Wordでダミーテキスト(サンプル文章)を瞬間入力!

解説記事内の画像はWord 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2016, 2013, 2010

Wordの練習や動作確認をしたい時に必要なのが、適当な文章。
ところが適当な文章といっても、なかなか思い浮かばないし、入力も面倒。
でもWordには、ダミーテキスト(サンプル文章)を一瞬で入力できる強力な技があるんです!

それでは早速、ダミーテキスト(サンプル文章)を入力してみましょう!
文章中に、これからご紹介する「おまじない」を入力すれば、一瞬でダミーテキスト(サンプル文章)を入力できるのですが、それは半角で入力しなければならないので、まずは日本語入力OFFにしておきます。

Wordでダミーテキスト(サンプル文章)を瞬間入力!01 =rand()
と入力し、キーボードの[Enter]キーで改行すると、

Wordでダミーテキスト(サンプル文章)を瞬間入力!02 一瞬にしてダミーテキスト(サンプル文章)を入力することができました!
ちなみに、Word 2016・2013ではこのようなダミーテキスト(サンプル文章)になりますが、

Wordでダミーテキスト(サンプル文章)を瞬間入力!09 Word 2010では入力される文章の内容が違います。

長文のダミーテキスト(サンプル文章)がほしい時には

複数ページに渡るような、長文のダミーテキスト(サンプル文章)がほしい場合、
=rand()
で入力した文章をコピーして長文にするのも1つの方法ですが、もしコピー自体も面倒くさいなら、
=rand(段落数)
のように、何段落の文章がほしいのか、括弧内にその段落の数を入力します。

Wordでダミーテキスト(サンプル文章)を瞬間入力!03 ダミーテキストを入力するための「おまじない」は、半角で入力しなければならないので、日本語入力OFFの状態で、例えば、
=rand(40)
と入力し、キーボードの[Enter]キーで改行すれば、

Wordでダミーテキスト(サンプル文章)を瞬間入力!04 40段落もの文章をあっという間に入力することができました!
40段落もあると、A4サイズの用紙でもさすがに1ページには収まりきらないので、複数ページに渡っていることが分かります。

英文字のダミーテキスト(サンプル文章)がほしい時には

Wordでダミーテキスト(サンプル文章)を瞬間入力!05 英文字のダミーテキスト(サンプル文章)がほしい場合には、「おまじない」の種類が変わります。
=lorem()
半角で入力し、[Enter]キーで改行します。

Wordでダミーテキスト(サンプル文章)を瞬間入力!06 英文字のダミーテキストを一瞬で入力できました!
ちなみに、Word 2010だと規定で入力される文章はこれより少なめです。
この文章、出版業界やWebデザインの業界などで使用されている、有名なダミーテキストなんだそう。
どうやら、英語ではなくラテン語がもとになっていて、わざと意味不明の文章にしてあるそうです。
どうりでGoogle翻訳で調べてみても意味が分からないはず。

Wordでダミーテキスト(サンプル文章)を瞬間入力!07 また、
=rand()
と同様に、括弧内に必要な段落数を指定することができるので、
=lorem(2)
とすれば、

Wordでダミーテキスト(サンプル文章)を瞬間入力!08 2段落のダミーテキストが生成されます!

スポンサーリンク