グラフ内に好みの文字を入れる

解説記事内の画像はExcel 2010のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2010, 2007
  • PowerPoint 2010, 2007

グラフ内に、ちょっとした説明書きなど、好みの文字を入れたい時には、テキストボックスを使えば対応できます。

グラフ内に好みの文字を入れる01 [グラフエリア]をクリックすると、グラフ全体を選択できるので、まずはグラフ全体を選択します。

グラフ内に好みの文字を入れる02 テキストボックスをグラフ内に描き、好みの文字を入力します。
これで完了です!

ちなみに[テキストボックス]ボタンは、[挿入]タブ、[図]グループ、[図形]ボタンの中にありますヨ。

グラフ内に好みの文字を入れる03 とても簡単なこの操作ですが、1つとても大切なポイントが!
それは、グラフ全体を選択してからテキストボックスを描く、ということ。
「このグラフの中にこれから描きますからね〜」という合図を送るために、グラフ全体を選択してから、テキストボックスを描くわけです。
もし、グラフ全体を選択せずにテキストボックスを描いてしまうと、一見うまくいったように見えますが、実際はグラフの中にテキストボックスが入っていないので、グラフを移動すると、

グラフ内に好みの文字を入れる04 テキストボックスだけが置いてけぼりになってしまいます。

スポンサーリンク