1. HOME
  2. Excel・エクセル
  3. 入力・編集

長過ぎるスクロールから解放!秒で一番下や右に動く

Excel 2021, 2019, 2016, 2013 Microsoft 365
Microsoft 365は、バージョン2203で動作確認しています。
解説記事内の画像はExcel 2021のものです。

スポンサーリンク

表の一番下に動きたいのに、データがたくさんあり過ぎて、スクロールが辛すぎる!
そんなときは、上下左右、一番端のデータまで秒で動ける技を使います。

  • マウスで端まで移動
  • ショートカットキーで端まで移動

なんと2種類もあります!

目次

スポンサーリンク

マウスで端まで移動

まずは端まで動きたい列内のセルならどれでもいいので、どれか1つのセルを選択

選択したセルは太枠で囲まれるので、太枠の下辺にマウスポインターを合わせ、マウスポインターが黒い十字の形でダブルクリックすると、

その列の一番下のデータに動けます。
(もっと正確に言うと、選択したセルが属する表内で、その列の一番下)

テーブルになっている表の場合は、見出しのセルを選択して太枠の下辺をダブルクリックすると、どうもうまくいかないので、見出し以外のセルを選択してでダブルクリックします。

また、途中にデータが入力されていないセルがあると、その手前で止まってしまいます。
その場合は、止まるたびにダブルクリックを続けていくと、端まで動けます。

もちろん、太枠の上辺でマウスポインターが黒い十字の形でダブルクリックすれば、その列の一番上のデータに動けます。
(もっと正確に言うと、選択したセルが属する表内で、その列の一番上)

左右に動きたい場合も同様です。
まずは端まで動きたい行内のセルならどれでもいいので、どれか1つのセルを選択

選択したセルは太枠で囲まれるので、右端に移動したいなら太枠の右辺にマウスポインターを合わせ、左端に移動したいなら太枠の左辺にマウスポインターを合わせ、マウスポインターが黒い十字の形でダブルクリックすると、その行の一番右や左のデータに動けます。
(もっと正確に言うと、選択したセルが属する表内で、その行の一番右や左)

ショートカットキーで端まで移動

マウスの操作の他に、同じ動きをショートカットキーを使ってもできます。

まずは端まで動きたい列や行内のセルならどれでもいいので、どれか1つのセルを選択

Ctrlキーを押したままで、その列の一番下のデータ

Ctrlキーを押したままで、その列の一番上のデータ

Ctrlキーを押したままで、その行の一番右のデータ

Ctrlキーを押したままで、その行の一番左のデータ

(もっと正確に言うと、選択したセルが属する表内で、その列や行の一番端に動きます。)

動画で覚える「端まで移動」

【再生すると音が出ます】
YouTubeサイトでご覧になりたい方はこちらから

スポンサーリンク