ふりがなを表示!PHONETIC関数

解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2013, 2010, 2007
Excel 2013・2010・2007用 練習ファイル
(phonetic.xlsx  9.71KB)

Excelさんは、セルに文字を入力したときの読み情報を、そのまま記憶しています
例えば、「岡田 幸子」という文字を入力した時に、「おかだ さちこ」と入力したのか、「おかだ ゆきこ」と入力したのかを、Excelさんは記憶してくれているんです!

Excelでは、その読み情報を表示することで、ふりがなとすることができます。

その方法は、ボタンひと押しで表示させる方法と、関数で表示させる方法とがありますが、元の文字があるセルとは別のセルにふりがなを表示させたい場合には、PHONETIC関数を使います!

ふりがなを表示!PHONETIC関数の操作画像01 今回は、B2番地にPHONETIC関数を設定して、A2番地に入力されている文字のふりがなが表示されるようにしてみます。

ふりがなを表示!PHONETIC関数の操作画像02 まずは、ふりがなを表示させたいB2番地を選択し、数式バーにある[関数の挿入]ボタンをクリックします。

ふりがなを表示!PHONETIC関数の操作画像03 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。
「PHONETIC」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。

この時、「PHONETIC」の頭文字である「P」のところまで、一瞬でスクロールする技があります。
何それ?という方は、「Excel 関数 基本のキ(まずはここから編)」を是非ご覧ください。

また、この時、[関数の分類]で「すべて表示」を選択して関数を指定していますが、それがどうしてなのか、そして関数を指定する他の方法に関しても、「Excel 関数 基本のキ(まずはここから編)」をご覧ください。

ふりがなを表示!PHONETIC関数の操作画像04 先程のダイアログボックスで「PHONETIC」を選択し、[OK]ボタンを押すと、今度はこのようなダイアログボックスが表示されます。
[参照]欄で、文字カーソルが点滅し、「どのセルのふりがなを表示させますか?」と、セルを指定できるようになっています。この状態のまま、

ふりがなを表示!PHONETIC関数の操作画像05 今回はA2番地のふりがなを表示させたいので、A2番地をクリックで選択します。

この時、表示されているダイアログボックスが、表にかぶってしまってセルを選択できない!という方は、ダイアログボックスを邪魔にならないところに移動してから、セルを選択してください。

ふりがなを表示!PHONETIC関数の操作画像06 ダイアログボックスの[参照]欄にも、クリックで選択したセル番地が表示されました。
[OK]ボタンをクリックすると、

ふりがなを表示!PHONETIC関数の操作画像07 指定したセルのふりがなを表示することができました!

数式を設定したB2番地が選択されている状態で数式バーを見てみると、PHONETIC関数の数式が確認できます。

関数に慣れてきたら、B2番地に直接この数式を入力して設定してもOK。
先ほど使ったダイアログボックスは、この数式を気軽に入力できるようにするためのものだったんです。
Excel 関数 基本のキ(まずはここから編)」でご紹介しているように、数式には「きまり」があります。
引数に何を指定するかは各関数によって違いますが、PHONETIC関数では、ふりがなの元となる文字が入力されているセルを指定します。
ふりがなを表示!PHONETIC関数の操作画像10

なので、この数式を読み替えると、「A2番地のふりがなを表示してね」ということになります。
ふりがなを表示!PHONETIC関数の操作画像11

ふりがなを表示!PHONETIC関数の操作画像08 それでは、残りのセルにも、PHONETIC関数の数式を入れていきましょう!
先ほどPHONETIC関数を入力したB2番地を選択し、オートフィルすれば、

ふりがなを表示!PHONETIC関数の操作画像09 簡単に残りのセルにも数式を設定することができました!

こんな風にして、ふりがなを使うようになると、ふりがなの「読み」を修正したいことも出てくるでしょうし、ふりがなをカタカナではなく、ひらがなで表示したいといった、設定を変更したい場合もあるでしょう。
そんな時は、下記のページをご覧ください!

スポンサーリンク