SUMIFやCOUNTIF関数で数式内に直接条件を指定する

解説記事内の画像はExcel 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2016, 2013, 2010
Excel 2016・2013・2010用 練習ファイル
(sumif-criteria.xlsx  12.2KB)

Excelには、条件に合うものだけを計算できる、次のような関数があります。

  条件が1つ 条件が複数
合計 SUMIF SUMIFS
平均 AVERAGEIF AVERAGEIFS
カウント COUNTIF COUNTIFS

これらの関数では、条件を指定する引数があり、その引数名は、下の表のように各関数によって微妙に違いますが、条件の設定方法はまったく同じで、

  条件が1つ 条件が複数
合計 SUMIF
[検索条件]
SUMIFS
[条件1][条件2]...
平均 AVERAGEIF
[条件]
AVERAGEIFS
[条件1][条件2]...
カウント COUNTIF
[検索条件]
COUNTIFS
[検索条件1][検索条件2]...

条件を指定する引数に、セル番地を指定 条件を指定する引数に、セル番地を指定することで、「このセルに入力されている条件に該当するものだけを計算してね」という意味の数式にすることができます。

条件がセルに入力されている 「条件はこのセルに入力されていますよ」という指定の仕方をしているので、

条件を変更したら答えが変わった 条件を変更すれば、もちろんその条件に合わせて再計算してくれます。

でも、条件を変更することがないのなら、わざわざ条件を入力するセルを作る必要も無いわけで。

というわけで今回は、数式中に直接、条件を入力してしまう方法をご紹介しながら、その場合の注意点もまとめていきます!
今回の例では条件が複数ある場合の合計を計算するSUMIFS関数を使いますが、表のような各引数で、条件の設定方法はまったく同じです。

  条件が1つ 条件が複数
合計 SUMIF
[検索条件]
SUMIFS
[条件1][条件2]...
平均 AVERAGEIF
[条件]
AVERAGEIFS
[条件1][条件2]...
カウント COUNTIF
[検索条件]
COUNTIFS
[検索条件1][検索条件2]...

スポンサーリンク

数式内に直接条件を指定

Sheet2に切り替え 練習用データを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しをクリックして、[Sheet2]に切り替えておきます。

条件範囲の確認 今回は、B2からB12番地のデータが「男」で、さらに、C2からC12番地のデータが「40以上」だったら、

予約数の合計を、F2番地に表示させたい その予約数の合計を、F3番地に表示させてみます。

引数[条件範囲1]と[条件1] 今回の場合、F3番地は、このようなSUMIFS関数の設定になります。
引数[条件範囲1]と[条件1]の部分は、「B2からB12番地のデータが「男」だったら」という部分が入りますので、設定は図のようになります。
今回は条件を入力するためのセルを用意していないので、[条件1]の部分に「男」と、条件を直接入力していますが、数式内に文字を設定する場合には、その文字の前後を半角ダブルクォーテーションで囲む、というお作法があるので、「 "男" 」と入力します。

引数[条件範囲2]と[条件2] 引数[条件範囲2]と[条件2]の部分は、「C2からC12番地のデータが「40以上」だったら」という部分が入りますので、設定は図のようになります。
「40以上」のように、[検索条件]に「以上」や「以下」、「より大きい」や「未満」といった設定をしたい場合には、比較演算子を使って表現するので、「40以上」なら「 >=40 」となります。
ですが、こういった式を設定したい場合も、文字を指定するときと同様、その式の前後をダブルクォーテーションで囲まなければならないので、「 ">=40" 」と入力します。
もちろん、数式内の記号や数字は半角で入力しなければならないので、「 ">=40" 」は半角で入力します。

条件に数字を設定 もしこの条件が、「40以上」や「25より大きい」などではなく、「45だけ」というのであれば、そのまま「45」と入力するだけでOK。
この章の最初で「男」というデータそのものを検索条件にしたときと同様、「 = 」(イコール)は付ける必要はありません。
しかも「45」は数字です。
「以上」や「以下」の記号を含んだ式でもなく、文字でもないので、ダブルクォーテーションで囲む必要はありません。

スポンサーリンク