文字数をカウント!LEN関数

解説記事内の画像はExcel 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2016, 2013, 2010

文字数をカウント!LEN関数01 この文字数をカウントしたい!という時に使うのが、LEN関数
今回は、B2番地に、A2番地に入力されているデータの文字数を表示させたいと思います。

文字数をカウント!LEN関数02 まずは答えを表示させたいB2番地を選択し、[関数の挿入]ボタンをクリックします。

文字数をカウント!LEN関数03 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。
今回はLEN関数を使いたいので、一覧から「LEN」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。
ちなみに、この一覧から「LEN」を選択する際、「LEN」の頭文字である「L」のところまで、一瞬でスクロールする技を使うと便利です。

文字数をカウント!LEN関数04 前のダイアログボックスで「LEN」を選択して[OK]ボタンをクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。
[文字列]欄には、文字数をカウントしたいデータが入力されているセルを指定します。
今回は、A2番地のデータの文字数を知りたいわけですから、[文字列]欄に文字カーソルがある状態で、

文字数をカウント!LEN関数05 A2番地をクリックすると、[文字列]欄に「A2」と指定することができました!
これで指定は終わりなので、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックします。

文字数をカウント!LEN関数06 B2番地に、A2番地に入力されているデータの文字数を表示させることができました!
ちなみに「あれ?4文字じゃないの?」と思った方もいらっしゃるかもですが、苗字と名前の間に入力されているスペースもカウントされるので、答えは5文字になります。

文字数をカウント!LEN関数07 このLEN関数を入力したB2番地を選択した状態で数式バーを見ると、入力した数式の内容が確認できます。

文字数をカウント!LEN関数08 この数式をかみ砕くと、「A2は何文字ですか」ということになります。

文字数をカウント!LEN関数09 答えを表示させる欄の先頭のセルに、数式を入力し終わったので、残りのセルにも数式を入力していきましょう。
数式が入力されているB2番地を選択した状態でオートフィルすれば、

文字数をカウント!LEN関数10 残りのセルにも簡単に数式を入力することができました!

LEN関数のカウントの仕方

文字数をカウント!LEN関数11 LEN関数は、全角の文字でも、半角の文字でも、それぞれを区別なく1文字としてカウントします。
また、スペースも「空白という文字」ですので、1文字としてカウントしますし、もちろん記号もカウントします。

さぁ、ここまででLEN関数についてご紹介してきましたが、このLEN関数は、氏名を苗字と名前に分ける時など、様々な実用的な処理で活躍します。
ただ、そういった場合には、このLEN関数単体では文字数だけしかカウントできないので、他の関数と組み合わせて使っていきます!

スポンサーリンク