2軸グラフ・複合グラフの作り方--棒グラフと折れ線が重なったグラフ【Excel 2016・2013編】

解説記事内の画像はExcel 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2016, 2013
Excel 2010以前での操作は、「複合グラフ・2軸グラフの作成【Excel 2010・2007編】」をご覧ください。
Excel 2016・2013用 練習ファイル
(combination-chart.xlsx  10.1KB)

棒グラフと折れ線グラフのように、違う種類のグラフが重なった「複合グラフ」。
複合グラフを作るときのポイントは、数字の「軸」。

同じ軸で表す複合グラフ 棒グラフで表したいものも、折れ線グラフで表したいものも、表したい数字がかけ離れていなければ、同じ「軸」を使うグラフでOK。

2軸グラフ でも、棒グラフで表したいものと、折れ線グラフで表したいものとで、その数字がかけ離れていたり、単位が違う場合には、棒グラフでは1つ目の軸、折れ線グラフでは2つ目の軸を使う、というような「2軸グラフ」にします。

同じ軸とする場合でも、2軸グラフにする場合でも、グラフの作り方は同じ。
しかも簡単!
ですが、Excelでのグラフ作成に不慣れな方は、この操作に入る前に、基本的なグラフの作り方をマスターしておくことを強くおすすめします。
それは早速、複合グラフを作っていきましょう!

範囲選択がめちゃくちゃ大切!

同じ軸とする場合でも、2軸グラフにする場合でも、複合グラフであることには変わりないので、作り方は同じ。
まずはグラフに必要な部分を範囲選択します。

グラフに必要な部分を範囲選択(1つの連続した範囲) 基本的なグラフの作り方と同様、グラフに必要な部分を範囲選択することになるので、どのデータをグラフ化するのかによって、範囲選択は1つの連続した範囲になる場合もありますし、

グラフに必要な部分を範囲選択(離れた範囲) 離れた部分を範囲選択する場合もあります。

この時のポイントは、基本的なグラフの作り方でご紹介しているように、長方形となるよう範囲選択すること。
離れた部分を範囲選択した場合でも、離れた箇所をくっつけた時に長方形となることが大事です。

複合グラフへはボタン1つ!

[挿入]タブ 範囲選択が終わったら、[挿入]タブ、

[複合グラフの挿入]ボタン [グラフ]グループの、[複合グラフの挿入]ボタンをクリックし、

同じ軸で表す複合グラフ 棒グラフも折れ線グラフも同じ軸を使って表す場合には、

[集合縦棒−折れ線] [集合縦棒−折れ線]を、

2軸グラフ 棒グラフと折れ線グラフとで、別の軸を使って表す2軸グラフとしたい場合には、

[集合縦棒−第2軸の折れ線] [集合縦棒−第2軸の折れ線]をクリックします。
どちらのボタンも同じ絵柄のように見えますが、この[集合縦棒−第2軸の折れ線]ボタンは、図の矢印の箇所のように、ボタンの絵柄にも第2軸が表現されていますヨ。

2軸グラフ 複合グラフが完成しました!

複合グラフはできたものの、折れ線で表したいものが縦棒で表されていたり、縦棒で表したいものが折れ線で表されているなど、思い通りのグラフになっていない場合には、「2軸グラフ・複合グラフの棒と折れ線を入れ替え」の操作で体裁を整え直します。

大まかな体裁が整ったら、あとは、「グラフ編集操作の覚え方」を参考に、細かな編集を加えて好みのグラフにしていきます。

スポンサーリンク