余白を表示させたい[上下の余白が消えた場合の対処法]

解説記事内の画像はWord 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2016, 2013, 2010

スポンサーリンク

上下の余白が消えている 今回ご紹介するのは、こんな風に上下の余白が画面に表示されていない場合の、理由と対処法です。

スポンサーリンク

実は便利機能

上余白 通常、こんな風に表示されているはずの上下の余白が、

上下の余白が消えている なぜか表示されていない!消えている!
ページ設定で、ちゃんと余白は設定してあるのに。

上下の余白が表示されていない状態 実はこの上下の余白が表示されていない状態、複数ページの文書のときに、ページの境目をそれほど気にせずに読むことができる、便利機能です。

複数ページで上下の余白が表示されている状態 上下の余白が表示されていると、このように表示されますから、全然違います。

隠れた上下余白を表示

余白が消えている境界線 この隠れた上下の余白を表示させたい場合には、操作はいたって簡単!
余白が消えている境界線の部分にマウスポインタを合わせると、このようなマウスポインタの形になります。
マウスポインタの形がうまく変わらない場合は、このページの最後の章をご覧ください。

ページとページの境界線 複数ページの文書では、ページとページの境界線に合わせても、同じマウスポインタの形になります。
このマウスポインタの形でダブルクリックすると、

上余白 非表示になっていた余白を表示させることができました!

もし、余白を表示させたはずなのに、それでも表示されていない?と思ったら、画面を上下にスクロールしてみてください。
表示されていることが分かります。

上下余白を隠して非表示に

表示できたということは、もちろん、この上下の余白を自分で非表示にすることもできます。

上余白の更に上にある空白スペース 1ページしかない文書であれば、上余白の更に上にある、グレーの空白スペースにマウスポインタを合わせると、マウスポインタが図のような形に変わります。
マウスポインタの形がうまく変わらない場合は、次の章をご覧ください。

ページとページの間の空白スペース 複数ページの文書であれば、先ほどの上部の空白スペース以外に、ページとページの間の空白スペースにマウスポインタを合わせてもOKです。
マウスポインタが図のような形に変わったら、ダブルクリックすると、上下の余白を非表示にできます。

マウスポインタの形がうまく変わらないときには

上余白の更に上にある空白スペース 非表示にするときは、グレーの空白スペースにマウスポインタを合わせますが、

グレーの空間部分と、用紙との「境界線」 表示させるときには、グレーの空白スペースと、ページとの、まさしく「境界線」に、マウスポインタを合わせた方が、きっちりとマウスポインタの形が変わって操作しやすいです。

スポンサーリンク