条件付き書式の基本

解説記事内の画像はExcel 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2016, 2013, 2010
Excel 2016・2013・2010用 練習ファイル
(conditional-formatting.xlsx  15.1KB)

スポンサーリンク

条件付き書式が設定されている表 例えば、この表の「実績」欄には、150以下の数字が入力されていたらオレンジ色に、230より大きい数字が入力されていたら緑色になるよう設定されています。

C5番地はルールに該当していない そんな「実績」欄のうち、C5番地のデータは、150以下でも、230より大きいわけでもなく、どちらのルールにも該当しないため、色は付いていません。

C5番地のデータを「262」に変更 ここで、C5番地のデータを「262」に変更し、セルの中で文字カーソルが表示されなくなるまで[Enter]キーで確定すると、

C5番地の色が変わった 「セルの値が230より大きい場合にセルを緑に」というルールに該当したため、瞬時に色が変わりました!

このように、指定した条件に合っていたら、セルの色や文字の色といった「書式」を変えたいときに使うのが、条件付き書式
このページでは、必ず押さえておきたい条件付き書式の基本設定についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

2つの方法の使い分け

実は、条件付き書式には、2つの設定方法があり、条件付き書式をどこに設定するかによって、方法を使い分けます

条件を判断するセルと、書式を変えるセルが同じ場合 1つ目の方法は、最初にご覧いただいたように、「実績」欄の数字が150以下だったら、同じく「実績」欄のセルの色をオレンジ色にする、のように、条件を判断するセルと、書式を変えるセルが同じ場合の方法。
これからご紹介する、必ず押さえておきたい基本設定の方法です。

条件を判断するセルと、書式を変えるセルが違う場合 そして2つ目の方法が、「実績」欄の数字が150以下だったら、「氏名」欄のセルの色をオレンジ色にする、のように、条件を判断するセルと、書式を変えるセルが違う場合の方法。
これについては「条件付き書式(数式編)」でご紹介していますが、条件付き書式を初めて設定する方は、このページでご紹介している基本設定を先にマスターしていただくことを強くおすすめします。

条件付き書式の設定

「Sheet2」に切り替える それでは早速、条件付き書式の設定方法をみていきましょう!
練習用データを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しをクリックして「Sheet2」に切り替えておきます。

条件付き書式を設定したい箇所を範囲選択 まずは条件に合っていたら、セルの色や文字の色といった「書式」を変えたいセルを範囲選択します。

[ホーム]タブ [ホーム]タブの、

[条件付き書式]ボタン [スタイル]グループにある[条件付き書式]ボタンをクリックし、

[セルの強調表示ルール] [セルの強調表示ルール]にマウスポインタを合わせます。
[セルの強調表示]と聞くと、「訳わからん!」となりそうですが、くだけて言えば「セルを目立たせまっせ」ということです。

[その他のルール] [セルの強調表示ルール]にマウスポインタを合わせると、一覧が表示されます。
自分が設定したいルールに合わせて、どれを選ぶかを決めるわけですが、この時はこれで、あの時はあれで・・・みたいに覚えるのはとっても大変。
そこで!
どんなルールにしたいときにでもいける、万能なやり方をご紹介します!
というわけで、[その他のルール]をクリックします。

[指定の値を含むセルだけを書式設定] すると、このようなダイアログボックスが表示されます。
このダイアログボックスの上部は、ルールの種類を選択する箇所で、すでに[指定の値を含むセルだけを書式設定]が選択されています。
これは、「指定した条件に合うセルだけ、書式を変えてね」ということ。
まさしく今回やりたいことなわけですから、ここはこのまま変える必要はありません。

[条件付き書式]の条件を指定する そして、条件を指定するのが、ダイアログボックス下部のこの部分。

条件指定の最初の選択肢 最初の選択肢、「セルの値」の[▼]をクリックすると、どんなデータに書式を付けたいのか、データの種類を選べます。

条件付き書式を設定したい箇所を範囲選択 今回は、「実績」欄の「セルに入力されている数字」が、条件に合っていたら書式を付けたいので、

[セルの値を] [セルの値]をクリックで選択します。

右端の欄 右端の欄でクリックすると、そこに文字カーソルが入るので、

数字を入力 「150」と入力すれば、

[次の値より大きい] 真ん中が[次の値より大きい]となっているので、

[条件付き書式]の条件の確認 「セルの値」が、「150」「より大きかったら」という条件を指定したことになります。

「次の値に等しい」 真ん中の選択肢で、「次の値に等しい」を選択した場合には、「セルの値が、150と同じだったら」と設定していることになるので、「149」でもなく「151」でもなく、「150」ジャストのときに、条件に合致していることになります。

「以上」「より大きい」、「以下」「より小さい(未満)」の違いに注意 また、それ以外の選択肢としてこのようなものがありますが、Excelでは、正しく処理をするために、「以上」なのか「より大きい」なのか、そして「以下」なのか「より小さい(未満)」なのかは、すごく大切です。

「150から180の間」 そして、真ん中の選択肢で[次の値の間]を選んだ場合には、値を指定する欄が2つに増えます。
もし、図のように設定すると、「150から180の間」、つまり「150以上180以下」という設定をしたことになります。

[条件付き書式]の条件指定 完了 今回は[次の値以下]を選択して、「セルの値が150以下だったら」という、条件を設定しました。

[書式]ボタン 続いて、指定した条件に合っていたときに、どんな書式にしたいのかを設定するのが[書式]ボタン。
この[書式]ボタンをクリックすると、

[セルの書式設定]の[塗りつぶし]タブ このようなダイアログボックスが表示されます。
例えば、セルの色を変えたいのであれば、[塗りつぶし]タブにある、色の一覧から好みの色をクリックで選択します。
ちなみに、ここで表示される色の一覧は、現在作業している文書に設定されているテーマによって、表示される色が違いますので、図と同じ色が表示されていなくても、まったく気にする必要はありません。

セルの色の選択 今回の私は、薄いオレンジ色を選ぶことにします。
もちろん、どれを選ぶかはお好みで。
色のところでクリックすると選択できます。

[フォント]タブにある[色] また、条件に合っていたら文字の色を変えたいのであれば、[フォント]タブにある[色]で、好みの色を選択します。
今回の私は、赤を選んでみました。
設定が終わったら、[OK]ボタンをクリックします。

[プレビュー]で書式の確認 [プレビュー]を見ると、指定した条件に合っていたときに、どのような書式になるのかを確認できます。
今回はセルの色も、文字の色も選択したので、このようになっています。
もちろん、セルの色だけでも、文字の色だけでも、または色を付けずに太字にするなど、好みに合わせて設定してください。
ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、

条件付き書式の設定 完了 「実績」欄のセルに、「セルの値が150以下だったら、セルの色をオレンジ&文字の色を赤にする」という、条件付き書式を設定することができました!
条件付き書式を設定したセルのうち、ルールに該当したセルの色が変わっていることが分かります!

スポンサーリンク

[その他のルール]を使わない設定

条件付き書式の設定 完了 条件付き書式は、同じ範囲に複数設定することができます
もし、同じ[実績]欄に、もう1つ条件付き書式を設定したいのであれば、同じように[実績]欄を範囲選択し、

[ホーム]タブ [ホーム]タブの、

[条件付き書式]ボタン [スタイル]グループにある[条件付き書式]ボタンをクリックし、

[セルの強調表示ルール]で表示された一覧 [セルの強調表示ルール]にマウスポインタを合わせます。
表示された一覧で、先ほどは万能な[その他のルール]を使いました。
ですが、この一覧には「以上」や「以下」はないものの、「より大きい」や「より小さい」の設定なら、選択肢があるので、最初にご紹介した[その他のルール]を使わなくても設定できます。
試しに[指定の値より大きい]をクリックすると、

[セルの強調表示ルール]で表示された一覧 このようなダイアログボックスが表示されます。
すでに「より大きい」ことが前提となっているので、あとは数字の設定。
数字を設定する欄には、あらかじめサンプルの数字が入力されていて、その数字が選択された状態になっているので、このまま、サンプルの数字を特に消すこともなく、新たに数字を入力すれば、

条件の設定 終了 新たに入力した数字が上書きされます。
今回は「230」と入力しました。
これで、「230より大きい」という条件部分の設定ができました。
そして、この条件に該当していたときに、

書式を選択 どんな書式にしたいのかを設定するのが、ダイアログボックスの右側。
[▼]をクリックすると、

[ユーザー設定の書式] 一覧が表示されます。
このうち、[ユーザー設定の書式]をクリックすると、

[セルの書式設定]ダイアログボックス 前の章でご説明したときと同じダイアログボックスが表示されるので、ここで好みの書式を設定してもいいですし、
(練習用データを操作しながらご覧頂いている方は、このダイアログボックスは確認のために見ていただいただけなので、ダイアログボックス右下の[キャンセル]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。)

[ユーザー設定の書式] [▼]をクリックした時に、あらかじめExcelさんが準備してくれている書式を選んで、手っ取り早く書式を設定してもOK。

条件付き書式であらかじめ準備されている書式 ちなみに、Excelさんがあらかじめ準備してくれている書式は、このような感じ。

[濃い緑の文字、緑の背景] 今回は、[濃い緑の文字、緑の背景]を選択してみました。

[濃い緑の文字、緑の背景] これで、「230より大きければ、濃い緑の文字、緑の背景にする」という意味のルールになります。
[OK]ボタンをクリックしてみましょう。

2つ目の条件付き書式 設定完了 1つ目の条件付き書式を設定したのと同じ範囲に、2つ目の条件付き書式も設定することができました!
230より大きい数字が入力されているセルが、濃い緑の文字&セルが緑になっています!

スポンサーリンク

条件付き書式の設定例で経験値を増やそう!

「Sheet3」に切り替える 練習用データを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しをクリックして「Sheet3」に切り替えておきます。

文字が入力されているセルへの条件付き書式の例 図のような表のB2からB9番地で、支払い方法がカードになっているものに色をつけたかったとします。
ですが、この例の場合、支払方法がカードになっているデータは、セルに「カード」という文字だけが入っているわけではなく、「JCBカード」「VISAカード」のように、カードの名称も合わせて入力されている、というところがポイント。
では、こういう場合の設定を見ていくことにしましょう。

B2からB9番地を範囲選択 まずは、条件付き書式を設定したいB2からB9番地を範囲選択し、

[その他のルール] [ホーム]タブ、[スタイル]グループにある[条件付き書式]ボタンをクリック、[セルの強調表示ルール]から、[その他のルール]をクリックします。
この[その他のルール]は、どんなルールにしたいときにでもいける、万能なやり方でした。

[指定の値を含むセルだけを書式設定] 条件付き書式を設定するためのダイアログボックスが表示されました。
このダイアログボックスの上部は、ルールの種類を選択する箇所で、すでに[指定の値を含むセルだけを書式設定]が選択されています。
これは、「指定した条件に合うセルだけ、書式を変えてね」ということ。
まさしく今回やりたいことなわけですから、ここはこのままでOKでした。

「Sheet3」に切り替える そして、条件付き書式のルールを決めるのがダイアログボックス下部でした。
今回の条件は、セルに入力されているデータに「カード」という文字があるかどうかですから、この左端のボックスは、「条件付き書式の設定」の章でご紹介した「セルの値」ではなく、

「特定の文字列」 「特定の文字列」を選択します。

条件の指定 完了 そして、「カード」という文字で終わるという条件設定にすれば、セルに入力されているデータが、「JCBカード」だろうが「VISAカード」だろうが、「カード」という文字で終わっていれば、該当することになります。

[書式]ボタン あとは[書式]ボタンを使って、条件に合っていた時につける書式を指定して、[OK]ボタンをクリックすれば、

条件に合っているセルに書式が付いた 「カード」という文字で終わっているセルに書式が付きました!


「Sheet4」に切り替える 練習用データを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しをクリックして「Sheet4」に切り替えておきます。

表の確認 また、図のような表のB2からD8番地で、

条件付き書式のルールで「空白」 条件付き書式のルールで、「空白」のときに、好みの書式になるよう設定すれば、

空白のセルに色がついた 空白のセルに色を付けることができるので、入力漏れをチェックしたい表に便利です。

空白のセルに入力 もちろん、条件付き書式は、常にExcelさんが条件に合っているかどうかを見ていてくれるわけですから、空白になっているいずれかのセルに、

空白ではなくなったため、書式が付かなくなった 何かしらのデータを入力すると、空白ではなくなったため、書式が付かなくなりました。

さぁ、ここまでで、条件付き書式の基本設定をがっちりご紹介してきました。
今回ご紹介したのは、条件を判断するセルと、書式を変えるセルが同じ場合の設定方法。
条件を判断するセルと、書式を変えるセルが違う場合の設定方法は、「条件付き書式(数式編)」でご紹介しています。
もう基本はバッチリ♪という方は、ぜひ「条件付き書式(数式編)」もご覧ください!

スポンサーリンク