オートフィルとは

解説記事内の画像はExcel 2007のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2010, 2007, 2003

串刺し集計の操作画像1 左のような「1月、2月、3月・・・」といった連続したデータを、各セルに入力したい時、エクセルでは1つずついちいち入力していく必要はありません!

串刺し集計の操作画像2 まずは連続データの先頭となるものを、セルに入力します。

串刺し集計の操作画像3 先頭のデータが入力されたセルを選択すると、そのセルの右下に黒いポッチが表示されます。
これを「フィルハンドル」と呼びます。

串刺し集計の操作画像4 フィルハンドルにマウスポインタを合わせると、マウスポインタの形が左のような黒い十字の形に変わります。
この形に変わったら、下方向にドラッグします。

串刺し集計の操作画像5 ドラッグした位置まで、連続データを簡単に入力することができました!
この機能のことを「オートフィル」と呼びます!

オートフィルのポイントは、先頭のデータが入力されているセルを選択して、フィルハンドルをドラッグすること。
よく、何も入力されていないセルを選択して、フィルハンドルをドラッグしている方を見かけるのですが、これでは何の連続データを入力したいのかエクセルには理解することができません。
このセルに入力されているものの連続データを作ってね」という意味で、先頭のデータが入力されているセルを選択して、フィルハンドルをドラッグします。

オートフィルでこんな入力ができます!

串刺し集計の操作画像6 オートフィルでは先程のような「月」の他に、「日付」や、

串刺し集計の操作画像7 「曜日」も入力できます!

串刺し集計の操作画像8 また、こういった「四半期」も入力できますし、

串刺し集計の操作画像9 意外と知られていないのは「十二支」です。

世の中の当然の順番(流れ)をオートフィルで入力できるというわけです!


串刺し集計の操作画像10 ちなみにオートフィルは、上下左右にドラッグできます!
また、数字をオートフィルする場合にはちょっとしたポイントがあります。
それについては数字のオートフィルで。

スポンサーリンク