ふりがなの「読み」を修正

解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2013, 2010, 2007

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-01 Excelさんは、セルに文字を入力したときの読み情報を、そのまま記憶しています
その読み情報を、[ふりがなの表示/非表示]ボタンや、PHONETIC関数を使って表示させることで、ふりがなとすることができました。

ところがですよ、「岡田 幸子」という文字を入力した時に、「おかだ さちこ」と入力したけれど、正しい読み方は「おかだ ゆきこ」だった!なんてことも。
こういった、ふりがなの「読み」を修正したい場合には、Excelさんが記憶してくれている読み情報自体を修正していきます。

[ふりがなの表示/非表示]ボタンでふりがなを表示させている場合でも、PHONETIC関数でふりがなを表示させている場合でも、読み情報の修正の操作は全く同じです。
でも、ちょっとしたポイントなども記載していますので、片方のケースだけを読まずに、是非、順番に最後までご覧ください!

読み情報を早速修正!

まず、ふりがなの「読み」を修正する場合、ふりがな自体が小っちゃい字なので、結構操作しづらいんです。

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-02 なので、小っちゃい文字は見えにくくて苦手!という方は、操作の前に、画面右下の[+]マークのボタンを何度かクリックして、画面の表示倍率を上げておくと、大きく表示される分、操作しやすいです。(今回は150%にしてみました。)

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-03 さて、A3番地に入力していた「岡田 幸子」という文字。
入力時に「おかだ さちこ」と入力したので、[ふりがなの表示/非表示]ボタンで表示させたふりがなも、そのように表示されています。

でも、正しい読み方は「おかだ ゆきこ」だったので、この読み情報を修正したい!という時には、まずは、ふりがなを修正したい「岡田 幸子」のセルを選択します。

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-04 [ホーム]タブ、[フォント]グループにある、[ふりがなの表示/非表示]ボタンの[▼]をクリックし、

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-05 表示された一覧から、[ふりがなの編集]をクリックします。

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-06 すると、ふりがなの部分に文字カーソルが入り、修正できる状態になりました。
苗字の「オカダ」と、名前の「サチコ」のうち、現在は名前の「サチコ」の方が修正できるようになっています。
そして、今は「サチコ」の方が修正できる状態ですよ、という意味で、「サチコ」の漢字にあたる「幸子」が、緑色で表示されていることも分かります!

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-07 もし、苗字の「オカダ」の方を修正したい場合には、マウスで「オカダ」の部分ならどこでもいいのでクリックすると、

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-08 「オカダ」の方に文字カーソルが移り、修正できる状態になります。
もちろん、「オカダ」の漢字にあたる「岡田」が緑色で表示されていますね。

[ふりがなの編集]ボタンで、そのセルのふりがなを修正できる状態にしたら、あとは修正したい側のふりがなをクリックすることで、「オカダ」と「サチコ」の切り替えのように、どちらを修正するのか切り替えることができる、ということですね。

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-06 それでは、「サチコ」の部分ならどこでもいいのでクリックして、「サチコ」を修正できる状態にしたら、

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-09 「ユキコ」に修正します。
この時、修正した文字の下に下線がある状態は、「他の文字に変換できますよ〜」という状態なので、「もう変換しませんよ」の合図で、[Enter]キーを押し、文字を確定します。

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-10 [Enter]キーで文字を確定したので、「ユキコ」の下の下線がは無くなりましたが、まだ、ふりがなの所で文字カーソルが点滅しています。
この状態は、「まだふりがなを入力できますよ」という状態なので、「もうふりがなは入力しませんよ」の合図で、[Enter]キーを押し、ふりがなを確定します。

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-11 すると今度は、漢字の部分で文字カーソルが点滅しています。
この状態は、「漢字の部分を変更できますよ」という状態なので、「漢字の部分は変更しませんよ」の合図で、[Enter]キーを押せば、

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-12 セル内の文字カーソルの点滅が消え、セルを確定することができました!
ふりがなも、ちゃんと修正されています!

エクセルで数字と文字の入力 〜案外知らないExcel入力の基本〜」では、入力の際の[Enter]キーにはどんな意味があるのかを解説していますが、ふりがなを修正する場合には、ふりがなを確定する分、[Enter]キーを押す回数が増えるわけですね。

スポンサーリンク

PHONETIC関数で表示したふりがなの「読み」を修正したい場合には

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-13 練習ファイルを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しをクリックして、Sheet2に切り替えておいてください。

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-02 そしてSheet2でも、画面右下の[+]マークのボタンを何度かクリックして、画面の表示倍率を上げておくと、大きく表示される分、操作しやすいです。(今回は150%にしてみました。)

では早速、操作を確認していきましょう!
B3番地を選択した状態で数式バーを見てみると、このセルにはA3番地に入力されている文字のふりがなが表示されるよう、PHONETIC関数が設定されていることが分かります。
ふりがなの「読み」を修正の操作画像-14

でも、「オカダ サチコ」ではなく、正しくは「オカダ ユキコ」だったから、ふりがなを修正したい!ということになったとします。
この時にポイントとなるのは、B3番地にPHONETIC関数で表示しているふりがなは、あくまでもA3番地の読み情報なので、修正すべきはA3番地なのだということ。

というわけで、PHONETIC関数で表示している読み情報があるセル、つまりふりがなの元となっているセルを選択します。
今回の場合は、A3番地を選択するわけですね。
ふりがなの「読み」を修正の操作画像-15

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-16 あとは先程と操作は同じ。
[ホーム]タブ、[フォント]グループにある、[ふりがなの表示/非表示]ボタンの[▼]をクリックし、

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-17 表示された一覧から、[ふりがなの編集]をクリックします。

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-18 すると、選択したセルに埋め込まれている読み情報が表示され、更にそれらが修正できる状態になりました。

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-19 「サチコ」を「ユキコ」に修正します。

修正した文字の下に下線がある状態は、「他の文字に変換できますよ〜」という状態なので、「もう変換しませんよ」の合図で、[Enter]キーを押し、文字を確定します。

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-20 [Enter]キーで文字を確定したので、「ユキコ」の下の下線は無くなりましたが、まだ、ふりがなの所で文字カーソルが点滅しています。
この状態は、「まだふりがなを入力できますよ」という状態なので、「もうふりがなは入力しませんよ」の合図で、[Enter]キーを押し、ふりがなを確定します。

ふりがなの「読み」を修正の操作画像-21 すると今度は、漢字の部分で文字カーソルが点滅しています。
この状態は、「漢字の部分を変更できますよ」という状態なので、「漢字の部分は変更しませんよ」の合図で、[Enter]キーを押せば、

セル内の文字カーソルの点滅が消え、セルを確定することができました!
セルを確定した瞬間、修正するために表示されていたA3番地の読み情報は見えなくなりました。
これは元々、このセルの読み情報が表示される設定になっていないからなだけなので、ビックリする必要はありません。
そして、読み情報が修正されたので、PHONETIC関数で表示しているふりがなも、正しく修正された読み情報で表示されました!
ふりがなの「読み」を修正の操作画像-22

読み情報を修正した後、そのセルの中で文字カーソルが点滅している間は、PHONETIC関数で表示しているふりがなが、修正後の表示になることはありません。
読み情報を修正後、文字カーソルが点滅しなくなるまで[Enter]キーでセルを確定することで、はじめてPHONETIC関数のふりがなの表示も、修正後の表示になりますヨ。
というわけで、[Enter]キーでセルを確定することは、とても大事なことなんです。

さて、[ふりがなの表示/非表示]ボタンや、PHONETIC関数を使って表示させるふりがなは、既定値ではカタカナで表示されますが、ひらがなで表示したい!といった場合には、ふりがなの設定を変更します。
設定の変更方法はとても簡単ですので、「ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定」をご覧ください。

スポンサーリンク