画面の基本と画面表示をあやつる技

管理人

Wordでは、情報を画面から得ながら操作していくことが、とても大切。
だからこそ、画面の仕組みを知って、画面表示をあやつることが、Word操作の鍵を握っているんです!

スポンサーリンク

Word 画面の仕組み

管理人

操作に必要な情報を画面から得るためには、まずは画面の仕組みを知らなければ!

画面各部の名称

これだけは知っておかないと、Wordの解説本などを見てもちんぷんかんぷん。
最低限知っておきたいWord画面 各部の名称。

リボン

初心者の方の多くが最初にぶち当たる、「リボンについてのどうして?」を解決。

ファイルタブ
Backstageビュー

画面の左上にあるのがファイルタブ。
実はこのファイルタブ、他のタブとはちょっと違う、特別なタブなんです。
ファイルタブをクリックしたときに表示されるBackstageビュー(バックステージビュー)と合わせて解説!

ミニツールバー

書式設定時に、マウスの移動を少なくしてくれる便利ツール。
こちらもまた、Office2007の新機能です!

ライブプレビュー

ライブプレビューのおかげでクリックの回数が減る?!
Office2007の新機能!

[その他]ボタン

[その他]ボタンは、選択肢を全部表示してくれる便利ボタンです!

書式設定作業ウィンドウ

図形やグラフに詳細な書式設定ができる作業ウィンドウ。
狭いスペースでたくさんの設定ができるようになっているため、設定項目の切り替え方がピンときづらいのも事実。
作業ウィンドウの操作に迷っている方に。

Office 2007の画面

Office 2007では以前のバージョンと比べて、大きく画面の構造が変わりました!
一番最初に知っておきたい知識はコレです!

Word画面の超重要機能

管理人

Wordでは、編集記号を理解し、ルーラーを操れないと、「Wordが使えます」とはけして言えません!

編集記号

編集記号はどうやって表示するの? そもそも編集記号って何?

ルーラー

インデントやタブの設定に必須のルーラーはどうやって表示するの?

画面を使いやすく

管理人

画面のほんのちょっとのことが、操作でのストレスを無くしたり、使いやすさを増したりします!

スタート画面
表示させない

Office 2013を起動すると最初に表示されるスタート画面。
これを表示させないようにするには。

リボン
非表示
消えた

いつも使うところだからこそ、知っておきたい「リボン」のこと。
そして、リボンに関する「困った!」も解決。

ステータスバー

ステータスバーは作業中の現状確認にとっても便利!

ダイアログボックスを移動

表示されたダイアログボックスが邪魔で、文書の状態を確認しながら操作できない!とお困りの方はいらっしゃいませんか?

グリッド線

グリッド線を表示すれば、入力しやすく感じるかも!
そして、方眼紙のようにグリッド線を設定すれば、図形描画が操作しやすく感じるかも!

複数ページ
縮小表示
サムネイル

ページが多くなればなるほど、ページの行き来が大変。
そんなときに便利なのがサムネイル表示(縮小表示)。
ナビゲーションウィンドウに、ページを縮小した一覧が表示されます。

画面の配色

現在どのタブが選択されているのか見えづらい!
そんな方は画面の配色を変更してみると解決します!

ブックマーク
位置を表示

Wordの文書内に設定されたブックマークの位置は、[編集記号の表示/非表示]ボタンをONにしても表示されません。
ブックマークの位置を、画面で確認できるように、記号として表示させたければ、オプション設定を変更します。

画面のトラブルを解決!

管理人

画面での「困った!」は、これで解決!

余白が表示されない

余白をちゃんと設定してあるはずなのに、なぜか上下の余白が表示されない!
余白を表示させるには。
そして、そもそもどうしてこんなことが起こったのかも解決します!

検索
置換
ジャンプ
[次のページ]ボタン
[前のページ]ボタン

Word 2010で、垂直スクロールバーにある[次のページ]や[前のページ]ボタンが青くなって、移動の単位が変わってしまった!
通常の[次のページ]や[前のページ]ボタンに戻すには。

開発タブ

マクロやコンテンツコントロール、フォームなどの編集作業に使う[開発]タブは、こうして表示します!

スポンサーリンク