行や列の削除

解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2013, 2010, 2007
Excel 2013・2010・2007用 練習ファイル
(delete-row-or-column.xlsx  11.2KB)

「この行を削除したい」
「ここからここまでの列を削除したい」
などなど、そんな時には行や列の削除を行います。

行や列を削除する時にポイントとなるのが、行や列の選択。
「セルの範囲選択と何が違うの?」という方は、まずは「行や列の選択」をご覧ください!
そして、「そもそも、セル・行・列の違いが分からない!」という方は、「最低限知っておきたいExcel画面各部の名称」からご覧ください!

列の削除

行や列の削除の操作画像01 今回は、左のような文書の、E列を削除してみたいと思います。

行や列の削除の操作画像02 まずは削除したい列を選択します。
今回はE列を削除したいわけですから、E列を選択します。

選択したい列の、列番号のところにマウスポインタを持っていき、マウスポインタの形が、左の図のような黒い下向き矢印の状態でクリックすれば、列を選択できます。

行や列の削除の操作画像03 選択した列番号のところで右クリック、[削除]をクリックすると、

行や列の削除の操作画像04 選択した列を削除することができました!

削除直後は、削除した列があったところが選択されている状態のままになっていますが、どのセルでもいいのでクリックして、選択を解除すればいいだけですヨ。

行や列の削除の操作画像01 ちなみに、今削除したのは「列」。
「列」というのは、先頭のセルから最後尾のセルまで全てのことを「列」と言います。

ということは、先程操作したE列の削除を例に挙げると、先頭のE1番地のセルから、最後尾のE1048576番地のセルまで、まるまる削除した、ということになります。

行や列の削除の操作画像05 左の図のように、実際の表がある部分だけ削除、というような、一部のセルだけを削除したわけではないので、間違ってもこんなイメージで覚えないよう、気合を入れます(笑)。

スポンサーリンク

複数列の削除

行や列の削除の操作画像06 今度はA列とB列を一気に削除してみたいと思います。

行や列の削除の操作画像07 これも考え方は先程と同じで、まずは削除したい列を選択します。
今回はA列とB列を削除したいわけですから、A列とB列を選択します。

選択したい列の、列番号のところにマウスポインタを持っていき、マウスポインタの形が、左の図のような黒い下向き矢印の状態で、選択したい列の列番号をドラッグすれば、複数列を選択できます。

行や列の削除の操作画像08 A列とB列を選択できました。

行や列の削除の操作画像09 選択した列番号のところで右クリック、[削除]をクリックすれば、

行や列の削除の操作画像10 選択した列を削除することができました!

削除直後は、削除した列があったところが選択されている状態のままになっていますが、先程同様、どのセルでもいいのでクリックして、選択を解除すればOKですヨ。

行や列の削除の操作画像06 大切なポイントなので、また書いちゃいますが(笑)、今削除したのは「列」。
A列とB列の、各先頭のセルから最後尾のセルまで、全てをまるまる削除しました。

行や列の削除の操作画像11 ほんとにくどいですが(笑)、左の図のようにデータが入力されているセルだけを削除したわけではありませんヨ。

スポンサーリンク

行の削除

練習ファイルを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しをクリックして、Sheet2に切り替えてください。
行や列の削除の操作画像12

今度は、1行目を削除してみたいと思います。
考え方は「列の削除」と同じで、まずは削除したい行を選択します。
今回は1行目を削除したいわけですから、1行目を選択します。
選択したい行の、行番号のところにマウスポインタを持っていき、マウスポインタの形が、下の図のような黒い右向き矢印の状態で、選択したい行の行番号をクリックすれば、行を選択できます。
行や列の削除の操作画像13

行や列の削除の操作画像14 選択した行番号のところで右クリック、[削除]をクリックすると、

選択した行を削除することができました!
削除直後は、削除した行があったところが選択されている状態のままになっていますが、先程までと同様、どのセルでもいいのでクリックして、選択を解除すればOKですヨ。 行や列の削除の操作画像15

今回は1行のみを削除しましたが、複数行を選択して削除すれば、もちろん一気に複数の行を削除することができます。

さぁ、Be Cool Usersのおなじみさんならもう予想ついてますね?
えぇ、やっぱりくどいですとも!(笑)
今削除したのは「行」。
ということは、先程操作した1行目の削除を例に挙げると、1行目には、先頭のA1番地のセルから、最後尾のXFD1番地のセルまで、全部で16,384個のセルがあったのですが、それらをまるまる削除した、ということになります。
行や列の削除の操作画像17

粘着質的にしつこく繰り返しますと(笑)、下の図のようにデータが入力されているセルだけを削除したわけではありませんヨ。
行や列の削除の操作画像16

行や列の削除まとめ

今回のポイントは、「正しく選択、そこで右クリック」です。
行の削除でも、列の削除でも、「範囲選択して右クリック−[削除]」という同じ操作でした。
行を選択したから行が削除され、列を選択したから列が削除されたわけです。
だからこそ、「正しく選択」がポイント。

行や列の削除の操作画像18 もし、右クリック−[削除]した時に、このようなダイアログボックスが表示された時には、行や列をちゃんと範囲選択できていないので、まずは焦らずに、「行や列の選択」からご覧いただきたいなぁ、と思います。

更に、今回は選択した行番号や列番号のところで右クリックしていますが、右クリックすることで、Excelさんは「今からこんなことしたいんじゃない?」と、一覧を表示してくれます。
でも、選択したところで右クリックではなく、わざわざ別の場所にマウスポインタを持って行って右クリックしてしまうと、Excelさんは、その別の場所用の一覧を出してくれるので、思い通りに操作できなくなってしまいます。
「正しく選択し、その選択したところで右クリック」、つまり、「正しく選択、そこで右クリック」がポイントとなります!

スポンサーリンク