ドラッグせずに範囲指定!キーとクリックだけで範囲選択

B!
解説記事内の画像はExcel 2019のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2019, 2016, 2013
  • Microsoft 365
Microsoft 365は、バージョン2102と、バージョン2107で動作確認しています。
練習ファイルのダウンロード
Excel 2019・2016・2013 / Microsoft 365用
(select-cells-shift-ctrl.xlsx  13.2KB)

スポンサーリンク

Excelで、操作範囲を指定する「範囲選択」。
基本は、ドラッグの方法です。
ですが、選択したい範囲が広くなるほど、ドラッグではマジで手がツリ、時間もかかります。
そこで登場するのが、今回ご紹介する、ドラッグせずに、クリックとShiftCtrlキーを使って範囲選択するテクニックです。

スポンサーリンク

「ここからここまで」の範囲選択

A3からE10番地までを、ドラッグせずに範囲選択してみます。

まずは先頭のA3番地だけをクリックで選択。
これで始点の選択が完了。

続いて、キーボードのShiftキーを押したまま

終点のE10番地をクリックするだけで、

A3からE10番地までを範囲選択できました!
終点を選択し終えたら、Shiftキーは離します。

この操作を覚えるセリフが、「ここからここまで」。

ここ 始点のセルを選択
から Shiftキーを押したまま
ここまで 終点のセルを選択

選択したセル範囲は、うっすら色が変わって、それが範囲選択の合図となるわけですが、始点のセルは選択されていても色が変わりません。
これは始点であることの合図。
そして、この、始点は色が変わらない性質を覚えておくと、次の章で、始点が移る瞬間が分かります!

離れた範囲の選択「ここからここまで」と「ここからここまで」

A3からA10番地までと、E3からE10番地までの離れた2箇所ともを、ドラッグせずに範囲選択してみます。

まずはA3からA10番地までの1箇所目を範囲選択していきます。
前の章の「ここからここまで」の範囲選択と同じ要領なので、

まずは始点のA3番地だけをクリックで選択。

続いて、キーボードのShiftキーを押したまま

終点のA10番地をクリックするだけで、

A3からA10番地までの範囲選択が完了!
終点を選択し終えたら、Shiftキーは離します。

続いて、2箇所目のE3からE10番地までを範囲選択しますが、最初に選択したA3からA10番地までの範囲選択が解除されてしまっては困ります!

そこで!2箇所目の始点を選択する時がポイント!
Ctrlキーを押したまま

2箇所目の始点、E3番地をクリックすると、最初のA3からA10番地までの範囲選択が残ったまま、E3番地を始点として選択できます。
このE3番地に始点が移ってきたわけですね。
2箇所目の始点を選択し終えたら、Ctrlキーは離します。

範囲選択されているセルは、その合図として、うっすら色が変わるものの、始点だけは色が変わらないことは、前の章で見ていただいたとおりです。
A3番地は、ついさっきまで始点だったので色が変わっていなかったのに、E3番地に始点が移り、始点ではなくなったので、A3番地は普通の範囲選択の合図の色に変わっています。

続いて、キーボードのShiftキーを押したまま

終点のE10番地をクリックすれば、

A3からA10番地までと、E3からE10番地までの離れた2箇所を、合わせて範囲選択できました!

この操作を覚えるセリフが、「ここからここまでここからここまで」。

ここ 始点のセルを選択
から Shiftキーを押したまま
ここまで 終点のセルを選択
(1箇所目の選択が終わったら[Shift]キーは離します)
Ctrlキーを押したまま
ここ 2箇所目の始点のセルを選択
(2箇所目の始点の選択が終わったら[Ctrl]キーは離します)
から Shiftキーを押したまま
ここまで 2箇所目の終点のセルを選択

1箇所目、2箇所目・・・と、それぞれの箇所はShiftを使って範囲選択しますが、「前に選択した箇所は残しておいてね」という合図で、2箇所目以降の始点を選択するときにCtrlを使うわけです。

スポンサーリンク

B!