文字数をカウントするLEN関数

B!
解説記事内の画像はExcel 2019のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2019, 2016, 2013
  • Microsoft 365
Microsoft 365は、バージョン2108で動作確認しています。
練習ファイルのダウンロード
Excel 2019・2016・2013 / Microsoft 365用
(len.xlsx  9.69KB)

スポンサーリンク

指定したセルの中に、何文字あるかをカウントするのがLEN関数。 「レンかんすう」と読みます。
半角でも全角でも、区別なく1文字として数えてくれます

スポンサーリンク

LEN関数の使い方

それではC2番地にLEN関数を使って、B2番地の文字数を表示させてみましょう。

結果を表示させたいC2番地を選択し、[関数の挿入]ボタンをクリックします。

[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、その下にABC順ですべての関数が表示されます。
「LEN」をクリックで選択したら、[OK]ボタンをクリック。

LEN関数の設定をするダイアログボックスが表示されます。
[文字列]欄には、文字数を数えたいセルを指定します。
[文字列]欄に文字カーソルが入っている状態で、

文字数を数えたいB2番地をクリックで選択すると、ダイアログボックスの[文字列]欄に、B2番地と指定できました。
ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、

B2番地の文字数が何文字なのかを表示させることができました!
スペースも1文字としてカウントしてくれています。

同じ列にある、残りのセルにも文字数が表示されるよう、C2番地に設定した数式をコピーします。
C2番地が選択されていることを確認し、オートフィルすると、数式をコピーできます。

LEN関数の数式

最初にLEN関数を設定したC2番地を選択し、数式バーを見ると、このセルに設定されている数式を確認できます。

この数式の意味は「B2番地の文字数を数えてね」という意味です。

このLEN関数を、他の関数と組み合わせることで、氏名を苗字と名前に分けるなど、様々な実用的処理ができます。

スポンサーリンク

B!