プルダウンする選択肢が少ない場合のドロップダウンリスト

解説記事内の画像はExcel 2019のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2019, 2016, 2013, 2010
  • Office 365
Office 365は、バージョン1902と、バージョン1907で動作確認しています。
Excel 2019・2016・2013・2010 / Office 365用 練習ファイル
(data-validation-list-source-input.xlsx  9.71KB)

スポンサーリンク

プルダウンする選択肢が少ないドロップダウンリストExcelでプルダウン!状況別ドロップダウンリストの作り方」では、プルダウンで表示される選択肢の数はどれ位か、後々選択肢を増やすかどうかの可能性を考えた上で、どのドロップダウンリストの作り方がオススメなのかをご紹介しています。
このページでご紹介するのは、

  • 後々、ブルダウンで表示される選択肢を増やす可能性が無い
  • プルダウンで表示される選択肢の数が少ない

の、両方を満たす場合の作り方。

プルダウンする選択肢の内容をセルに入力して準備 選択肢が2つ、3つしかないドロップダウンリストのためだけに、その選択肢用のデータをセルに準備するのが邪魔に感じるんだよなぁという場合に、おすすめの方法です。

スポンサーリンク

ドロップダウンリストの設定

ドロップダウンリストを設定したい範囲を選択 それでは、ドロップダウンリストの[▼]で、セルに入力できるよう設定していきましょう。
ドロップダウンリストを使えるようにしたいセルを範囲選択し、

[データの入力規則]ボタン [データ]タブ、[データツール]グループの[データの入力規則]ボタン(▼がある方ではなく、絵柄の方のボタン)をクリックします。

[設定]タブの[入力値の種類] [設定]タブの[入力値の種類]で[リスト]を選択します。

[元の値] [元の値]でクリックすると、この欄に文字カーソルが入ります。

[元の値]欄に選択肢を半角カンマで区切りながら入力 ドロップダウンリストの選択項目として表示させたいデータを、半角カンマで区切りながら入力し、[OK]ボタンをクリックします。

ドロップダウンリストの設定完了 ドロップダウンリストを設定することができました!

[▼]をクリックで選択肢が表示される ドロップダウンリストを設定した、いずれかのセルを選択し、[▼]をクリックすると、設定した選択肢が表示されるのがわかります。

ドロップダウンリストは、[▼]で表示される選択肢から、好みのものをクリックするだけで入力できるとても便利なものですが、入力のことで是非知っておいていただきたいことがありますので、「Excelでプルダウン!状況別ドロップダウンリストの作り方」ページの「プルダウンするリストを使った入力とエラーメッセージ」の章も合わせてご覧ください。

プルダウンする選択肢を増やす必要が出た場合には

このページでは、後々、ブルダウンで表示される選択肢を増やす可能性が無いことを前提に、おすすめの作り方をご紹介しているわけですが、意図せず選択肢を増やす必要が出てしまうこともあるでしょう。
その場合には、ドロップダウンリストを設定したときと同じ手順で、選択肢を増やす操作をしていきます。

ドロップダウンリストが設定してある範囲を選択 選択肢を増やしたいドロップダウンリストが設定してあるセルを範囲選択し、

[データの入力規則]ボタン [データ]タブ、[データツール]グループの[データの入力規則]ボタン(▼がある方ではなく、絵柄の方のボタン)をクリックします。

[設定]タブの[元の値] [設定]タブの[元の値]でクリックし、

[元の値]欄に半角カンマで区切って選択肢を追加 選択肢として増やしたいものを追加で入力します。
このとき、各選択肢が半角カンマで区切られるように入力します。
[OK]ボタンをクリックすれば追加完了。

ドロップダウンリストの選択肢が増えた ドロップダウンリストを設定してある、いずれかのセルを選択し、[▼]をクリックすると、ちゃんと選択肢が増えています!

スポンサーリンク