SUMIF関数で条件に合う数字を合計

解説記事内の画像はExcel 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2019, 2016, 2013, 2010
  • Office 365
Office 365は、バージョン1908と、バージョン2004で動作確認しています。

スポンサーリンク

SUMIF関数とは、

  • 条件に合った数字だけを合計したい
  • その条件が1つ

のときに使う関数です。
条件が複数あるときは、SUMIFの後ろに複数形の「s」が付いた、SUMIFS関数を使います。

SUMIF関数の引数 上は、SUMIF関数の設定に必要な引数。
それぞれの引数をかみ砕くと、下の表のような意味になります。

[範囲] この範囲が
[検索条件] この条件に合っていたら
[合計範囲] この範囲を合計してね

それでは早速、SUMIF関数の使い方を詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

SUMIF関数の使用例

表の「性別」欄 今回は、表の「性別」欄が、

F2番地に入力されている条件 F2番地に入力されている条件と同じデータだったら、

表の「予約数」欄 その「予約数」を合計する例で、解説していきます。

条件を入力するセルを準備

表の「性別」欄 今回の例では、表の「性別」欄が、

F2番地に入力されている条件 F2番地に入力されている条件と同じデータだったら、というのが集計の大前提となります。
ですので、まずはこのF2番地のように、集計の前提となる条件を、どこのセルでもいいので入力しておきます。

SUMIF関数の設定

[関数の挿入]ボタン それでは早速、SUMIF関数を設定してみましょう。
答えを表示させたいセルを選択し、[関数の挿入]ボタンをクリックします。

[関数の挿入]ダイアログボックス 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。
今回はSUMIF関数を使いたいので、一覧から「SUMIF」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。
ちなみに、この一覧から「SUMIF」を選択する際、「SUMIF」の頭文字である「S」のところまで、一瞬でスクロールする技を使うと便利です。

[関数の引数]ダイアログボックス 前のダイアログボックスで「SUMIF」を選択して[OK]ボタンをクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。
SUMIF関数で設定する引数は3つ。

[範囲] この範囲が
[検索条件] この条件に合っていたら
[合計範囲] この範囲を合計してね

という設定になるので、

SUMIF関数で答を導きたい表 これを今回やりたいことに照らし合わせると、

[範囲] 「性別」欄が
(B2からB12番地が)
[検索条件] F2番地の条件に合っていたら
[合計範囲] 「予約数」欄を合計してね
(D2からD12番地を合計してね)

となります。

引数[範囲] それでは[範囲]から設定していきましょう。
[範囲]欄に文字カーソルがあることを確認し、ここには、上の表のように「B2からB12番地が」という部分を設定したいので、

B2からB12番地を範囲選択 B2からB12番地を範囲選択すると、

引数[範囲]の指定 完了 ダイアログボックスに、指定した範囲を設定できました。
続いて、[検索条件]欄に文字カーソルを移したいので、キーボードの[Tab]キーを押すか、

引数[検索条件] [検索条件]欄でクリックすると、[検索条件]欄に文字カーソルを移せます。
この欄には、条件が入力されているセルを指定します。
今回の場合、条件はF2番地に入力されているので、

引数[検索条件]の指定 完了 F2番地をクリックで選択すると、[検索条件]欄にそのセルを指定できます。
指定が終わったら、最後の[合計範囲]欄に文字カーソルを移したいので、キーボードの[Tab]キーを押すか、

引数[合計範囲] [合計範囲]欄でクリックすると、[合計範囲]欄に文字カーソルを移せます。
ここには、条件に合っていた場合に、実際に合計するデータがある範囲を指定します。
今回は、それはD2からD12番地なので、

D2からD12番地を範囲選択 D2からD12番地を範囲選択すると、

引数[合計範囲]の指定 完了 [合計範囲]欄に、範囲を指定できました。
最後にダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、

SUMIF関数の設定 完了 条件に合ったデータの、「予約数」合計を表示させることができました!

スポンサーリンク

条件が数字のとき

関数設定前の確認 もし、「年齢が45歳の人の、予約数を合計」したいなら、

[範囲] 「年齢」欄が
(C2からC12番地が)
[検索条件] F6番地の条件に合っていたら
[合計範囲] 「予約数」欄を合計してね
(D2からD12番地を合計してね)

となるので、

G6番地 答えを表示させたいG6番地に、

SUMIF関数の引数設定 図のように指定したSUMIF関数を設定すればいいことになります。

SUMIF関数の設定 完了 条件に合ったデータの、「予約数」合計を表示させることができました!

年齢の条件 この章では、F6番地に入力されている年齢の条件は「45」となっています。
44でも、46でもない、「45ジャスト」「イコール45」という意味の条件です。
「40以上」のように、条件を「以上」や「以下」で設定したい場合については、「「以上」や「以下」の条件にしたい」の章でご紹介していますので、このまま読み進めてください。

条件を変更する

条件を変更したら、計算結果も変わった 関数のいいところは、データが変わったときに、即座に再計算してくれるところ。
というわけで、性別が「男」ではなく、「女」の合計予約数を知りたくなったのなら、条件が入力されているF2番地を変更すれば、計算結果もちゃんと変わってくれました!
もし、計算結果が変わらない方は、F2番地を「女」に変更したあと、セルの中で文字カーソルが点滅しなくなるまで[Enter]キーでセルを確定することをお忘れなく。

「以上」や「以下」の条件にしたい

年齢の条件 現在、F6番地に入力されている年齢の条件は「45」となっています。

条件に比較演算子を使う もし、「40以上」としたい場合には、「以上」の部分を比較演算子で表現して、「>=40」とすればOK。
こういった比較演算子や数字は、半角で入力するのがお約束です。
その他、「以下」や「未満」などをどう表すかを詳しく知りたい方は、「Excelで「以上」「以下」「より大きい」「より小さい(未満)」を表す記号」をご覧ください。

今回は、条件を入力するセルを準備し、数式には「条件はこのセルに入力しています」という指定をしています。
ですが、条件を入力するセルを準備せず、数式に直接条件を入力してしまうこともできます。
数式内に直接条件を入力する方法については、「SUMIFやCOUNTIF関数で数式内に直接条件を指定する」のページをご覧ください。

スポンサーリンク

SUMIF関数の数式の意味

SUMIF関数の数式を確認 数式を設定したセルを選択した状態で数式バーを見ると、そのセルに設定した数式の中身を確認することができます。
試しに、最初にSUMIF関数を設定したG2番地を選択した状態で数式バーを見ると、このセルに設定した数式の内容を確認できます。

SUMIF関数の数式を読み解く この数式を読み解くと、「もし、B2からB12番地が、F2番地の条件に合っていたら、D2からD12番地を合計してね」ということになります。

スポンサーリンク