Excel 画面表示

管理人

Excel(エクセル)では、画面を見ながら作業するので、画面の仕組みを知らなければ、絶対に使いこなすことはできません!
そして、作業を効率アップできる画面表示のワザも知っておきたい!

スポンサーリンク

Excel画面の仕組み

管理人

Excelでの作業は、Excelの「画面を操作」するということ。
ここにあるものは、どれもこれも、Excel操作には欠かせないことばかりです!

画面各部の名前

これだけは知っておかないと、Excelの解説本などを見てもちんぷんかんぷん。
エクセルに詳しい人に操作を聞くときも、とっても苦労します!
最低限知っておきたいExcel(エクセル)画面各部の名前。

ファイルタブ
Backstageビュー

Word、Excel、PowerPointの画面左上にあるのがファイルタブ。
実はこのファイルタブ、他のタブとはちょっと違う、特別なタブなんです。
ファイルタブをクリックしたときに表示されるBackstageビュー(バックステージビュー)と合わせて解説!

リボン

初心者の方の多くが最初にぶち当たる、「リボンについてのどうして?」を解決。

ミニツールバー

書式設定時に、マウスの移動を少なくしてくれる便利ツール。
こちらもまた、Office2007の新機能です!

ライブプレビュー

ライブプレビューのおかげでクリックの回数が減る?!
Office2007の新機能!

[その他]ボタン

[その他]ボタンは、選択肢を全部表示してくれる便利ボタンです!

書式設定作業ウィンドウ

図形やグラフに詳細な書式設定ができる作業ウィンドウ。
狭いスペースでたくさんの設定ができるようになっているため、設定項目の切り替え方がピンときづらいのも事実。
作業ウィンドウの操作に迷っている方に。

スタート画面

Office 2013を起動すると最初に表示されるスタート画面。
これを表示させないようにするには。

Office 2007の画面

Office 2007では以前のバージョンと比べて、大きく画面の構造が変わりました!
一番最初に知っておきたい知識はコレです!

使いやすい画面へ

管理人

操作を妨げないために、Excelの画面ではこんなことができるようになっています。

ダイアログボックスを移動

表示されたダイアログボックスが邪魔で、文書の状態を確認しながら操作できない!とお困りの方はいらっしゃいませんか?

画面の配色

現在どのタブが選択されているのか見えづらい!
そんな方は画面の配色を変更してみると解決します!

リボン

いつも使うところだからこそ、知っておきたい「リボン」のこと。
そして、リボンに関する「困った!」も解決。

数式バー
展開
折りたたみ
高さ

セルの中身をすべて確認できるはずの数式バーで、一部分しか確認できない!
数式バーは展開したり、折りたたんだり、高さを変えることができるので、これでお悩み解決!

名前ボックス

名前ボックスの幅が狭くて、定義されている名前が欠けて表示されている!
そんな時には名前ボックスの幅を広げます。

ウィンドウ枠
固定

ウィンドウ枠の固定で、一部の行や列をスクロールしても見えたままになるように!

ワンランク上の画面表示の技

管理人

「え?こんなこともできるの?」、そんなワンランク上の画面表示は、隣の机で作業している同僚の目を引くかも知れません。

複数のウィンドウ
並べる
整列
2つのウィンドウ
同時スクロール

Excelの2つのウィンドウを並べて、しかも同時にスクロールさせたい!

ユーザー設定のビュー

ユーザー設定のビューを使えば、画面表示や印刷の設定をパターンとして複数登録しておくことが可能です!

開発タブ

マクロやコンテンツコントロール、フォームなどの編集作業に使う[開発]タブは、こうして表示します!

スポンサーリンク