ページの行き来にサムネイル表示が便利[ナビゲーションウィンドウ]

解説記事内の画像はWord 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2016, 2013, 2010

スポンサーリンク

ジャンプ 複数ページの文書のページ間の行き来に、「ジャンプ」という機能があります。
でも、「あの図があるページに行きたいな」という風に、具体的に何ページ目かは分からないけれど、行きたいページがある場合は、ページを数字で指定しなければならない「ジャンプ」では不便です。

ナビゲーションウィンドウの[ページ] そこで出てくるのが、ナビゲーションウィンドウの[ページ]。
各ページを縮小した一覧を表示してくれるので、お目当てのページをすぐに探せることはもちろん、クリックするだけですぐにそのページに移動できます。

[表示]タブの[ナビゲーションウィンドウ] [表示]タブ、[表示]グループにある[ナビゲーションウィンドウ]にチェックを付けると、

ナビゲーションウィンドウの[ページ] 画面左側に、ナビゲーションウィンドウが表示されます。

ナビゲーションウィンドウの[ページ] 【Word 2016・2013】
ナビゲーションウィンドウの検索ボックスの下にある、[見出し][ページ][結果]で、ナビゲーションウィンドウを切り替えられるようになっているので、[ページ]をクリックすると、文書内のページがサムネイル表示(縮小表示)されました!

Word 2010のナビゲーションウィンドウ 【Word 2010】
ナビゲーションウィンドウの検索ボックスの下にある3つのタブで、ナビゲーションウィンドウを切り替えられるようになっているので、真ん中のタブをクリックすると、文書内のページがサムネイル表示(縮小表示)されました!


ナビゲーションウィンドウの幅 このナビゲーションウィンドウは、幅を好みに変えられます。
ナビゲーションウィンドウの右側にある境界線にマウスポインタを合わせ、マウスポインタが左右の矢印の形になったらドラッグすると、幅を調整できます。
ナビゲーションウィンドウの幅を広げると、2列や3列でページを表示できます。

ページの移動 サムネイル表示の一覧で、好みのページをクリックすると、そのページに簡単に移動できます。

ページの数字が表示される そして、このサムネイルの一覧には、ページ番号が設定されていなかったとしても、ページの数字が表示されます。

あくまでもページ番号が表示される この数字は、用紙の何枚目ではなく、ページ番号なので、「表紙以外にページ番号」でご紹介しているような、表紙にはページ番号を付けず、2枚目の用紙から1ページ目となるように設定している場合には、このような表示になります。
表紙にはページ番号を表示しないように設定していても、サムネイルの一覧には数字は表示されます。

スポンサーリンク