グラフ内にテキストボックス(セルにリンク編)

解説記事内の画像はExcel 2010のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2010, 2007

グラフ内にテキストボックス(セルにリンク編)01 テキストボックスを使って、グラフ内に好みの文字を入れる方法は既にご紹介しています。
今回は、セル内のデータが、グラフ内のテキストボックスにリンクして表示されるようにする方法をご紹介します!

まずは、グラフエリアをクリックし、グラフ全体を選択します。

グラフ内にテキストボックス(セルにリンク編)02 グラフ内にテキストボックスを描きます。

[テキストボックス]ボタンは、[挿入]タブ、[図]グループの[図形]ボタンの中にありますヨ。

グラフ内にテキストボックス(セルにリンク編)03 テキストボックスを描いた直後は、テキストボックスが選択された状態になっているので、このままの状態で、数式バーをクリックし、数式バーに文字カーソルを入れます。

グラフ内にテキストボックス(セルにリンク編)04 「=(イコール)」を入力し、

グラフ内にテキストボックス(セルにリンク編)05 テキストボックスに表示させたいデータがあるセルをクリックで選択します。

まだこの状態では数式バーで文字カーソルが点滅していて、「まだ何かを設定しますヨ〜」という状態になっているので、[Enter]キーを押して確定します。

グラフ内にテキストボックス(セルにリンク編)06 グラフ内のテキストボックスに、指定したセルのデータが表示されました!

グラフ内にテキストボックス(セルにリンク編)07 今回の例では、グラフ内のテキストボックスは、A1番地のセルのデータを表示しているわけですから、A1番地のデータを変更すると、グラフ内のテキストボックスのデータも変わってくれます!

【Excel 2007】
Excel 2007では、セルのデータを変更しても、グラフのテキストボックス内のデータが、すぐにパッと変わらないこともあるようです。
その場合は、セルのデータを変更した後、グラフをクリックで選択してみるといいようです。

今回の操作のポイントは、テキストボックスを描く前に、グラフ全体を選択すること。
どうしてこの操作がポイントなのかは、「グラフ内に好みの文字を入れる」をご覧ください。

スポンサーリンク