オートフィルで数字を順番に入力

解説記事内の画像はExcel 2019のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2019, 2016, 2013, 2010
  • Office 365
Office 365はバージョン1803、ビルド9126.2336で動作確認しています。

スポンサーリンク

数字のオートフィルにはコツが必要 「1月、2月、3月・・・」といった連続データをドラッグで簡単に入力できるオートフィル
ところが、数字を順番に入力しようとオートフィルをかけても、最初の数字がコピーされるだけ。
Excelでは、数字のオートフィルにはコツがいるんです。

オートフィル完了 更にこのページでは、1ずつ増えていく連番以外にも対応できる、万能技もご紹介します!

スポンサーリンク

オートフィルで連番の入力

先頭の数字をセルに入力 まずは最も考えやすい方法から。
連番の先頭となる数字を、セルに入力します。

先頭のセルを選択 先頭の数字が入力されているセルを選択

フィルハンドル 選択したセルは、太枠で囲まれるので、その太枠の右下にあるポッチにマウスポインタを合わせると、

マウスポインタが黒い十字の形でドラッグ マウスポインタが図のような黒い十字の形になるので、ドラッグします。
ドラッグは上下左右にできるので、数字を入力したい方向にドラッグすればOK。

[オートフィルオプション] ドラッグを止めると、ただ先頭の数字がコピーされているだけですが、その右下に出てきた[オートフィルオプション]をクリック、

[連続データ] 一覧から[連続データ]をクリックで選択すると、

連番の入力完了 先頭に入力した数字から1ずつ増えていく連番になりました!

数字のオートフィル万能技

前の章でご紹介した方法では、1つずつ増えていく連番は簡単に入力できますが、「1、3、5、7・・・」のように2ずつ増えていく数字や、「10、20、30・・・」のように10ずつ増えていく数字は入力できません。
そこで!

先頭の数字を入力 まずは先頭となる数字をセルに入力します。

2番目の数字を入力 次のセルに、2番目にくる数字を入力します。

先頭と2番目のセルを範囲選択 先頭と2番目のセルを範囲選択すると、

フィルハンドル 範囲選択したセルは、太枠で囲まれるので、その太枠の右下にあるポッチにマウスポインタを合わせ、

マウスポインタが黒い十字の形でドラッグ マウスポインタが図のような黒い十字の形になったら、ドラッグします。

オートフィル完了 先頭と2番目の数字を範囲選択することで、いくつずつ増やしてほしいのかというお知らせをしつつ、オートフィルができるというわけです!

オートフィルを失敗してしまう方は

先頭のセルを選択 オートフィルでの数字の入力がどうしてもできない!という方は、先頭となる数字を入力したセルを選択すること、

先頭と2番目のセルを範囲選択 または、先頭と2番目の数字が入力されているセルを範囲選択するのを忘れてしまって、

何も入力されていないセル 何も入力されていないセルからオートフィルをしようとしている方が多いです。
これだと、空のセルなので、さすがのExcelさんも何の連続データを入れていいのか分からないので、うまくいきません。

スポンサーリンク