テーマとは

解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のソフト、下記のバージョンで同じです。
  • Word 2013, 2010, 2007
  • Excel 2013, 2010, 2007
  • PowerPoint 2013, 2010, 2007

Officeで作る文書を、美しく見せたい!、カッコよく見せたい!、統一感を持たせたデザインにしたい!
どうせ文書を作るなら、やっぱりそんな風に思います。
だけど、そんなステキな文書にするためには、色使いやフォントを自分で考え、文字や図形を1つ1つ選択しながら、地道に書式設定などをしなければならないのかというと、そんなことはありません!

テーマとはの操作画像01 Officeでは、「テーマ」という機能を使うだけで、文書の統一感を保ちつつ、簡単に文書のデザインを整えることができるんです!

どのテーマを使うかは、左の図のような一覧から選ぶだけ。
たくさんの種類が用意されています。
(Officeの各バージョンによって、テーマの種類が異なります。)

「テーマ」は、文字の形(書体)を司る「フォント」、色の組み合わせを司る「配色」、図形などをより良く見せるための、影や光沢などを司る「効果」の、3要素から成り立っていて、好みのテーマを選択するだけで、この3要素が一気に変わり、文書の印象をガラッと変えてくれます。
テーマとはの操作画像02

テーマとはの操作画像03 例えば、Excel 2013で作成した文書に、テーマを設定した例を見てみましょう。
左側手前の文書が「シャボン」テーマ、右側奥の文書が「木版活字」テーマを設定した例です。
(Officeの各バージョンによって、テーマの種類が異なりますので、Office 2010・2007には上記のテーマはありません。)

テーマを別のものに変えるだけで、文書内の配色が一気に変わりますし、

文書内のフォントも、カチッとした印象のフォントだったり、少し くだけた印象のフォントだったりと、そのテーマによって変わります。
テーマとはの操作画像04

テーマとはの操作画像05 左は、文書内に使われている、三角形の図形部分ですが、テーマを変えることで、図形の影や模様といった効果も変わります。

テーマとはの操作画像06 そしてこれらのテーマは、Word・Excel・PowerPointで共通なので、それぞれで作った文書に同じテーマを適用すれば、違うソフトで作ったから文書の印象が違う!といったことも無く、手軽に統一感を持たせた文書にすることができます。

それでは早速、各ソフト別にテーマの設定方法をご紹介します!

スポンサーリンク