ワード・エクセル・パワーポイント Be Cool Users 2007 フォント
エクセル・Excel
ワード エクセル パワーポイント Office共通 活用術
HOME     »     エクセル・Excel     »     書式     »     フォントの「見出し」「本文」って何?
フォントの「見出し」「本文」って何?
解説記事内の画像のほとんどは、Excel 2007のものですが、操作方法はExcel 2010・2013でも同じです
Excel 2007, 2010, 2013

フォントを変更する際に使う[フォント]ボックス。
[▼]をクリックすると、フォントの一覧が表示されるわけですが、この中に「見出し」「本文」という表記のフォントがあります。
と、ここで実験くん(笑)です。
Excelを起動し、表示された新規文書のA1番地とA3番地に、何でもいいので適当に文字を入力します。
「適当って言われてもかえって困っちゃう、てへ」という方は(笑)、下の図のように入力してください。

A1番地には「見出し」のフォントを、A3番地には「本文」のフォントを設定します。
どちらも同じ「MS Pゴシック」になります。

実はこの「見出し」「本文」というのは、「テーマで用意されている見出し用のフォント、本文用のフォントを使いますよ〜」というもの。

新規文書には既定で「Office」テーマが設定されています。
「Office」テーマは、見出し・本文ともにフォントは「MS Pゴシック」なので、先程の実験くんでは違いは出ませんでした。
左の図では、現在のテーマで使われているフォントが何かを見るために、フォントのみテーマを変更するボタンをクリックして、確認している図です。

【Excel 2007・2010】
ここでテーマを「アーバン」に変更してみたいと思います。
今回はフォントに注目したいので、あえてフォントのみテーマを変更してみます。
「アーバン」の見出し用フォントは「HGゴシックM」、本文用のフォントは「HG明朝B」です。

【Excel 2013】
ここでテーマを変更してみたいと思います。
今回はフォントに注目したいので、あえてフォントのみテーマを変更してみます。
左の図のような、見出し用フォントが「HGゴシックM」、本文用のフォントが「HG明朝B」のテーマに変更します。

【Excel 2007・2010・2013】
テーマの変更に合わせて、A1番地・A3番地のフォントも自動的に変わりました!




さてここで、先程変更したフォントのテーマを「Office」に戻して、更に実験くんです。
A1番地・A3番地には、それぞれ「見出し」「本文」という表記のあるフォントを設定してあります。
「Office」テーマは、見出し・本文ともにフォントは「MS Pゴシック」なので、今のところ表面上の見た目は変わりません。

では、新しい実験のために、A5番地にも同じように文字を入力し、「見出し」「本文」という表記の無い、下の図のような、ただの「MS Pゴシック」を設定します。
既定では、最初は全てのセルが本文のフォントになっているので、A5番地に新たに文字を入力しても、それは本文のフォントになっていますから、「本文」という表記の無い、下の図のような、ただの「MS Pゴシック」を設定します。
A1番地・A3番地のいずれかをコピーした場合は、A5番地もコピー元のセルと同じフォントになっているので、「見出し」「本文」という表記の無い、下の図のような、ただの「MS Pゴシック」を設定します。


【Excel 2007・2010】
ここでフォントのみのテーマを、もう一度「アーバン」に変更してみます。

【Excel 2013】
ここでフォントのみのテーマを、もう一度、左の図のような、見出し用フォントが「HGゴシックM」、本文用のフォントが「HG明朝B」のテーマに変更します。
【Excel 2007・2010・2013】
先程と同じように、テーマの変更に合わせて、A1番地・A3番地のフォントは自動的に変わりましたが、A5番地は「MS Pゴシック」のままです。


「見出し」「本文」という表記のあるフォントは、「このフォントは、テーマで用意されている見出し用のフォント、本文用のフォントなんですよ〜」という意味。

(左の図は「Office」テーマの時の図です。)
ということは、「見出し」「本文」という表記のあるフォントをセルに設定することで、「このセルには見出し用/本文用のフォントを使います」という設定をすることになるので、テーマを変更すると、それらのセルは、変更したテーマの見出し用・本文用のフォントに変わるわけです。
(ちなみに既定では、最初は全てのセルが本文のフォントになっています。)

そして、「見出し」「本文」という表記の無いフォントをセルに設定した場合には、テーマとの関連性が無いので、テーマを変更しても連動して変わることが無いわけです。
こういったフォントは、たとえテーマを変更して文書のイメージを変えたとしても、絶対にこのフォントで表示させたいんだ〜!というセルで使うといいのでは・・・と思います。



既定では、最初は全てのセルが本文のフォントになっているので、本文のフォントは、そのテーマでの「普段使い用のフォント」というイメージでいいと思います。
でも、見出し用のフォントって、どんなセルに設定すればいいんだろう?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

例えば左の図のA1番地のような、タイトルが入力されているセルに設定してみるのもいいと思います。
左の図は、テーマが「アース」、A1番地のみ見出し用のフォントで、残りは全て本文用のフォントです。
ちなみに、Excel 2013には「アース」テーマはありませんが、文書の例として「アース」テーマが出てるだけなので、気にする必要はありません。


またはこんな風に、先頭の項目名に見出し用フォントを使ってみるのもいいかもしれません。
テーマとは(Office共通)
テーマの設定
スポンサードリンク
INFO
HOME     »     エクセル・Excel     »     書式     »     フォントの「見出し」「本文」って何?
スポンサードリンク
エクセル 人気ページ
ピックアップ!
Amazon Excel本
わかるハンディ
仕事がはかどる
Excelプロの達人ワザ

星野 未知
不二 桜
わかる編集部
4054058779
スポンサードリンク
|  リンクについて  |  サイトマップ  |  メール  |

All Right Reserved. Copyright© 2007-, Be Cool Users.