リボンのボタンが消えた?!

解説記事内の画像はExcel 2016のものですが、操作方法は下記のソフト、下記のバージョンで同じです。
  • Word 2016, 2013, 2010, 2007
  • Excel 2016, 2013, 2010, 2007
  • PowerPoint 2016, 2013, 2010, 2007

2021年11月17日ころ、急にExcel画面が変わって、[元に戻す]ボタンなどが見当たらずにお困りの方は、2021年11月17日頃、急にExcel画面がおかしくなった!をご覧ください。

リボンのボタンが消えた?!01 Officeの操作に不可欠な「ボタン」。
そして、そのボタンを分類している「タブ」。

リボンのボタンが消えた?!02 ところが、何かの拍子に急にボタンが消えて、タブだけの表示になってしまった!
実はコレ、画面を少しでも広く使いたい時に、ボタンを隠してタブだけを表示させておく、Officeのれっきとした機能。
けっしてOfficeが壊れてしまったとかではありません。

ところが、超初心者の方がOfficeを操作する際、クリックとダブルクリックの違いがあやふやなまま操作しているケースも多く、意図せずこのようにボタンを隠してしまい、ビックリされることもあるようです。
でも、それは正常な機能で、どうしてそうなったのか、どうすれば元の表示に戻るのかを知っておけば、何も怖いことはありません!
早速、どうしてタブだけの表示になってしまったのかを見ていきたいのですが、その前に、そもそも「タブ」とか「ボタン」とか「リボン」とか、そういう画面に出てくる名前からして分からない、という方は、まずは焦らず、下記のページよりお好きなページを1つご覧ください。

「勝手に消えた」のではなく、「自分でボタンを隠した」

リボンのボタンが消えた?!01 それでは、どうしてタブだけの表示になってしまったのかを見ていくことにしましょう。
現在は、タブとボタンの両方が常に表示されている状態です。

リボンのボタンが消えた?!03 現在選択しているタブとは別の、他のタブに切り替えたい時、そのタブをクリックするのが正しい操作ですが、誤ってダブルクリックしてしまったとします。

リボンのボタンが消えた?!04 誤ってダブルクリックしてしまったとしても、クリックの時と同様、そのタブに切り替わるだけで、他に変わったことは起こりません。

リボンのボタンが消えた?!05 ところが、既に選択されているタブのところでダブルクリックすると、

リボンのボタンが消えた?!02 ボタンが隠れてタブだけの表示になりました!
ボタンが隠れた分、画面の、文書を扱う領域が広くなるので、画面を少しでも広く使いたい方にはもってこいの表示の仕方です。
ボタンが「勝手に消えた」のではなく、「自分でボタンを隠した」わけですね。

リボンのボタンが消えた?!06 もし、隠れているボタンを使いたくなったら、そのボタンが収められているタブをクリックすると、ボタンが表示されます。
このように、ボタンを隠してタブだけを表示する設定に切り替えた場合には、タブをクリックしたときにボタンが表示され、あとは使っている人の操作をOfficeが判断して、再び自動的にボタンを隠してくれます

設定を元に戻したいときには

一度、ボタンを隠してタブだけを表示する設定にすると、自分でその設定を切り替えない限り、元の、タブとボタンの両方が常に表示されている状態に戻すことはできません。
もし戻したくなったら、操作は簡単!

リボンのボタンが消えた?!07 いずれかのタブのところでダブルクリックすれば、

リボンのボタンが消えた?!08 元の、タブとボタンの両方が常に表示されている状態に戻すことができました!

今回は、ボタンを隠してタブだけを表示する、超スピード技をご紹介しましたが、その他にも切り替え方法があります。
タブやボタンの表示の仕方や、その切り替え方法の詳細については、

でご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーリンク