入力規則でエラーメッセージを設定

入力規則でエラーメッセージを設定の操作画像1 左の図の「人数」の欄には、10以下の整数だけが入力できるように、入力規則を設定しています。

入力規則でエラーメッセージを設定の操作画像2 それ以外のデータを入力して、[Enter]キーでセルを確定しようとすると、

こんなメッセージが表示されますが、具体的に何が悪くてエラーメッセージが出ているのかが分かりづらい!
入力規則でエラーメッセージを設定の操作画像3

そこで、この表示されるエラーメッセージを、分かりやすいものに設定します!

まずは大前提として、エラーメッセージは、入力規則で設定してあるデータ以外のものが入力された時に表示されるものですから、エラーメッセージを設定したい範囲に、入力できるデータは何なのかを入力規則で設定しておく必要があります。

入力規則でエラーメッセージを設定の操作画像4 エラーメッセージを設定したい範囲を選択し、

[データ]タブ、[データツール]グループの[データの入力規則]ボタンをクリックします。
入力規則でエラーメッセージを設定の操作画像5

[エラーメッセージ]タブの[タイトル]欄と、[エラーメッセージ]欄に、分かりやすい言葉を入力します。
入力規則でエラーメッセージを設定の操作画像6

[タイトル]欄に入力した文字は、エラーメッセージのタイトルバーに、[エラーメッセージ]欄に入力した文字は、エラーメッセージの本文として表示されます。
入力規則でエラーメッセージを設定の操作画像7

エラーメッセージ 設定のポイント

エラーメッセージは[設定]タブで設定しているデータ以外のものが入力された時に表示されるメッセージです。
というわけで、[設定]タブで入力できるデータを設定しておくことはとても重要なポイントです。
入力規則でエラーメッセージを設定の操作画像9

そしてもう1つ、エラーメッセージの操作方法を覚えると、[設定]タブでの設定を間違われる方が意外と多くいらっしゃいます。

× 間違い
[設定]タブで設定したデータが入力されたら、[エラーメッセージ]タブで設定したメッセージを表示する

上記はIF関数のような考え方ですが、入力規則の設定では間違いです。

正解は、

[設定]タブで設定したデータ以外のものが入力されたら、[エラーメッセージ]タブで設定したメッセージを表示する

となります。
あくまでも、[設定]タブでは入力できるデータが何なのかを設定します。

また、エラーメッセージは、[スタイル]の種類を変更することで、制限の柔軟度を変更することができます。
これについては、エラーメッセージのスタイルをご覧ください。 入力規則でエラーメッセージを設定の操作画像8

スポンサーリンク