取り消し線・二重取り消し線の設定

解説記事内の画像はWord 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2016, 2013, 2010

取り消し線・二重取り消し線の設定11 スーパーのPOPなどでよく見かける、文字を取り消す線。
Wordでは、一本線で取り消す線を「取り消し線」、二本線で取り消す線を「二重取り消し線」と言います。

取り消し線・二重取り消し線の設定01 それでは取り消し線を設定してみましょう。
まずは取り消し線を設定したい文字を範囲選択します。

取り消し線・二重取り消し線の設定02 [ホーム]タブ、[フォント]グループの、ダイアログボックス起動ツールをクリックします。
図のような、超小っちゃいボタンです。

取り消し線・二重取り消し線の設定03 すると、[フォント]ダイアログボックスというものが表示されます。
選択した文字に対して、様々な見栄えを設定できる専門のダイアログボックスです。

取り消し線・二重取り消し線の設定04 このダイアログボックスの[フォント]タブで、[取り消し線]にチェックを付ければ一本線の取り消し線を、[二重取り消し線]にチェックを付ければ、二本線の取り消し線を設定できます。

取り消し線・二重取り消し線の設定05 今回は[二重取り消し線]にチェックを付けることにしましょう。
ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、

取り消し線・二重取り消し線の設定06 二重取り消し線を設定することができました!

スポンサーリンク

取り消し線・二重取り消し線の解除

取り消し線・二重取り消し線の設定06 既に設定してある取り消し線や、二重取り消し線を解除したい場合も、操作方法は同じ。
まずは解除したい取り消し線が設定してある文字を範囲選択します。

取り消し線・二重取り消し線の設定02 [ホーム]タブ、[フォント]グループの、ダイアログボックス起動ツールをクリックします。
図のような、超小っちゃいボタンです。

取り消し線・二重取り消し線の設定07 表示されたダイアログボックスで、[フォント]タブの、[取り消し線]または[二重取り消し線]に付いているチェックを外し、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすれば、

取り消し線・二重取り消し線の設定01 取り消し線を解除することができました。

取り消し線だけはボタンでも設定OK

文字に一本線の取り消し線を付ける[取り消し線]なら、もっと手っ取り早くボタンで設定することもできます。

取り消し線・二重取り消し線の設定01 取り消し線を設定したい文字を範囲選択し、

取り消し線・二重取り消し線の設定08 [ホーム]タブ、[フォント]グループの、[取り消し線]ボタンをクリックすれば、

取り消し線・二重取り消し線の設定09 取り消し線を設定することができました!


取り消し線・二重取り消し線の設定10 この[取り消し線]ボタンは、ONとOFFの関係になっているので、

取り消し線・二重取り消し線の設定09 取り消し線を解除したければ、解除したい取り消し線が設定してある文字を範囲選択し、

取り消し線・二重取り消し線の設定10 ONになっている[取り消し線]ボタンをもう一度クリックして

取り消し線・二重取り消し線の設定08 OFFにすれば、

取り消し線・二重取り消し線の設定01 取り消し線を解除することができました!

ボタンで手っ取り早く設定できるのは、一本線の取り消し線だけ
二重取り消し線は、最初にご紹介したダイアログボックスで設定します。

スポンサーリンク