表のセルの結合

解説記事内の画像はWord 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2013, 2010, 2007
Word 2013・2010・2007用 練習ファイル
(table-merge-cells.docx  17.3KB)
表の行の高さを変更」の続きの方は、そこで最後まで操作した練習ファイルをそのまま使えます。

下の図のような表の完成を目指して、
表のセルの結合の操作画像01

表を挿入後、文字を入力し、更に列幅や、行の高さを整えて、ここまで操作してきました。
表のセルの結合の操作画像02

お次はどの操作をするのか・・・ということですが、Be Cool Usersがオススメする次の操作は「セルの結合」。
早速、操作していきましょう!

操作は簡単!

下記の完成図の、オレンジ枠の部分のセル。
左隣のセルと見比べると分かりやすいのですが、1つのセルが2行にまたがるようになっています。
表のセルの結合の操作画像03

でも、現在はこんな風にバラバラのセルになっているので、これらのセルをくっつけて、1つのセルにしてしまう、それがセルの結合です!
表のセルの結合の操作画像04

まずはくっつけたいセルを選択します。
今回は下図の2つのセルをくっつけて1つにしたいので、下図の2つのセルを選択します。
表のセルの結合の操作画像05

表を一部分でも選択すると、リボンに[表ツール]が表示されます。
[表ツール]の[レイアウト]タブ、[結合]グループの、[セルの結合]ボタンをクリックすると、
表のセルの結合の操作画像06

選択したセルをくっつけて、1つにすることができました!
表のセルの結合の操作画像07

今度は、下の図のセルを1つにくっつけて、
表のセルの結合の操作画像09

こんな風にしたいと思います。
表のセルの結合の操作画像08

まずは、くっつけたいセルを選択するわけですが、今回は表の最後の行にある全てのセルを1つにくっつけたいので、セル単位で選択するより、行単位で選択した方が、くっつけたいセルを手っ取り早く選択できます。
表のセルの結合の操作画像10

くっつけたいセルを選択したので、先ほど同様、[セルの結合]ボタンをクリックすると、
表のセルの結合の操作画像11

選択したセルをくっつけて、1つにすることができました!
表のセルの結合の操作画像12

あとは、今回の結合が終わるまであえて後回しにしていた、これらのセルへの入力をすればOKです!
表のセルの結合の操作画像13

スポンサーリンク