1. HOME
  2. Excel・エクセル
  3. 入力・編集

最も簡単なプルダウンの設定方法

Excel 2021, 2019, 2016, 2013 Microsoft 365
Microsoft 365は、バージョン2112で動作確認しています。
解説記事内の画像はExcel 2021のものです。

スポンサーリンク

プルダウンリスト4つの作成方法のうち、このページでご紹介するのは、最も簡単な方法。

  • プルダウンで表示させる選択肢が少ない(せいぜい2つ、3つ)
  • プルダウン設定後に、選択肢を増減させる可能性が低い

といったことなら、このページでご紹介する方法が、前準備もないわ、お手軽だわでオススメです。
もちろん、プルダウン設定後に選択肢を増減させることはできますが、「選択肢の追加・削除が簡単なプルダウン」の方法より、少し手数が多いです。

目次

スポンサーリンク

プルダウンの設定

まずはプルダウンを設定したいセルを範囲選択します。

[データ]タブ、[データツール]グループにある、[データの入力規則]ボタンのうち、絵柄がある方のボタン([▼]じゃない方)をクリックします。

表示されたダイアログボックスの[設定]タブを使います。
[入力値の種類]で「リスト」を選択。

[元の値]欄でクリックして、[元の値]欄に文字カーソルを入れたら、

選択肢として表示させたいデータを、半角カンマで区切りながら入力します。
最後尾のデータの後ろには、半角カンマは入力しませんヨ。
入力が終わったら、[OK]ボタンをクリックすると、

プルダウンリストを設定できました!

プルダウンを設定した、いずれかのセルを選択し、[▼]をクリックすると、選択肢が表示されます!
キーボードのEscキーを押すと、選択肢を折りたためます。

設定後に選択肢を追加したり減らすには

プルダウンが設定してあるセルを範囲選択

[データ]タブ、[データツール]グループにある、[データの入力規則]ボタンのうち、絵柄がある方のボタン([▼]じゃない方)をクリックします。

表示されたダイアログボックスの[設定]タブで、[入力値の種類]が「リスト」になっていることを確認。

選択肢を追加したい場合は、[元の値]欄に追加したいデータを入力して加えます。
選択肢に表示されるデータは、ここで入力した順番どおりに表示されます。
選択肢の先頭に追加したものが表示されるようにしたければ、[元の値]欄にも先頭に入力します。
選択肢を減らしたい場合は、[元の値]欄で減らしたいデータを消します。

いずれにしても、データとデータの間は、設定時と同様、半角カンマで区切ります
選択肢を減らした場合は、余計なカンマもちゃんと消します。
変更が終わったら、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリック。

設定を変更した、いずれかのセルを選択し、[▼]をクリックすると、選択肢が変化しているのが分かります。

スポンサーリンク