入力・編集

知らないと悲劇!Word 入力のお作法

Excelは好きだけどWordは嫌い、それならいっそのこと最初の入力から見直してみませんか?
Wordでの、入力に関する「できないこと」「やってはいけないこと」を最初から知っていれば、Wordを嫌いになることはなかったかも!

すべての根本「前に入る」という考え方

この「前に入る」というイメージが染み込むと、様々なOfficeの操作を、体系づけて覚えることができます!

文字を消すには[Backspace]と[Delete]キーを使い分ける

文字を消すには[Backspace]キーを使う方法と、[Delete]キーを使う方法があります。
これはとても重要で、両方とも覚える必要があります!

段落

「段落」、それはWordを使う上で絶対に知らなければいけない超重要な知識です!
「段落って行のことでしょ?」と思っているそこのあなた!
全然違いますヨ。

サンプル文の入力

ワードで練習用のサンプル文がほしい時は、この技で一瞬で用意できます!

「拝啓」と「敬具」、「記」と「以上」では、改行マークに注目!

「拝啓」と入力して改行すると「敬具」が、「記」と入力して改行すると「以上」が自動的に入力されるWord。
でも、この時に注目してほしいのは、実は改行マークなんです!

時候の挨拶もおまかせ!Wordであいさつ文の入力

Wordの[あいさつ文(挨拶文)]機能なら、書き出しの時候の挨拶から、悩まず一気に簡単入力できます!

文例ウィザード

文例ウィザードを使えば、どんなことを書けばいいのか悩む文章も解決!

レ点(チェックマーク)を入力するには(Office共通)

レ点(チェックマーク)を、WordやExcel、PowerPointで入力するには。

入力すると元の文字が消える

文字を追加したくて入力したら、元からある文字が消えた!壊れちゃったの?
いえいえ、これはちょっとしたことが理由なのですぐに直せます!

世話女房なWordの文字修正

Wordさんは世話女房。
なので、あなたの入力中にこんなことがあると、世話を焼いて文字を修正してくれます。

行の入れ方・削除の仕方

「この行とこの行との間に1行入れたいな」、「この行を削除したいな」、文書作成でよくあることだけれど、実はそれぞれ2つずつ方法があるんです!

日付の挿入

今日の日付は簡単に挿入できます!
もちろん自動的に更新される日付として入れることもできます。

瞬間!カーソル移動のショートカットキー

行頭や行末、文頭や文末に、一瞬にしてカーソルを移動させるショートカットキーはこれ!

範囲選択

範囲選択はWordを使う上で絶対に必要!
初心者の方はもちろん、普段ドラッグだけで範囲選択している方も必見!

書式のコピー/貼り付け

書式のコピー/貼り付けで、文書の飾り付けをスピーディーに!

書式の解除

設定されている書式を、一瞬で解除できる便利ボタン、便利ショートカット!

元に戻す (Office共通)

Office初心者の方にとって、早い段階で味方につけたい機能が、今回ご紹介する[元に戻す]ボタンです!

コンテンツコントロール

コンテンツコントロールを設置すれば、カレンダーから選択するだけで日付を入力したり、ドロップダウンリストから選ぶだけで入力できるようにすることができます!

スポンサーリンク