表全体を中央に

解説記事内の画像はWord 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2013, 2010, 2007
Word 2013・2010・2007用 練習ファイル(1)
(table-center01.docx  16.3KB)
Word 2013・2010・2007用 練習ファイル(2)
(table-center02.docx  18.5KB)
練習ファイル(2)は、「表の罫線の種類を変える」で操作した練習ファイルをそのまま使えます。

表全体を中央や右に揃えたい!といった時、なんだか難しい操作なのでは?とチカラが入ってしまいそうなのですが、操作自体は実はとっても簡単!
考え方も、言われてみるとなるほど!なんです。

下の図のような文書があります。
1行目の日付を、右揃えにしたい!という時の操作は、もうおなじみですね。
1行目を選択して、
表全体を中央にの操作画像01

[ホーム]タブ、[段落]グループの、それはそれはおなじみ過ぎる、
【Word 2013】[右揃え]ボタンをクリックすれば、
【Word 2010・2007】[文字列を右に揃える]ボタンをクリックすれば、
表全体を中央にの操作画像02

選択した行を右揃えにすることができました!
表全体を中央にの操作画像03

ということはですよ、表も右揃えにしたい!というのであれば・・・もうお気付きですね?
まずは右揃えにしたい表の、表全体を選択します。
表全体を中央にの操作画像04

先程と同じように、[ホーム]タブ、[段落]グループの、
【Word 2013】[右揃え]ボタンをクリックすれば、
【Word 2010・2007】[文字列を右に揃える]ボタンをクリックすれば、
表全体を中央にの操作画像05

表全体も右に揃えることができました!
表全体を中央にの操作画像06

ちなみに、今回使った右に揃えるためのボタンは、Word 2013では[右揃え]ボタン、Word 2010・2007では[文字列を右に揃える]ボタンという名前なのですが、解説の文章が必要以上に長くなるのを避けるため、これ以降このページでは[右揃え]ボタンと書かせていただきます。

範囲選択がメチャクチャ重要!

この表全体の位置を変える操作、とっても簡単なのですが、その分、範囲選択がメチャクチャ重要です!
ここで、その重要具合をアピールするために(笑)、ちょっと実験をしてみましょう。

今回は、表全体ではなく、表の1行目を選択します。
表全体を中央にの操作画像07

先程は[右揃え]ボタンを使いましたが、今度は、そのお仲間の[中央揃え]ボタンをクリックしてみます。
表全体を中央にの操作画像08

結果はこの通り!
表全体が中央になるのではなく、選択したセルの中にある文字が、それぞれのセルの中で中央になりました!
表全体を中央にの操作画像09

表内の文字の位置を整えるには、位置を整えたい文字が入っているセルを選択後、[表ツール]の[レイアウト]タブ、[配置]グループにある、下の図の9つのボタンを使えばOKでした。
表全体を中央にの操作画像10

この9つのボタンを使えば、縦方向・横方向、どちらともの文字の位置を整えることができます。
でも、横方向で右にするか中央にするかといった、縦方向は含まない、横方向での文字の位置を整えるだけなら、先程のように[ホーム]タブにある[右揃え]や[中央揃え]ボタンでもできるんです。

そして、[ホーム]タブにある[右揃え]や[中央揃え]ボタンを使う場合、表をどのように範囲選択しているかによって結果が違い、先程のように表の一部を選択している場合には、その選択しているセル内の文字の位置が変わります

でも、表全体を選択している時には、表全体の位置を変えることができるので、下の図のように表全体を選択し、
表全体を中央にの操作画像11

[ホーム]タブの[中央揃え]ボタンをクリックすれば、
表全体を中央にの操作画像12

表全体を中央にすることができました!
表全体を中央にの操作画像19

スポンサーリンク

これで完成!

さて、下の図のような表の完成を目指して、
表全体を中央にの操作画像17

表を挿入後、文字を入力し、更に列幅や、行の高さを整え、セルの結合をし、そしてセル内の文字の位置や、セルの色を整え、線種を変更し、下の図のようになりました。
最後は表全体を中央揃えにします!
表全体を中央にの操作画像13

操作はもうOKですね?
表全体を選択し、
表全体を中央にの操作画像14

[ホーム]タブにある[中央揃え]ボタンをクリックすれば、
表全体を中央にの操作画像15

表全体を中央揃えにすることができました! 表全体を中央にの操作画像16

さぁ、ここまで操作してきた表も、これでめでたく完成です!
各操作にはポイントがあったわけですが、それさえ押さえてしまえば、表作成もすんなりできてしまうこと、実感いただけたと思います!
表全体を中央にの操作画像17

スポンサーリンク