書式なしでオートフィル

解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2013, 2010, 2007
Excel 2013・2010・2007用 練習ファイル
(fill-without-formatting.xlsx  9.75KB)

D2番地には、「応募者数」−「欠席数」である、「=B2-C2」という数式が入力されています。
書式なしでオートフィルの操作画像01

同じD列の他のセルにも、「応募者数」−「欠席数」の数式を入力したいので、D2番地をオートフィルします。
書式なしでオートフィルの操作画像02

ところが!
数式はうまくオートフィルできたものの、せっかくキレイに整えていた表の見栄えが台無しに!
書式なしでオートフィルの操作画像04

セルの色が台無しになったのはもちろん、オートフィル前は下の図のように設定されていた罫線も、
書式なしでオートフィルの操作画像05

オートフィル後に台無しになってしまいました。
オートフィルは、オートフィルする際に選択したセルのデータを、1つずつ ずらして入力してくれることはもちろん、その際に選択したセルに設定してある飾り付け(書式)も引っ張ってきてしまいます。
なので、オートフィルする際に選択したD2番地の飾り付け(書式)が、オートフィルした他のセルにも適用されてしまったわけです。
書式なしでオートフィルの操作画像04

じゃぁ、こんな時は一体どうすればいいんだぁっ!ということになりますが、実はオートフィルした直後には、下の図のような[オートフィルオプション]ボタンが表示されます。
これをクリックすると、
書式なしでオートフィルの操作画像06

下の図のようなメニューが表示されます。
普段のオートフィルは、現在選択されている、[セルのコピー]という状態。
オートフィルする際に選択したセル内のデータも引っ張ってくるし、書式も引っ張ってきますよ〜ということです。

書式なしでオートフィルの操作画像07 今回の場合は、データは引っ張ってきてほしいけど、書式は引っ張ってきてほしくないので、[書式なしコピー(フィル)]をクリックすると、

書式なしで、オートフィルすることができました!
書式なしでオートフィルの操作画像08

書式なしでオートフィルの操作画像09 ちなみにこの[オートフィルオプション]ボタンは、オートフィルした直後に表示されるので、今回のようにオートフィルの種類を変えたい場合には、すぐにこのボタンをクリックして種類を選びます。

入力やリボンの操作といった他の作業をすると、「今やったオートフィルは、この種類のままでいいんだな」と、Excelさんが判断して、このボタンを消してしまいますので、オートフィル直後、すぐに操作するのがポイントです。

スポンサーリンク