アクティブセルとは?アクティブとは?

解説記事内の画像はExcel 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2016, 2013, 2010

アクティブセルとは?アクティブとは?01 Excel画面のほとんどを占める、方眼紙のようにマス目が振られた「ワークシート」。

アクティブセルとは?アクティブとは?02 このワークシート中のマス目1つ1つのことを「セル」と言います。

アクティブセルとは?アクティブとは?03 これらのセル1つ1つに、数字や文字などのデータを入力したり、計算式を入力したりして文書を作っていくわけですが、

アクティブセルとは?アクティブとは?04 セルがたくさんあるので、「自分はこれからこのセルに操作を行いますよ」と、操作したいセルを予め指定してから様々な操作をしていく必要があります。
その、操作したいセルを指定することを選択と言い、選択したいセルの真ん中で、マウスポインタが白い十字の形でクリックすると、

アクティブセルとは?アクティブとは?05 そのセルを選択することができます。
選択したセルは、このような太枠で囲まれます。
選択することで、「自分はこれからこのセルに操作を行いますよ」とExcelさんにお伝えしたことになるので、このまま[Delete]キーを押せば、このセルのデータを消すことができますし、[塗りつぶしの色]ボタンをクリックすれば、このセルの色を変えることができます。

アクティブセルとは?アクティブとは?05 つまり、「自分はこれからこのセルに操作を行いますよ」と選択することは、そのセルを操作できる状態にするということ。
もうお気付きですね?
操作できる状態にすること」を、Excelでは「アクティブにする」という言い方をしたりします。
ということは、「アクティブセル」は、「操作できる状態にしたセル」のことになりますから、すなわち、現在選択してあるセルのことを指すわけです。

アクティブセルとは?アクティブとは?06 もし、A8番地のセルを選択していたら、A8番地がアクティブセルということになりますし、

アクティブセルとは?アクティブとは?07 D6番地を選択していたら、D6番地がアクティブセルということになります。

スポンサーリンク