表の罫線の種類を変える

解説記事内の画像はWord 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2013, 2010, 2007
Word 2013・2010・2007用 練習ファイル
(table-border.docx  18.0KB)
表のセルに色をつける」の続きの方は、そこで最後まで操作した練習ファイルをそのまま使えます。

下の図のような表の完成を目指して、
表の罫線の種類を変えるの操作画像01

表を挿入後、文字を入力し、更に列幅や、行の高さを整え、セルの結合をし、そしてセル内の文字の位置や、セルの色を整え、下の図のようになりました。
もう完成は目の前ですが、今回は表の線の種類や太さを変更したいと思います!
表の罫線の種類を変えるの操作画像02

線種の変更はこの「セリフ」で!

まず今回は、下の図のように、矢印の位置の罫線を、二重線に変更してみます。
表の罫線の種類を変えるの操作画像13

こういう場合は、「1行目の下の線を二重線に変更する」と考えます。
というわけで、まずは1行目を選択します。
表の罫線の種類を変えるの操作画像03

【Word 2013】
表内のいずれかのセルを選択すると、リボンに[表ツール]が表示されます。
[表ツール]の[デザイン]タブ、[飾り枠]グループにある[ペンのスタイル]ボックスの[▼]をクリックします。
表の罫線の種類を変えるの操作画像04

【Word 2010・2007】
表内のいずれかのセルを選択すると、リボンに[表ツール]が表示されます。
[表ツール]の[デザイン]タブ、[罫線の作成]グループにある[ペンのスタイル]ボックスの[▼]をクリックします。
表の罫線の種類を変えるの操作画像38

表の罫線の種類を変えるの操作画像05 【Word 2013・2010・2007】
この[ペンのスタイル]ボックスでは、二重線とか点線といった、「線の種類」を選択します。

今回は二重線にしたいので、一覧から二重線をクリックで選択します。

表の罫線の種類を変えるの操作画像36 ちなみに、この時点でマウスポインタを文書のところに持っていくと、マウスポインタの形が、左のようなペンの形になっていますが、特に気にせず、そのまま先に進めてください。

次は「線の太さ」を選択します。
先ほど使った[ペンのスタイル]ボックスの下にある、[ペンの太さ]ボックスの[▼]をクリックします。
【Word 2013】
表の罫線の種類を変えるの操作画像06

【Word 2010・2007】
表の罫線の種類を変えるの操作画像39

表の罫線の種類を変えるの操作画像07 【Word 2013・2010・2007】
今回の二重線の太さは、細すぎず、太すぎず、「ふつう」の太さにしたいです。
Wordの表の線は、既定値で「0.5pt」という太さで入りますので、「ふつう」にしたいなら、「0.5pt」をクリックで選択します。

ちなみに今回は、最初から「0.5pt」になっていたので、選択せずそのままでも良かったのですが、とりあえず練習をしたかったので、あえてクリックで選択し直してみました(笑)。

今度は「線の色」を選択します。 先ほどの[ペンの太さ]ボックスの下に、[ペンの色]ボタンがあります。
このボタンは二重構造のボタンになっているので、[▼]がある方のボタンをクリックします。
【Word 2013】
表の罫線の種類を変えるの操作画像08

【Word 2010・2007】
表の罫線の種類を変えるの操作画像40

表の罫線の種類を変えるの操作画像09 【Word 2013・2010・2007】
[▼]をクリックすると、色の一覧が表示されます。
線の色は、既定値で「自動」という色になっています。
これは通常「黒」なんですが、他の設定が加えられて、その線が見えづらいようなことになった場合には、自動的に適切な色に変わりますヨ、というものです。
特にカラフルな色にする必要が無い場合は、通常は「自動」でOKです。
そしてこのボタンも、最初から「自動」になっていたので、選択せずそのままでも良かったのですが、とりあえず練習をしたかったので、あえて「自動」をクリックで選択します。

また、上記で表示される色の一覧は、その文書に設定されている「テーマ」によって、表示される色が変わります。
「テーマって何?」という方は、「テーマとは」をご覧ください。

【Word 2013】
最後に、ここまでで選択した線を、どの位置に設定するのかを指定します。
位置を設定するのは、先ほどまで使っていた[ペンの太さ]や[ペンの色]の右側にある[罫線]ボタンです。
このボタンも二重構造のボタンになっているので、[▼]がある方のボタンをクリックします。
表の罫線の種類を変えるの操作画像10

【Word 2010・2007】
最後に、ここまでで選択した線を、どの位置に設定するのかを指定します。
[罫線]ボタンというボタンで、位置を設定するのですが、先程までのボタンとちょっと位置が違います。
[表ツール]の[デザイン]タブにあることは変わらないのですが、グループが[表のスタイル]グループになります。
このボタンも二重構造のボタンになっているので、[▼]をクリックします。
表の罫線の種類を変えるの操作画像41

表の罫線の種類を変えるの操作画像11 【Word 2013・2010・2007】
[▼]をクリックすると、どの位置に設定するのか、一覧が表示されます。

今回は、「1行目の下の線を二重線に変更する」と考えて、最初に1行目を選択してから作業に入っています。
というわけで、選択した箇所の「下」の線を変えたいわけですから、[下罫線]をクリックすると、

1行目の下の線を二重線にすることができました!
範囲選択したままだと、何となく変化の感じがつかめない〜というのであれば、
表の罫線の種類を変えるの操作画像12

範囲選択を解除すれば、セルが見えやすくなるので、二重線に変わったことが分かりやすくなるかもしれません。
表の罫線の種類を変えるの操作画像13

さぁ、ここまで使ったボタンを、どの順番でクリックしてきたのかをまとめると、こんな感じになります。
【Word 2013】
表の罫線の種類を変えるの操作画像37

【Word 2010・2007】
表の罫線の種類を変えるの操作画像42

(1)どの線(線種)を
(2)どの太さで
(3)どの色で
(4)どこに引く

となります。
でも、この操作の前には範囲選択が必要でしたから、これを含めて更にまとめると、
どこに対してどの線をどの太さでどの色でどこに引く」となります!

どこに対して (前準備)範囲選択
どの線を (1)[ペンのスタイル]ボックス
どの太さで (2)[ペンの太さ]ボックス
どの色で (3)[ペンの色]ボタン
どこに引く (4)[罫線]ボタン

スポンサーリンク

さらに練習!

今度は、下の図のように、1列目にある4つのセルの右側の線を二重線にしてみたいと思います。
表の罫線の種類を変えるの操作画像19

1列目にある4つのセルの右側の線を二重線にしたいわけですから、まずは前準備として、1列目にある4つのセルを範囲選択します。
表の罫線の種類を変えるの操作画像14

この時、1列目にあるセルだから・・・と、列単位で範囲選択しようとする方が、たまにいらっしゃいます。
「列」はその列の上から下までのセルすべてが揃って「列」と言えます。
この表の場合、一番下の行が結合されているため、上から下までのセルすべてが揃った「列」の状態は無くなっています。
そんな表の、1列目にある4つのセルに対して操作をしたいからと、列単位で範囲選択してしまうと、そもそも「列」の状態が無くなっているため、下の図のように選択されてしまいます。
表の罫線の種類を変えるの操作画像15

というわけで、セル単位で選択する方法で、1列目にある4つのセルを範囲選択しました。
これで、前準備の「どこに対して」が終了です。
表の罫線の種類を変えるの操作画像14

【Word 2013】
あとは、[表]ツールの[デザイン]タブ、[飾り枠]グループにある、ボックスやボタンを使って、
「(1)どの線を/(2)どの太さで/(3)どの色で/(4)どこに引く
を指定していけばいいわけですが、
表の罫線の種類を変えるの操作画像16

【Word 2010・2007】
あとは、[表]ツールの[デザイン]タブにある、ボックスやボタンを使って、
「(1)どの線を/(2)どの太さで/(3)どの色で/(4)どこに引く
を指定していけばいいわけですが、
表の罫線の種類を変えるの操作画像43

【Word 2013・2010・2007】
これらのボックスやボタンは、直前に選択したものが引き継がれているので、現時点で(1)の線の種類も二重線になっていますし、(2)の線の太さも「ふつう」の0.5ptになっていますし、(3)の線の色も「自動」になっています。
ちなみに現在何色が指定されているかは、[ペンの色]ボタンの、上図の青い矢印部分の太い線が何色になっているかで見分けられるのですが、分かりづらければ、このボタンの[▼]をクリックして、色を選び直してもいいと思います。

表の罫線の種類を変えるの操作画像18 【Word 2013】
そして、「(4)どこに引く」を設定するのが、左の図の[罫線]ボタンでした。
この[罫線]ボタンの[▼]をクリックし、どの位置の線を引き直したいのかを選択します。

今回は選択したセルの右側の線を引き直したいわけですから、[右罫線]をクリックすると、

表の罫線の種類を変えるの操作画像44 【Word 2010・2007】
そして、「(4)どこに引く」を設定するのが、左の図の[罫線]ボタンでした。
この[罫線]ボタンの[▼]をクリックし、どの位置の線を引き直したいのかを選択します。

今回は選択したセルの右側の線を引き直したいわけですから、[右罫線]をクリックすると、

【Word 2013・2010・2007】
1列目にある4つのセルの右側の線を、二重線に引き直すことができました!
表の罫線の種類を変えるの操作画像19

スポンサーリンク

外枠を太くする

今度は、下の図のように、表全体を囲む外枠を、太くしてみたいと思います。
え、この図じゃ、どの線のことか分からない!という方は、更にその下の図と見比べてみてください。
表の罫線の種類を変えるの操作画像26

表全体を囲む外枠、つまり、下の図のオレンジ部分の線を、上の図のように太くします。
表の罫線の種類を変えるの操作画像27

まずは前準備の「どこに対して」から。
今回は、表全体の外枠を太くしたいわけですから、表全体を選択します。
表の罫線の種類を変えるの操作画像20

残りの手順は、「(1)どの線を/(2)どの太さで/(3)どの色で/(4)どこに引く」です。
ちなみに下図のボックスやボタン、リボンのどこにあるか、もうOKですか?

【Word 2013】[表]ツールの[デザイン]タブ、[飾り枠]グループにありますヨ。
表の罫線の種類を変えるの操作画像21

【Word 2010・2007】[表]ツールの[デザイン]タブ、[罫線の作成]グループと[表のスタイル]グループにありますヨ。
表の罫線の種類を変えるの操作画像45

表の罫線の種類を変えるの操作画像22 【Word 2013・2010・2007】
「(1)どの線を」ですが、今のままでは先程まで使っていた二重線のままなので、[▼]をクリックし、一重線を選択します。

表の罫線の種類を変えるの操作画像23 お次は「(2)どの太さで」。
ふつうの太さである「0.5pt」よりも太ければいいので、どの太さでもいいですが、今回は「2.25pt」を選択します。

ちなみに、今回はわざとらしく太さを強調したくて「2.25pt」を選んでますが、普段の私は「1.5pt」を好んで選択しています。
この辺は完全に好みの問題ですので、お好きな太さを選んでください。

表の罫線の種類を変えるの操作画像24 「(3)どの色で」は、先程までの「自動」を引き継いでいるので、特に選択しなおす必要はないですが、もちろん、操作の確認がてら[▼]をクリックして[自動]を選択しなおしてもOKです。

表の罫線の種類を変えるの操作画像25 そして最後の「(4)どこに引く」は、選択した範囲の外枠の線を引き直したいわけですから、[▼]をクリックして[外枠]をクリックします。

左の図はWord 2013の[罫線]ボタンの図です。
Word 2010・2007で[罫線]ボタンってどこ?!という方は、この先に進むのは危険です(笑)。
もう一度このページを最初からご覧ください。

表全体の外枠を太くすることができました!
表の罫線の種類を変えるの操作画像26

スポンサーリンク

斜めの線を引く

今度は、表の一番左上にあるセルに、下の図のような斜めの線を引いてみたいと思います。
表の罫線の種類を変えるの操作画像34

まずは前準備の「どこに対して」。
表の一番左上にあるセルに線を引きたいわけですから、一番左上のセルを選択します。
表の罫線の種類を変えるの操作画像28

残りの手順は、「(1)どの線を/(2)どの太さで/(3)どの色で/(4)どこに引く」です。
【Word 2013】
表の罫線の種類を変えるの操作画像29

【Word 2010・2007】
表の罫線の種類を変えるの操作画像46

表の罫線の種類を変えるの操作画像30 【Word 2013】
「(1)どの線を」ですが、今回引きたい線はふつうの一重線。
先程の設定が残っていて、既に一重線になっているので、わざわざ選びなおさなくても、そのままでOK。
でも、選びなおしたい方はどうぞ(笑)。

表の罫線の種類を変えるの操作画像47 【Word 2010・2007】
「(1)どの線を」ですが、今回引きたい線はふつうの一重線。
先程の設定が残っていて、既に一重線になっているので、このままでOKなんですが、この下の[ペンの太さ]ボックスで指定してある太さで線が表示されてしまうため、「あれ?細い線じゃない!」と焦ったりしちゃったり。

表の罫線の種類を変えるの操作画像48 でも、この[ペンのスタイル]ボックスの[▼]をクリックしたところで、あくまでもここで選択できるのは「線の種類」。
太さは下のボックスで指定しますので、太く表示されてようが何だろうが(笑)、一重線を指定します。

表の罫線の種類を変えるの操作画像31 【Word 2013・2010・2007】
次は「(2)どの太さで」。
今のままでは、先程の設定を引き継いで「2.25pt」の太い線が引かれてしまいます。
今回は「ふつう」の太さの斜め線にしたいので、表の線の既定値である「0.5pt」を選択します。

表の罫線の種類を変えるの操作画像32 「(3)どの色で」は、これもまた先程までの「自動」を引き継いでいるので、選びなおさなくてもそのままでOK。

表の罫線の種類を変えるの操作画像33 そして最後の「(4)どこに引く」は、選択したセルの中で、右下の方向に下がる斜め線を引きたいので、[斜め罫線(右下がり)]をクリックします。

左の図はWord 2013の[罫線]ボタンの図です。
Word 2010・2007で[罫線]ボタンってどこ?!という方は、もう一度このページを最初からご覧ください。

選択したセルに、斜めの線を引くことができました!
表の罫線の種類を変えるの操作画像34

さぁ、今回のポイントは、もうこのセリフしかありません!
「(前準備)どこに対して/(1)どの線を/(2)どの太さで/(3)どの色で/(4)どこに引く
【Word 2013】
表の罫線の種類を変えるの操作画像37

【Word 2010・2007】
表の罫線の種類を変えるの操作画像42

このセリフの中でも、意外と忘れがちなのが前準備の範囲選択。
ボタンに気を取られるあまり、ついつい忘れがちなので、「どこに対して〜」と、ガッチリつぶやきながら操作していきましょう!

どこに対して (前準備)範囲選択
どの線を (1)[ペンのスタイル]ボックス
どの太さで (2)[ペンの太さ]ボックス
どの色で (3)[ペンの色]ボタン
どこに引く (4)[罫線]ボタン

スポンサーリンク