から文字を抽出!RIGHT関数

指定したセル内の文字を、指定した文字数分だけ、右端から抽出して抜き出してくれるRIGHT関数。

この文字は何文字目?FIND関数

指定した文字が何文字目にあるかを数えるFIND関数。
この関数を使いこなすと、あらゆる文字の処理に応用できます!

文字数をカウント!LEN関数

文字数をカウントしたいときに使うのがLEN関数!

氏名を苗字と名前に分ける(関数編)

氏名を苗字と名前とに分ける方法はいくつかありますが、ここでご紹介する方法は関数を使う方法。
この関数を使う方法と、別の方法とを比べた時の長所と短所もご紹介しているので、自分に合った方法で氏名を分割できます!

INDIRECT関数

指定した文字を、数式の中で使えるような「セルの名前」として認識してくれるINDIRECT関数。
様々なものに組み合わせて使うことで、格段に便利な仕組みを作ることができます。

CODE関数

指定した文字に対応する文字コードを表示してくれるのがCODE関数です!

ROW関数

指定したセルが何行目にあるのかをExcelさんに調べてもらうROW関数。
この関数で、こんな実用的な処理ができます!

奇数なの?ISODD関数、偶数なの?ISEVEN関数

奇数かどうかを調べるISODD関数、偶数かどうかを調べるISEVEN関数。
これらの関数を使うと、こんなことが実現するんです!

RANDBETWEEN関数

Excelの練習をしたいけど、
練習用データを作るために自分で適当な数字を考えたり入力したりって結構面倒!
そんな時にRANDBETWEEN関数が大活躍します!

関数の中に関数!関数の入れ子

関数の中に関数を入れて「入れ子」に!
この手順で覚えれば、操作を難しく感じることも、悩むこともありません!
[関数の引数]ダイアログボックスで[OK]ボタンを押した瞬間、いつもエラーが出てしまう方は、このコツさえ知っていれば、もうエラーに悩まされることはありませんヨ。

長い数式を改行して見やすくする

関数の中に関数が入っているなど、パッと見でどんな処理だか理解しづらいのが、長い数式。
そんな数式も、改行することで、見やすく、理解しやすくなります!

文字列を結合

別々のセルに入力された文字列を結合して、1つのセルにつなげて表示させたい!

串刺し集計

複数のシートにあるデータを合計したい時には串刺し集計! 3-D集計とも言います。
串刺し集計の操作はもちろん、串刺し集計の操作で重要なポイント、失敗しやすいポイントもすべて解説!

オートフィル不要で一発合計!

合計を簡単に出せる、お馴染み[オートSUM]。
実はこれ、ボタンを押す前のちょい技で、オートフィル不要で複数のセルに一発で合計を出せるんです!

テーブルが関わる数式に注目!

テーブル内のセルを使って数式を組むと、その数式は、普段とは違う「構造化参照」という形式の数式になります。
今回は、この構造化参照をざっくり理解します!

スポンサーリンク