巨大テーブルでも安心!テーブルの選択

解説記事内の画像はExcel 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2016, 2013, 2010
Excel 2016・2013・2010用 練習ファイル
(table-select.xlsx 82.1KB)

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択01 様々な目的のために、入力して貯め込んだデータ。
そんな貯め込んだデータは、テーブルに変換することで扱いやすくすることができます。
そしてテーブルに変換したことで扱いやすくなったデータを使って、さまざまな計算をして仕事などに役立てていきます。
そんな、テーブルのデータを計算に使う際、テーブル特有の選択方法を知っていると、作業効率が大幅にUPします!

行の選択

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択02 まずは、テーブルの行を選択する方法から。
選択したい行の、一番左にあるセルの内側、左端にマウスポインタを合わせると、マウスポインタが図のような黒い矢印に変わるのでクリックすると、

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択03 テーブルの行を選択できます。

選択の解除

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択04 選択の解除は、普通のセルの選択解除とまったく同じです。
テーブル内のセルでも、テーブルではないセルでも、どのセルでも構わないので、マウスポインタが白い十字の形でクリックすると、選択を解除できます。

マウスポインタが白い十字の形でクリックする操作は、セルの選択の操作なので、別のセルを選択したことで、元の範囲選択が解除されたというわけです。

列の選択、しかも2種類!

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択05 テーブルの一番上は見出しになっています。

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択06 テーブルの列を選択したいときには、選択したい列にある見出しの上端にマウスポインタを合わせ、マウスポインタが図のような黒い矢印に変わったらクリックすると、

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択07 その列のデータ部分のみを選択できます。
データ部分のみなので、見出しは選択されていません。

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択08 列のデータ部分のみが選択できたのを確認できたら、同じところでマウスポインタが黒い矢印の形でもう一度クリックすると、

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択09 今度は列まるごとを選択できます。

選択したい列にある見出しの上端で、

クリック1回 列のデータ部分のみ
クリック2回 列まるごと

が選択できるというわけです。
「クリック2回」は「ダブルクリック」のことではありません。
「ダブルクリック」は「カチカチッ」ですが、「クリック2回」は大げさに表現すると「カチッ・・・カチッ」です。

スポンサーリンク

テーブル全体の選択、しかも2種類!

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択10 テーブル全体を選択したいときには、選択したいテーブルの一番左上にあるセルの内側、左上にマウスポインタを合わせ、マウスポインタが図のような黒い矢印に変わったらクリックすると、

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択11 テーブルのデータ部分すべてを選択できます。
データ部分のみなので、見出しは選択されていません。

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択12 テーブルのデータ部分すべてが選択できたのを確認できたら、同じところでマウスポインタが黒い矢印の形でもう一度クリックすると、

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択13 今度はテーブルまるごと全体を選択できます。

選択したいテーブルの、一番左上にあるセルの内側、左上で、

クリック1回 テーブルのデータ部分すべて
クリック2回 テーブルまるごと全体

が選択できます。
繰り返しますが、「クリック2回」は「ダブルクリック」のことではありません。
「ダブルクリック」は「カチカチッ」ですが、「クリック2回」は大げさに表現すると「カチッ・・・カチッ」です。

シートの端にあるテーブルは選択しづらい

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択14 今度は、A1からD4番地にあるテーブルを選択してみることにしましょう。
まずはテーブルの行の選択から。

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択15 テーブルの行を選択したいときには、選択したい行の、一番左にあるセルの内側、左端にマウスポインタを合わせ、マウスポインタが図のような黒い矢印に変わったらクリックすればいいわけですが、ここからほんの少し左の、

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択16 行番号のところにマウスポインタを合わせても、マウスポインタは同じ黒い矢印の形になります。
この状態でクリックすると、

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択17 テーブルの行ではなく、シート全体に対しての行が選択されます。
同じ行にある、テーブル以外のセルも選択されているのがその証拠です。
そう、行番号のところでマウスポインタが黒い矢印の形でクリックする操作は、普段さんざん行っている、普通のシート全体に対しての行の選択の操作です。


巨大テーブルでも安心!テーブルの選択18 列も同様。
テーブルの列を選択したいときには、選択したい列にある見出しの上端にマウスポインタを合わせ、マウスポインタが図のような黒い矢印に変わったら、クリック1回列のデータ部分のみを、クリック2回列まるごとを選択できます。
でも、ここからほんの少し上の、

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択19 列番号のところにマウスポインタを合わせても、マウスポインタは同じ黒い矢印の形になります。
この状態でクリックすると、

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択20 テーブルの列ではなく、シート全体に対しての列が選択されます。
同じ列内にある、他のセルも選択されているのがその証拠です。

巨大テーブルでも安心!テーブルの選択21 このように、テーブルがA列から始まっていたり、1行目から始まっていたりすると、テーブルの行や列を選択するときに使う箇所のすぐ近くが、行番号や列番号になっているため、テーブルではなくシート全体に対しての行や列の選択と間違ってしまいがち。
テーブルの選択では、行番号や列番号を使うことはないので、そこに注意しながら操作していきます。

でも、どうしてもこの方法での選択がしづらければ、普段どおりドラッグで範囲選択すればいいですし、長い範囲でドラッグしづらければ、「長〜い範囲も一発選択!」でご紹介している、キーを使った選択方法が便利です。

スポンサーリンク