カウントするのは文字や数字が入っているセルの個数!COUNTA関数

B!
解説記事内の画像はExcel 2019のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2021, 2019, 2016, 2013
  • Microsoft 365
Microsoft 365は、バージョン2102と、バージョン2108で動作確認しています。
練習ファイルのダウンロード
Excel 2021・2019・2016・2013 / Microsoft 365用
(counta.xlsx  10.1KB)

スポンサーリンク

指定した範囲の中に、文字や数字が入力されているセルが何個あるのかをカウントするのがCOUNTA関数。

「COUNT」の後ろに「A」が付いて、「COUNTA」なので、文字が入力されているセルは数えない「COUNT」関数とは別物です。

スポンサーリンク

COUNTA関数の使い方

これは各イベントの集客数を調査した表。
調査した集客数が入力され、調査したけど非公開だったものには、まんま「非公開」と入力しています。
まだ調査していないものは空欄になっています。

B11番地に、集客数の調査済み件数を表示させたい場合、B2からB10番地の中で、実際の集客数が入力されていたり、「非公開」と入力されているセルの数をカウントすれば、調査済み件数を数えられます。
というわけで、指定した範囲の中で、文字や数字が入力されているセルの数をカウントするCOUNTA関数を設定していきましょう!

COUNTA関数を設定したいセルを選択し、[関数の挿入]ボタンをクリックします。

[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、その下にABC順ですべての関数が表示されるので、「COUNTA」をクリックで選択。

くどいですが、今回使うのは「COUNT」の後ろに「A」が付いた「COUNTA」なので、後ろに「A」が付かない「COUNT」を間違って選んでないか注意です。
「COUNTA」をクリックで選択したら、[OK]ボタンをクリックします。

あとは表示されたダイアログボックスの[値1]欄に、どのセル範囲でカウントしたいのかを指定するだけ。
このとき、[値1]欄にあらかじめ何か入力されていても、何も心配いりません。
あらかじめ入力されているものが、図のように全部選択されている状態であれば、何もしなくてOK。このまま読み進めてください。
もし選択されていなければ、あらかじめ入力されていたものを消しちゃってください。

[値1]欄にあらかじめ何も入力されていない場合は、この[値1]欄にカーソルが入っていることを確認します。

それでは[値1]欄を設定していきましょう。
今回はB2からB10番地の範囲でカウントしたいわけですから、B2からB10番地を範囲選択します。

この時、範囲選択したいセルの上に、ダイアログボックスがかぶさってしまって範囲選択できない場合は、ダイアログボックスを邪魔にならないところに移動してから範囲選択します。

選択した範囲がアリの行列のような点線で囲まれ、[値1]欄に、指定した範囲を設定できました!
ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、

指定したB2からB10番地の中で、文字や数字が入力されているセルが何個あるのかをカウントした結果が表示されました!
そして、COUNTA関数を設定したB11番地を選択した状態で数式バーを見ると、このセルに設定したCOUNTA関数の内容を確認できます。

数式の意味はこうなります。

COUNTA関数は何が入力されているセルをカウントするのか

初心者の方は、

COUNTA関数は「数字も文字も数える

というザックリした感覚さえ持っていれば大丈夫です。

もし、もっと詳しいことを知る必要が出たら、下記の表を参考にどうぞ。

数字とその仲間 数字 12345 数える
日付 1989/4/21 数える
時間 6:52 数える
文字とその仲間 文字 あいうえお 数える
文字数ゼロの文字 ""   数える
未入力 未入力のセル   数えない

スポンサーリンク

B!