表の挿入

解説記事内の画像はWord 2007のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2013, 2010, 2007

表の挿入の際、一番最初に考えなければいけないことは、「何行何列の表を作りたいのか」ということ。
「行・列って何?」という方は、まずはセル・行・列とはを最初に見て頂くとして、今回は下の図のような表を作りたかったとします。
表の挿入の操作画像1

「何行何列の表を作りたいのか」を考える際、初心者の方がつまづきやすいのは、周囲のセルと見比べた時にまたぐようになっている、下の図のような大きなセル。
表の挿入の操作画像2

こういったセルがあって「何行何列の表を作りたいのか」考えづらい場合には、こんな風に頭の中で罫線を延長して引っ張ってみると考えやすくなります。
というわけで、今回は「5行4列」の表を作りたいと思います。
表の挿入の操作画像3

表の挿入の操作画像4 まずは表を入れたい位置に文字カーソルを置き、

表の挿入の操作画像5 [挿入]タブの[表]ボタンをクリックします。

表の挿入の操作画像6 [表]ボタンをクリックすると、このようなマス目が表示されます。
このマス目1つ分が、表のセル1つ分になります。

一番左上のマス目にマウスポインタを合わせ、ここから必要なセルの分、マス目がオレンジ色になるようマウスを動かします。

Word 2003以前では、一番左上のマス目からドラッグしましたが、Word 2007以降では、ただマウスを動かすだけでOKです。

表の挿入の操作画像7 このマス目の上には、何行何列の表になるのかが表示されますので、マウスを動かしながらここを参考にすると分かりやすいです。

一番最後のマス目でクリックすると、

表を挿入することができました!
表の挿入の操作画像8

さて、表を挿入後、次は何をしたらいいのか迷ったりしませんか?
Be Cool Usersのオススメは、表内に文字を入力していくことです!

スポンサーリンク