表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)

解説記事内の画像はWord 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2013, 2010, 2007
Word 2013・2010・2007用 練習ファイル
(table-select-cell.docx  14.0KB)
表に文字を入力」の続きの方は、そこで最後まで操作した練習ファイルをそのまま使えます。

表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像04 様々な表の操作をマスターする際に、早い段階で覚えておきたいのが、表での範囲選択の「お作法」。
いつも、左の図のようなマウスポインタの形で、ドラッグして範囲選択しているそこのあなたっ!

今回は、下のような表を例に、範囲選択の「お作法」をマスターしてみます!
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像01

セルの選択

例えば、下の図のセルを選択したい時には、
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像03

選択したいセルの、内側の左端にマウスポインタを持っていくと、マウスポインタが下の図のような、小さな黒い斜め矢印の形に変わります。
この形でクリックすると・・・
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像05

セルを選択することができました!
選択されたセルは、このように反転して「ちゃんと選択されてますよ〜」と合図を送ってくれます。
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像06

ちなみに、上の図では、選択したセル全体が反転していますが、これはセルの高さいっぱいに文字が入力されているから。
下の図のように、高さにゆとりのあるセルに、少ししか文字が入力されていないセルの場合、文字のある行の部分だけが反転します。
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像10

範囲選択の解除

表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像04 「範囲選択を間違っちゃった!てへっ!」といった時など(笑)、範囲選択を解除したい時には、現在範囲選択している箇所以外のどこかを、マウスポインタが左の図のような形でクリックします。

範囲選択している箇所以外なら、表の中でも構いませんし、
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像07

もちろん、表以外の文書のどこかでもOKです。
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像08

範囲選択を解除することができました!
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像09

スポンサーリンク

複数セルの範囲選択

先程は1つのセルだけを選択しましたが、もちろん複数セルを範囲選択することもできます。
まず、選択したいセル範囲の先頭のセルの、内側の左端にマウスポインタを持っていきます。
先ほど同様、マウスポインタが下の図のような、小さな黒い斜め矢印の形に変わったら、最後のセルに向かってドラッグすると、
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像11

複数セルを範囲選択することができました!
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像12

列の範囲選択

今度は列を選択してみます。
選択したい列の、一番上の罫線にマウスポインタを重ねると、マウスポインタが下の図のような、小さな黒い下矢印の形に変わります。
この状態でクリックすると、
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像13

1列が選択でき、
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像14

同じく、このマウスポインタの形で、左右どちらかにドラッグすると、
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像15

複数列を選択することができます!
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像16

行の範囲選択

今度は行を選択してみます。
選択したい行の左余白にマウスポインタを持っていくと、マウスポインタが下の図のような、白い斜め矢印の形に変わります。
この状態でクリックすると、
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像17

1行が選択でき、
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像18

同じく、このマウスポインタの形で、上下どちらかにドラッグすると、
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像19

複数行を選択することができます!
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像20

表全体の選択

表全体を選択したい時もとっても簡単!
まずは選択したい表の中にマウスポインタを持っていくと、表の左上に十字マークが表示されます。
この時、マウスポインタは、表の中に持っていくだけでOK。
クリックなどをする必要はありません!
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像21

表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像22 この十字マークにマウスポインタを合わせると、マウスポインタも十字の形になるので、クリックすると、

あっという間に表全体を選択することができました!
表での範囲選択(セル・列・行の範囲選択)の操作画像23

スポンサーリンク