数式の入力【四則演算編】

解説記事内の画像はExcel 2007のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2010, 2007, 2003
Excel 2010・2007用 練習ファイル
(input-arithmetic.xlsx  9.11KB)
Excel 2003用 練習ファイル
(input-arithmetic.xls  23.5KB)

エクセルは計算を得意とするソフトです。
今回はその基本、足し算・引き算・掛け算・割り算という四則演算をしてみます。

数式の入力【四則演算編】の操作画像1 左のような表で、みかんの「金額」を求めたい場合、
みかんの「単価」×みかんの「数量」
という掛け算をすれば、みかんの「金額」を求められます。

数式の入力【四則演算編】の操作画像2 計算結果を表示させたいセル(今回の場合はみかんの「金額」のセルであるD2番地)をクリックで選択し、

数式の入力【四則演算編】の操作画像3 キーボードで「=」(イコール)を入力します。
「=」は「数式を入力しますよ」という合図です。

数式の入力【四則演算編】の操作画像4 ここから実際の計算式を入力します。計算式は、
みかんの「単価」×みかんの「数量」
ですから、まず、みかんの「単価」のセルであるB2番地をクリックで指定します。

数式の入力【四則演算編】の操作画像5 「かける」の意味の記号、「*」をキーボードで入力します。

エクセルの四則演算では、下記のような記号を使います。

足し算
引き算
掛け算
割り算

数式の入力【四則演算編】の操作画像6 最後に、みかんの「数量」であるC2番地をクリックで選択し、

数式の入力【四則演算編】の操作画像7 キーボードで[Enter]キーを押すか、または数式バー左側の[入力]ボタンをクリックして入力を確定すれば、完了です!

ここまでの操作は、「ココはコレかけるコレです」というセリフで覚えると楽に覚えられます。

ココ 計算結果を表示させたいセルを選択
「=」を入力
コレ 掛け算したいデータが入っているセルを選択
かける 「*」を入力
コレ もう一方の掛け算したいデータが入っているセルを選択
です [Enter]キー、または[入力]ボタンで入力を確定

数式のポイント

エクセルではセルを選択すると、そのセルに入力されているものが数式バーに表示されます。

数式の入力【四則演算編】の操作画像8 先程掛け算を入力したD2番地は、表面的には計算結果である「100」が表示されていますが、D2番地を選択して数式バーを見てみると、実際にこのセルに入力されているのは「=B2*C2」という数式であることが分かります。

そして、この数式を入力する際、みかんの単価である「50」、みかんの数量である「2」を使って、「=50*2」とは入力せず、「=B2*C2」と入力しました。
「=B2*C2」と入力することで、「B2番地に入っているものとC2番地に入っているものを掛け算してください」という意味になるので、

数式の入力【四則演算編】の操作画像9 B2番地の単価やC2番地の数量のデータを変更しても、正しい計算結果が自動的に表示されるという仕組みです。

数式の入力【四則演算編】の操作画像10 りんごやぶどうの「金額」を計算する数式も、同様にして入力できますが、ひとつずつ入力していくのは面倒なので簡単に数式をコピーすることができます。

ただ、ここにもエクセルの根本となる非常に重要なことが含まれます。
これについては本家Be Cool Usersで徹底解説(笑)していますので、本家Be Cool Usersのオートフィルと相対参照を是非ご覧ください。

スポンサーリンク