1. HOME
  2. Excel・エクセル
  3. 入力・編集

オートフィルできる!自分で作る連続データ

Excel 2021, 2019, 2016, 2013 Microsoft 365
Microsoft 365は、バージョン2202で動作確認しています。
解説記事内の画像はExcel 2021のものです。

スポンサーリンク

一般的な連続データを簡単に入力できる「オートフィル」。
でも、自分の会社の店舗名や、スタッフ名などは、オートフィルしても、同じデータがコピーされるだけ。
が、しかーし!
「いつも決まった順番で入力してるデータがあるよ」という場合には、それをExcelに登録してあげることで、オートフィルで入力できるようになります。

目次

スポンサーリンク

自分で連続データを登録

[ファイル]タブをクリックし、

[オプション]をクリックします。

[オプション]が表示されていない方は、[その他]をクリックすると、[オプション]が表示されます。

表示されたダイアログボックスの左側で[詳細設定]をクリックで選択します。

ダイアログボックスの右側で、[全般]カテゴリーにある[ユーザー設定リストの編集]ボタンをクリックします。

ダイアログボックスの左側で[新しいリスト]が選択されていることを確認し、その右側に登録したいものを入力していきます。
右側の[リストの項目]欄でクリックすると文字カーソルが入り、入力できます。

データを入力をしたらEnterキーで改行し、次のデータを入力する・・・を繰り返し、1行に1つのデータとなるように入力していきます。

入力が終わったら[追加]ボタンをクリックすると、

入力したものがダイアログボックスの左側に登録されました。
最後に、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックします。

最初のダイアログボックスに戻ってくるので、[OK]ボタンをクリックします。

それでは入力してみましょう!
そもそもオートフィルなので、データは1つ入力しないとオートフィルできません。
入力して、そのセルを選択したら、オートフィルします!

自分で登録した連続データを、オートフィルで入力できました!

既にセルに入力してあるデータで連続データ登録

前の章のように、設定するダイアログボックスに直接入力して登録する以外に、登録したいデータが既にセルに入力されているなら、そのデータをダイアログボックスに吸い上げることでも登録できます。

【再生すると音が出ます】
YouTubeサイトでご覧になりたい方はこちらから

自分で作った連続データの削除

自分で登録した連続データを削除したい場合には、[ファイル]タブをクリックし、

[オプション]をクリックします。

[オプション]が表示されていない方は、[その他]をクリックすると、[オプション]が表示されます。

表示されたダイアログボックスの左側で[詳細設定]をクリックで選択します。

ダイアログボックスの右側で、[全般]カテゴリーにある[ユーザー設定リストの編集]ボタンをクリックします。

左側の欄で、削除したい連続データをクリックで選択し、[削除]ボタンをクリックします。

本当に削除していいか確認が入るので、[OK]ボタンをクリックします。

最後に[OK]ボタンをクリックします。

最初のダイアログボックスに戻ってくるので、[OK]ボタンをクリックします。

スポンサーリンク