複数シートを合計!串刺し集計

解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2013, 2010, 2007

下の図のように「元麻布店」シートから「芦屋店」シートまでの各シートに、各月のデータが入力されていたとします。
串刺し集計の操作画像01

串刺し集計の操作画像02 そして、それら各シートの合計を表示するための「全店舗合計」シートがあります。

合計を出すのはSUM関数なので、今回の場合も当然SUM関数を使うわけですが、今回は合計したいデータが、同じシートの中にあるのではなく、それぞれ別のシートにあるというのが厄介に思えそうなポイント。
でも、今回のように各シートの表の構造が全く同じなら、各シートの同じセル番地のデータを集計する「串刺し集計」という方法があります!
別名「3-D集計」とも言いますヨ。

串刺し集計の操作画像03 今回は左の図のように、「元麻布店」シートから「芦屋店」シートまでの各B3番地の合計を、「全店舗合計」シートのB3番地に表示させたいと思います。
ちなみに、このページの一番最初の図のように、合計したいのは各シートのB3番地だけでなく、B3番地からC5番地までのそれぞれのセルを串刺し集計したいわけですから、一気にB3番地からC5番地を集計していきましょう。

串刺し集計スタート!

ここからの操作は、操作中に余計なところをクリックしたりすると「おじゃん」です。
作業中、やたらと画面のあちこちをクリックしまくるクセのある方は(笑)、とりあえずそのクセは封印しておいてください。
では早速始めていきましょう!

串刺し集計の操作画像04 まずは合計の結果を表示させたいセル範囲を選択します。
今回の場合は、「全店舗合計」シートのB3からC5番地に、合計の結果を表示させたいわけですから、「全店舗合計」シートのB3からC5番地を範囲選択します。

串刺し集計の操作画像05 選択した範囲に、合計を出すためのSUM関数を入れていきましょう。
[ホーム]タブの、

串刺し集計の操作画像06 [編集]グループにある、[合計]ボタン(オートSUM)をクリックします。
このボタンは、SUM関数を簡単に入れるためのボタンでしたね。

この時、ボタンはシグマのマークの部分と[▼]の部分の2層構造になっているので、シグマのマークの方のボタンをクリックします。

串刺し集計の操作画像07 予め範囲選択しておいた先頭のセルに、SUM関数が入力されました。
ここからはSUM関数が入力されたこのセル、つまりB3番地のことだけを考えていきましょう。
次は、このB3番地に表示したいのは「どのセルを合計したものなのか」、つまり合計の元となるセルを指定していきます。

串刺し集計の操作画像08 まず合計したいのは、「元麻布店」シートのB3番地ですから、「元麻布店」シートのシート見出しをクリックすると、「元麻布店」シートが表示されるので、

串刺し集計の操作画像09 そのB3番地をクリックで選択します。

串刺し集計の操作画像10 更に、B3番地を合計したいのは「芦屋店」シートまでなので、[Shift]キーを押したまま、「芦屋店」シートのシート見出しをクリックします。
「芦屋店」シートでクリックするのはシート見出しのみです。
B3番地をクリックしてはいけませんヨ。

この時点で、合計結果を表示させる範囲を予め選択しておいた「全店舗合計」シート、そして合計の元となる「元麻布店」シートから「芦屋店」シートまでのシート見出しが選択されている状態になりました。

串刺し集計の操作画像06 最後に、もう一度、[合計]ボタン(オートSUM)をクリックします。
この時も、ボタンはシグマのマークの部分と[▼]の部分の2層構造になっているので、シグマのマークの方のボタンをクリックします。

串刺し集計の操作画像11 「全店舗合計」シートで、予め範囲選択しておいたセル全てに合計結果が表示されました!

一見ややこしい操作のような気がしますが、一連の操作を、Be Cool Usersお馴染みの「セリフ」として整理すると、分かりやすくなります。

ここからここまでに、合計を表示させたいです。
具体的な範囲は、このシートのこのセルからこのシートまでです。

となり、この「セリフ」を操作に照らし合わせると、こんな風になります。

ここからここまでに、 合計結果を表示させたいセル範囲を選択
合計を表示させたいです。 [合計]ボタン(オートSUM)をクリック
具体的な範囲は、このシートのこのセル 「元麻布店」シートのB3番地をクリックで選択
から [Shift]キーを押したまま
このシートまで 「芦屋店」シートのシート見出しをクリック
です。 再び、[合計]ボタン(オートSUM)をクリック

そして、この一連の操作の一番最後は、[Enter]キーで確定するのではなく、再び[合計]ボタン(オートSUM)をクリックすることで、数式を確定しています。

串刺し集計の操作画像12 [合計]ボタン(オートSUM)ではなく、[Enter]キーで確定してしまうと、最初に範囲選択した先頭のセル、つまりB3番地の結果しか求めることができません。

もしこうなってしまったら、このB3番地の数式をオートフィルして、空いている他のセルにも数式をコピーすればいいんですが、[合計]ボタン(オートSUM)で締めれば、予め範囲選択しておいたセル全てに数式が入るので手間いらず、というわけです。

引き続き次のページでは、パッと見て意味が理解できるようになっておきたい串刺し集計の数式についてと、串刺し集計をする際のシート構成のポイントについて詳しく解説します!

スポンサーリンク