別の文書ファイルへのシートの移動とコピー

解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2013, 2010, 2007

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー02 シートを移動したりコピーしたりしたいけど、その移動先・コピー先が別の文書ファイルだった場合、操作に迷う方もいらっしゃるかもしれません。
でも、最初のポイントさえ外さなければ、操作はいたって簡単です!

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー01 その最初のポイントというのがコレ!
実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの両方を開いておくこと。
これさえしておけばあとは簡単!

なので、早速操作に入っていきたいのですが、今回ご紹介する操作は、[元に戻す]ボタンで操作を元に戻すことができません!
もし失敗したら、双方の文書ファイルを保存せずに閉じればいいのですが、この操作に入る前に一度保存をかけておかないと、それまでの他の操作もおじゃんになるので、そこだけ気を付けていきましょう!

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー02 それでは、操作をスタートします!
移動やコピーをしたいシートの、シート見出しをクリックで選択後、そのシート見出しのところで右クリック

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー03 [移動またはコピー]をクリックすると、

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー04 移動先・コピー先を指定するダイアログボックスが表示されます。
[移動先ブック名]の[▼]をクリックし、一覧から移動先・コピー先の文書ファイルを選択します。
この一覧で文書ファイルを選択できるように、予めファイルを開いておいたわけです。

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー05 次は、移動したりコピーしたいシートを、上記で指定した文書ファイルの中の、どの位置に入れたいのかを、[挿入先]で指定します。

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー06 今回は、「百合山店」シートと「光野原店」シートの間に入れたいと思います。

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー07 でも、Excelの操作は「選択したところのに入る」が原則ですので、「「百合山店」シートと「光野原店」シートの間に入れる」ということは、「「光野原店」シートのに入れる」、と考えることになるので、

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー08 [挿入先]で「光野原店」を選択します。

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー09 そして、シートをコピーしたい場合には、[コピーを作成する]にチェックを付けます。
今回は、シートを移動することにしたいので、チェックは付けません。
すべての指定が終わったので、[OK]ボタンをクリックすると、

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー11 別の文書にあった「さくら台店」シートを、先程のダイアログボックスで指定した文書の、「光野原店」シートのに持ってくることができました!

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー10 今回の操作はシートの「移動」だったので、当然、元の文書ファイルにそのシートは残っていません。

スポンサーリンク

シートを移動・コピーしたら、色などが変わった!

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー112 元の文書ファイルにあった時は、そのシートの中身はこんな感じだったのに、

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー13 別の文書ファイルに、シートを移動・コピーした瞬間、フォントや色が変わってしまった!ということが起こる場合があります。
一瞬、ギクッとしますが、大丈夫、これは思いっきり「正常」な動作です。

各文書ファイルには、それぞれテーマが設定されているわけですが、元の文書ファイルと、移動・コピー先の文書ファイルに、それぞれ別のテーマが設定されていると、シートを持って行った瞬間、移動・コピー先のテーマに合わさることになるので、フォントや色が変わる、という仕組みです。
色やフォントを変えたくなければ、双方のファイルに設定するテーマを、お揃いにしておけばいいわけです。

ドラッグでも操作できます!

シートの移動とコピー、そして名前の変更」では、同じ文書ファイルの中で、シートを移動・コピーする方法としてドラッグでの操作をご紹介しています。
今回のように、別の文書ファイルにシートを移動・コピーしたい時にも、同じようにドラッグで操作できます。

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー14 先程のダイアログボックスを使う方法と同様、まずは実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの両方を開いておきます
そして、双方のウィンドウを並べておきます
並べ方は左右でも上下でもOK。

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー16 移動やコピーしたいシートの、シート見出しをクリックで選択後、そのシート見出しにマウスポインタを合わせ、

別の文書ファイルへのシートの移動とコピー15 シートを移動したいならドラッグ、コピーしたいなら[Ctrl]キーを押したままドラッグして、移動先・コピー先まで持って行きます。
ドラッグ中のマウスポインタの形や、どうしてもうまくいかない場合に気をつけるべき点については、「シートの移動とコピー、そして名前の変更」をご覧ください。

今回は2通りの操作方法をご紹介しましたが、いずれの場合でも、実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの両方を最初に開いておくのがポイント!
そのポイントさえ外さなければ、

操作したいものを選択して右クリック

の法則だったり、

ただドラッグすれば移動、[Ctrl]キーを押したままドラッグすればコピー

という、Be Cool Usersのあちこちで出てくる法則で対応できる操作です!

スポンサーリンク