範囲選択:基本編

  • Word 2016, 2013, 2010, 2007

範囲選択:基本編の操作画像1 ひと通り文字を入力した後、「この文字を太くして色を付けたいな〜」など、文章に飾り付けを施していくわけですが、ただ頭の中でそれを念じても何も起きません。

Wordでは、「この部分を赤くしたい」「この部分を太字にしたい」などなど、やりたいことがあるのなら、まずはWordに「この部分に対してこれから物事を行いますよ〜」ということを教えてあげなければなりません。
「この部分に」と、Wordに伝えてあげること、それが範囲選択です!

文字の範囲選択

範囲選択:基本編の操作画像2 左のような文字を範囲選択したかったとします。

範囲選択:基本編の操作画像3 選択したい文字の左端にマウスポインタを持って行き、マウスポインタが下の図のような形で、選択したい文字をドラッグでなぞります。
【マウスポインタの形】 範囲選択:基本編の操作画像4

範囲選択:基本編の操作画像5 文字を範囲選択することができました!
範囲選択している箇所は「今、ここを選択していますよ」という合図で、色が変わり強調されます。
この状態で[フォントの色]というボタンを押せば、この箇所の文字の色が変わりますし、[太字]というボタンを押せば、この箇所の文字が太くなります。
何かを変える前に「これからする操作はここが対象ですよ」と、対象位置をWordさんに知らせる操作が、この範囲選択というわけです。

範囲選択の解除

範囲選択:基本編の操作画像6 範囲選択を解除するには、現在範囲選択している箇所以外の文字のところで、やはりマウスポインタが下の図のような形で、クリックすると、選択を解除することができます。
【マウスポインタの形】 範囲選択:基本編の操作画像4

範囲選択:基本編の操作画像7 この時、左余白にマウスポインタを持って行ってしまうと、マウスポインタの形が変わってしまい、後で出てくる行単位の範囲選択という動作になってしまうので注意です。
現在範囲選択している箇所以外の「文字のところ」という風に意識すると、悩まなくていいです。

初心者の方が戸惑いやすいポイント

さて、ここで、Word初心者の方が押さえておきたい範囲選択時のポイントがあるんです!
それは・・・
「しまった!」と思っても、ドラッグの手を意地でも止めないこと。

範囲選択:基本編の操作画像8 例えば、先程と同じ「電話番号」という文字を範囲選択している時に、思わず大きく手が動いて、ドラッグが行き過ぎてしまったとしても、意地でもドラッグの手を止めずに、そのまま逆方向に(左に)マウスを動かせば、行き過ぎた範囲選択を戻すことができます。

ここで慌ててドラッグの手を止めてしまい、もう一度最初からドラッグし直そうとすると、初心者の方の場合はドツボにはまりやすいんです。
やり直そうと焦る気持ちから、範囲選択したままの状態で、しかもマウスポインタの形が範囲選択時の「I」の形になっていないことに気付かずにドラッグしてしまい、文字の移動という思わぬ結果になってしまうことも。
行き過ぎたら戻すドラッグに慣れていれば、そんなドツボにはまることはありません。

範囲選択:基本編の操作画像9 そして、「行き過ぎちゃったら逆方向に戻す」ということに慣れると、左の図のような複数行にまたがる文字の範囲選択も楽々!

範囲選択:基本編の操作画像10 普通の文字の範囲選択と同様、選択したい文字の左端からドラッグを開始し、

範囲選択:基本編の操作画像11 右端まで行ったら、ドラッグの状態のままマウスを下に動かします。

範囲選択:基本編の操作画像12 そして範囲を戻すように、ドラッグの状態のまま左にマウスを動かしていけばいいわけです!

スポンサーリンク

行単位の範囲選択

範囲選択:基本編の操作画像13 今度は左の図のような1行を範囲選択したいと思います。
「文字の範囲選択と同じで、ドラッグで文字をなぞればいいだけじゃない?」と思った方、ハズレです。

範囲選択:基本編の操作画像14 選択したい行の左余白にマウスポインタを持って行き、マウスポインタが図のような白い矢印の形クリックすれば、
【マウスポインタの形】 範囲選択:基本編の操作画像20

範囲選択:基本編の操作画像15 あっという間に1行を範囲選択できました!
この「行単位」の範囲選択をすると、その行の最後に改行マーク(段落記号)がある場合には、改行マークごと範囲選択されます
Wordの操作の中には、同じ操作をしても、この改行マークが含まれるように範囲選択した場合と、含まずに範囲選択した場合とで、結果が異なる操作があるので、今回のように行を丸ごと範囲選択したい時には、この「行単位」の方法で選択することが大切です。

範囲選択:基本編の操作画像19 行単位の範囲選択をした場合も、選択の解除は文字の場合と同じです。
現在範囲選択している箇所以外の「文字のところ」で、クリックすればOKです。

複数行の範囲選択

範囲選択:基本編の操作画像16 左の図のような複数行を範囲選択したい場合には、

範囲選択:基本編の操作画像17 選択したい行のうち、最初の行の左余白にマウスポインタを持って行き、やはりマウスポインタが図のような白い矢印の形で、下に向かってドラッグすれば、
【マウスポインタの形】 範囲選択:基本編の操作画像20

範囲選択:基本編の操作画像18 複数行もあっという間に範囲選択できました!

今回ご紹介したのは、Wordを扱う上で必須の範囲選択。
そしてここにWord上達の秘訣が隠されているんです!
それは・・・マウスポインタの形
今回ご紹介した範囲選択だけでも2種類のマウスポインタの形が出てきました。
Wordでは各操作に合わせて、マウスポインタの形が変わるようになっているので、操作方法を覚えるときに、マウスポインタの形をセットにして覚える機能がたくさんあるんです!
そのため、マウスポインタの形を意識しながら操作することは、実はWord上達の近道なんです!

スポンサーリンク