ドロップダウンリストで入力簡単!

解説記事内の画像はExcel 2010のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2013, 2010, 2007

ドロップダウンリストで入力簡単!の操作画像08入力規則の設定」では、「こんなデータだけ入力できますよ」という風に、セルに入力できるデータの種類や範囲を制限する方法をご紹介しています。

その入力規則を使って、[▼]をクリックして表示されるリストから、データを選択するだけで入力できるよう、設定することができます!

この[▼]をクリックして表示されるリストのことを、「ドロップダウンリスト」と言いますが、設定はとっても簡単!
まず、[▼]を押した時に表示される、元となるデータを、表の欄外に入力しておきます。
この時、実際に入力が行われる表で並べ替えなどを行う時のために、表全体と、ドロップダウンリストの元となるデータがある箇所との間は、後に表の並べ替えなどが発生した時などのために1列以上空けておきます。
ドロップダウンリストで入力簡単!の操作画像01

ドロップダウンリストで入力簡単!の操作画像02 また、リストの元となるデータは、上の図のように、1列または1行に入力されていなければなりません。
左の図のように、複数列に入力されていると設定できません

ドロップダウンリストを設定して、簡単に入力できるようにしたいセルを範囲選択し、
ドロップダウンリストで入力簡単!の操作画像03

[データ]タブ、[データツール]グループの[データの入力規則]ボタン(▼がある方ではなく、絵柄の方のボタン)をクリックします。
ドロップダウンリストで入力簡単!の操作画像04

ドロップダウンリストで入力簡単!の操作画像05 [設定]タブの[入力値の種類]で[リスト]を選択し、[元の値]に文字カーソルを移します。

ドロップダウンリストで入力簡単!の操作画像06 ドロップダウンリストの元となる、欄外に入力したデータ範囲を選択すると、

ドロップダウンリストで入力簡単!の操作画像07 [元の値]に選択したセル番地が表示されます。

[OK]ボタンをクリックすれば設定完了です!

ドロップダウンリストで入力簡単!の操作画像08 [▼]は、ドロップダウンリストが設定してあるセルを選択した時に表示されるので、それ以外のセルが選択されている時は表示されませんヨ。

リストの元の値は別シートにできる!

ドロップダウンリストで入力簡単!の操作画像09 Excel 2003では、リストの[元の値]となる箇所を、別のシートにしたい場合、ちょっとした工夫をしないと設定できませんでした

【Excel 2010・2013】
でも、Excel 2010・2013では、リストの[元の値]となる箇所を、別のシートに作り、

ドロップダウンリストで入力簡単!の操作画像10 入力規則の設定も、最初にご紹介した手順を踏むだけで設定できるようになりました!

【Excel 2007】
Excel 2007では、[元の値]を設定する際、最初にご紹介した手順のように、リストの元となるデータを範囲選択する方法ではできないようです。
上の図のように、[元の値]欄に「=シート名!セル範囲」を手入力することで設定できるようです。
(セル範囲を手入力する時は「$A$2:$A$11」のように「:」をお忘れなく)
(「=」「!」「:」も、もちろん半角で入力します)
でも、これではかえって面倒なので、Excel 2003の時と同様の方法を使った方が、設定は楽だと思います。

スポンサーリンク