表に文字を入力

解説記事内の画像はWord 2007のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2013, 2010, 2007
Word 2007・2010・2013用 練習ファイル
(table-input.docx  13.7KB)
表の挿入」の続きの方は、そこで最後まで操作した練習ファイルをそのまま使えます。

表を挿入した後、その次にやること・・・。
Be Cool Usersのオススメは、「文字を入力すること」。
列の幅や行の高さを変更したり、セルを結合したりといろんなことをやりたくなりますが、表の挿入後すぐに文字を入力してしまうのがBe Cool Usersのオススメです。
文字を入力しておかないと、どれ位の列幅にすればいいかなど、目安となる文字が入力されていないので、作業しづらいからです。

今回は下の図のような表を完成させるために、
表に文字を入力の操作画像19

表を挿入した直後の表に文字を入力していくわけですが、
表に文字を入力の操作画像1

入力の時にどうすればいいのか悩むのは、周囲のセルと見比べた時にまたぐようになっている、下の図のような大きなセル。(下図のオレンジ色のセル)
表に文字を入力の操作画像2

表を挿入した直後の現時点では、下の図のオレンジ色のセルがそれに該当します。
(これについて???の方は「表を挿入」をご覧ください。)
こういったセルへの入力は後回しにするのがBe Cool Usersオススメ。
それ以外のセルへの入力を終わらせてしまいます!
表に文字を入力の操作画像3

[Tab]キーを使いながらの入力

では早速入力をスタートします!
表を挿入した直後は、表の左上のセルにカーソルがあります。
表に文字を入力の操作画像4

でも、このページの上にある、ダウンロードした練習ファイルを使っている方などは、表を挿入した直後ではないので、カーソルは別の所にあると思います。
そんな時は、カーソルを置きたいセルにマウスポインタを持っていき、下の図のようなマウスポインタの形でクリックすると、そのセルにカーソルを置くことができます。
今回は、表の一番左上のセルにカーソルを置いてください。
表に文字を入力の操作画像20

先程の完成図を見ると、このセルには文字が入らないので、隣のセルにカーソルを移します。
キーボードの[Tab]キーを押すと・・・
右隣のセルにカーソルが移りました!
[Tab]キーは右隣にカーソルを動かすためのキーです。
表に文字を入力の操作画像5

ちなみに、最初にマウスを使って、一番左上のセルにカーソルを置く操作をした方は、この左から2番目のセルに、最初っから文字カーソルを置けばよかったじゃん!と思ったと思うのですが、まったくもってその通りです(笑)。
でも、先程の[Tab]キーをご説明したかったので、一番左上のセルにカーソルを置いていただいた次第です。許して〜(笑)。

表に文字を入力の操作画像6 2つ目のセルに文字を入力します。
ここで注意点が1つ。
セルに文字を入力後、漢字などに変換したら、その変換を[Enter]キーで確定しておくこと。
このように文字の下に線が付いている時は、まだ変換を確定していません。

表に文字を入力の操作画像7 [Enter]キーで変換を確定すると、文字の下の線は無くなります。
変換した時は、このように[Enter]キーで変換を確定してから、[Tab]キーを使って隣にカーソルを動かします。

入力が終わったら、[Tab]キーでカーソルを隣に動かす。
動いた先のセルにまた入力・・・。
これを繰り返して、表にどんどん入力していきます。

ただここでもう疑問が出ている方もいらっしゃると思います。
「カーソルを右隣のセルに移すために[Tab]キーを使っているけど、[→]キーじゃダメなの?」
いえいえ別にダメではありません。ただ、[Tab]キーを使うことには利点があって、表内の右端のセルに入力が終わった後、[Tab]キーを使えば・・・
表に文字を入力の操作画像8

次の行の先頭のセルにカーソルが移動してくれるんです!
表に文字を入力の操作画像9

[→]キーを使った場合には、単純に右方向にしかカーソルは動かないので、今回のような場合には、表の外側にカーソルが動いてしまいます。
表に文字を入力の操作画像10

そんなわけで、[Tab]キーでのカーソル移動はとても便利です。
ちなみに[Shift]キーを押したまま[Tab]キーを押すと、逆方向にカーソルが動きます。

もちろん、表に文字を入力する際、右方向に向かって入力をしていかなければいけない、という約束はありません。
[↑]や[↓]キーで、上下方向のセルにカーソルを動かしても構わないですし、マウスでカーソルを動かしてもOKです。
自分のやりやすい方向に入力していけばいいと思いますヨ。

スポンサーリンク

[Tab]キーを使う際の注意点

[Tab]キーを使って表に入力する際、1つ気をつけておきたいこと。
それは表の一番最後のセル(表の一番右下のセル)にカーソルがある場合。
表に文字を入力の操作画像11

一番最後のセルで[Tab]キーを押すと、カーソルが移動するのではなく、その下に表の行が1行追加されるのでご注意ください。

ちなみに、こんなことが書いてあると、実際にやってみたくなるのが人の心(笑)。
上記の方法で実際に1行追加してみた方は、[元に戻す]ボタンを使って、操作を元に戻しておいてください。

1つのセル内に文字を複数行に渡って入力したい場合

表に文字を入力の操作画像12 左の完成図のように、1つのセル内に文字を2行で入力したい場合、

表に文字を入力の操作画像13 まずはセルに1行目の文字を入力します。
そして、[Enter]キーで改行すれば、

表に文字を入力の操作画像14 2行目に文字が入力できます!

表に文字を入力の操作画像15 先程は1つのセルに強制的に2行入力しましたが、こんな風に1つの文章が長い場合はどうでしょう?

表に文字を入力の操作画像16 うぁ〜、もうこの行に文字が入力できない〜!と思っても、気にせずそのまま入力を続ければ、

表に文字を入力の操作画像17 自動的に次の行に文字が折り返ってくれます。

文章が続いている場合には、このように入力し続ければいいですし、そのセル内で強制的に行を変えたい時には[Enter]キーを使えばいいわけです。
これは普段の文章入力と同じですね。

入力を後回しにしたセルを除き、これでひと通りの入力が終了しました!
表に文字を入力の操作画像18

スポンサーリンク