Office共通 画面の仕組みと画面表示の技

管理人

画面の仕組みと、画面表示の技を知ることで、スムーズな操作の近道に!
ここでご紹介しているものはOffice共通の技ばかり!
WordでもExcelでも、PowerPointでも使えます!

スポンサーリンク

画面の仕組み

管理人

まずは画面の仕組みから。
Word・Excel・PowerPoint共通で、画面はこうなっています!

ファイルタブ
Backstageビュー

Word、Excel、PowerPointの画面左上にあるのがファイルタブ。
実はこのファイルタブ、他のタブとはちょっと違う、特別なタブなんです。
ファイルタブをクリックしたときに表示されるBackstageビュー(バックステージビュー)と合わせて解説!

図ツール
描画ツール
ツールタブ

イラストや写真を選択したときに表示される[図ツール]、図形を選択したときに表示される[描画ツール]の表示が、Office 2019・2016、Office 365で変わった!
どう変わったかを新旧比較してみよう。

リボン

Office操作に必須の「リボン」。

[その他]ボタン

[その他]ボタンは、選択肢を全部表示してくれる便利ボタンです!

書式設定作業ウィンドウ

図形やグラフに詳細な書式設定ができる作業ウィンドウ。
狭いスペースでたくさんの設定ができるようになっているため、設定項目の切り替え方がピンときづらいのも事実。
作業ウィンドウの操作に迷っている方に。

スタート画面
非表示

Office 2013を起動すると最初に表示されるスタート画面。
これを表示させないようにするには。

ミニツールバー

書式設定時に、マウスの移動を少なくしてくれる便利ツール。
こちらもまた、Office2007の新機能です!

ライブプレビュー

ライブプレビューのおかげでクリックの回数が減る?!
Office2007の新機能!

Office 2007の画面

Office 2007では以前のバージョンと比べて、大きく画面の構造が変わりました!
一番最初に知っておきたい知識はコレです!

開発タブ

マクロやコンテンツコントロール、フォームなどの編集作業に使う[開発]タブは、こうして表示します!

画面のトラブルを解決!

管理人

画面についてのトラブルが起きると、そこから先が進まない!
解決するには。

リボン
ボタン
非表示
消えた
ダイアログボックス
移動

表示されたダイアログボックスが邪魔で、文書の状態を確認しながら操作できない!とお困りの方はいらっしゃいませんか?

画面の配色

現在どのタブが選択されているのか見えづらい!
そんな方は画面の配色を変更してみると解決します!

スポンサーリンク