ふりがなの表示

 
解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2013, 2010, 2007
Excel 2013・2010・2007用 練習ファイル
(furigana.xlsx  11.3KB)

スポンサーリンク

ふりがなの表示の操作画像01 Excelさんは、セルに文字を入力したときの読み情報を、そのまま記憶しています

例えば、「岡田 幸子」という文字を入力した時に、「おかだ さちこ」と入力したのか、「おかだ ゆきこ」と入力したのかを、Excelさんは記憶してくれているんです!

Excelでは、その読み情報を表示することで、ふりがなとすることができますヨ。

ふりがなの表示の操作画像02 ふりがなとする、読み情報を表示する方法はとっても簡単!
まずは、ふりがなを表示させたいセルを範囲選択します。

ふりがなの表示の操作画像03 [ホーム]タブ、[フォント]グループの[ふりがなの表示/非表示]ボタンをONにします。
この時、ボタンは[亜]の部分と[▼]の部分の2層構造になっているので、[亜]の方のボタンをクリックします。

ふりがなの表示の操作画像04 あ〜ら、とっても簡単!
ふりがなを表示させることができました!

ふりがなの表示の操作画像03 このふりがなを非表示にしたい場合には、非表示にしたいセルを範囲選択後、先ほどと同じ[ふりがなの表示/非表示]ボタンをクリックでOFFにすればOKです。

表示にしろ、非表示にしろ、使うボタンは同じですが、その前の範囲選択を意外と忘れがちなので、ご注意ください。

また、今回の方法では、ふりがなを文字の上に表示させますが、別のセルに表示させたい場合には、PHONETIC関数を使いますヨ。

ひらがなやカタカナ、アルファベットの場合はどうなる?

ふりがなの表示の操作画像05 練習ファイルを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しをクリックして、Sheet2に切り替えておいてください。

ふりがなの表示の操作画像06 ふりがなを表示したい範囲に、ひらがなやカタカナ、アルファベットがある場合には、どんな風に表示されるのかも確認してみましょう。

ふりがなの表示の操作画像07 ふりがなを表示させたいセルを範囲選択後、

ふりがなの表示の操作画像03 [ホーム]タブ、[フォント]グループの[ふりがなの表示/非表示]ボタンをONにすれば、

ふりがなの表示の操作画像08 ふりがなを表示させることができましたね。

ふりがなの表示の操作画像09 ふりがなを表示させるようにしても、ひらがなやカタカナ、アルファベットの所には、ふりがなは表示されていないことが分かります。
そりゃぁそうですよね、漢字じゃない所のふりがなは、そもそも必要ないですもんね(笑)。

こうして、ふりがなを使うようになると、ふりがなの「読み」を修正したいことも出てくるでしょうし、ふりがなをカタカナではなく、ひらがなで表示したいといった、設定を変更したい場合もあるでしょう。
そんな時は、下記のページをご覧ください!

スポンサーリンク