表のセルに色をつける

解説記事内の画像はWord 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2013, 2010, 2007
Word 2013・2010・2007用 練習ファイル
(table-shading.docx  14.5KB)
表内の文字の位置を整える」の続きの方は、そこで最後まで操作した練習ファイルをそのまま使えます。

下の図のような表の完成を目指して、
表のセルに色をつけるの操作画像01

表を挿入後、文字を入力し、更に列幅や、行の高さを整え、セルを結合し、そしてセル内の文字の位置を整え、下の図のようになりました。
お次はセルに色をつけて、表にメリハリをつけていきましょう!
表のセルに色をつけるの操作画像02

セルに色をつけるのは、とっても簡単!

まずは、色を付けたい箇所を選択します。
今回は、1行目に色をつけたいので、1行目を選択します。
表のセルに色をつけるの操作画像03

表内のいずれかのセルを選択すると、リボンに[表ツール]が表示されます。
[表ツール]の[デザイン]タブ、[表のスタイル]グループにある、[塗りつぶし]ボタンを使うのですが、このボタンは二重構造になっているので、[塗りつぶし]の[▼]ボタンをクリックします。
表のセルに色をつけるの操作画像04

表のセルに色をつけるの操作画像05 [塗りつぶし]の[▼]ボタンをクリックすると、色の一覧が表示されます。
この一覧は、[テーマの色]、[標準の色]という分類に分かれています。

[テーマの色]に表示される色は、その文書に設定されているテーマによって変わってきます。

[テーマの色]、[標準の色]、どちらの一覧からでもいいので、好みの色をクリックで選択すると、

選択した箇所に、色をつけることができました!
でも、範囲選択されている状態では、色の感じが分かりづらいので、
表のセルに色をつけるの操作画像06

範囲選択を解除すると、色の感じがよく分かります。
表のセルに色をつけるの操作画像07

お次は、1列目にある、下の図の3つのセルに色を設定してみます。
まずはもちろん、下の図の3つのセルを選択します。
表のセルに色をつけるの操作画像08

同様にして、[表ツール]の[デザイン]タブ、[表のスタイル]グループにある、[塗りつぶし]の[▼]ボタンをクリックし、表示された一覧から好みの色をクリックで選択します。
表のセルに色をつけるの操作画像04

色を設定することができました!
表のセルに色をつけるの操作画像09

こんな風にして、表のセルに色をつける方法はとっても簡単です!
でも、色の一覧に[テーマの色]というものがあったように、色に関しては「テーマ」という機能と縁が深いので、「テーマって何?」という方は、是非「テーマとは」をご覧ください!
表のセルに色をつけるの操作画像10

スポンサーリンク