ピボットテーブルの元データを追加したら

解説記事内の画像はExcel 2007のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2010, 2007

ピボットテーブルの元データを追加したらの操作画像1 ピボットテーブルを作成した後、入力し忘れや、新しいデータが増えたなどで、ピボットテーブルの元となるデータを追加したとします。

でも、ただデータを追加入力しただけでは、

ピボットテーブルの元データを追加したらの操作画像2 ピボットテーブルには、そのデータの追加が反映されません。
「データが追加されて、元データの範囲が変わりましたよ」ということをExcelに教えてあげなければいけないんです!

ピボットテーブルの元データを追加したらの操作画像3 ピボットテーブルの元データの範囲が変わったことをExcelに教えてあげるには、ピボットテーブル内のセルならどれでもいいので、どれか1つのセルを選択します。

ピボットテーブル内のどれか1つのセルを選択すると、リボンに[ピボットテーブルツール]が表示されます。
[ピボットテーブルツール]の[オプション]タブ、[データ]グループの[データソースの変更]ボタンをクリックします。 ピボットテーブルの元データを追加したらの操作画像4

ピボットテーブルの元データを追加したらの操作画像5 現在、ピボットテーブルの元となっているデータ範囲が表示されます。
この範囲が左の図のように黒く反転している状態で、

ピボットテーブルの元データを追加したらの操作画像6 追加されたデータも含めた、正しいデータ範囲を選択し直します。

ピボットテーブルの元データを追加したらの操作画像7 データ範囲が変更されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックすれば、

ピボットテーブルの元データを追加したらの操作画像8 ピボットテーブルにデータの追加が反映されました!

それにしても、ピボットテーブルの元となるデータを追加する度にこの操作を行うのは面倒!という方もいらっしゃるはず。
そんなあなたに「テーブルでピボットのデータ範囲も変更いらず」でプラスワン テクニックをご紹介しています!

スポンサーリンク