ワード文書にページ番号を入れる

解説記事内の画像はWord 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2016, 2013, 2010
Word 2007での操作は「ページ番号の挿入【Word 2007編】」をご覧ください。
Word 2016・2013・2010用 練習ファイル
(page-number.docx  49.0KB)

ヘッダー領域とフッター領域とはヘッダーとフッターの基本を図解で完全マスター!」では、Word文書にはヘッダー領域とフッター領域というものがあり、最初にそれらの領域を表示した後、その領域の中にページ番号を設定するという手順の、基本操作をご紹介しました。

今回ご紹介するのは、最初にヘッダー領域とフッター領域を表示させなくても、ページ番号を設定できる方法。
ヘッダーとフッターの基本を図解で完全マスター!」でご紹介している基本操作より、ほんのちょっとだけ手順が少ない設定方法です。

でも、基本はあくまでも「ヘッダーとフッターの基本を図解で完全マスター!」でご紹介している方法で、その方法だけ知っていれば、ページ番号を応用的に使いこなすこともできますし、困ることもありません。
ページ番号の設定が初めてと言う方は、まずは「ヘッダーとフッターの基本を図解で完全マスター!」をご覧ください。

ページ番号の挿入

先頭ページ、先頭行の、文章の頭にカーソルを置く それでは早速、ページ番号を設定していきましょう!
ページ番号を設定したい文書の中なら、何ページ目の何行目に文字カーソルを置いていても構わないのですが、おすすめは文書の先頭!
先頭ページ、先頭行の、文章の頭に文字カーソルを置いてからページ番号を挿入するクセを付けておくと、今後応用的なページ番号の操作をするときも、戸惑いを減らすことができるのでおすすめです。
ちなみに、何ページ目の何行目に文字カーソルがあっても、[Ctrl]キーを押したまま[Home]キーを押すと、一発で先頭ページ、先頭行の、文章の頭に文字カーソルを持って行くことができます。

[挿入]タブ 文字カーソルを置いたら、[挿入]タブ、

[ページ番号]ボタン [ヘッダーとフッター]グループにある[ページ番号]ボタンをクリックし、

[ページ番号]ボタンのメニュー ページ番号を、ヘッダー領域に入れたい場合には[ページの上部]に、フッター領域に入れたい場合には[ページの下部]にマウスポインタを合わせます。

[ページ下部]ボタンのメニュー 今回はフッター領域にページ番号を入れたいので、[ページの下部]にマウスポインタを合わせてみます。
すると、ページ番号をどんな体裁で、どの位置に入れたいのかを、一覧から選ぶことができます。

[ページ番号]ボタンの[番号のみ 1]〜[番号のみ 3] 例えば、[シンプル]カテゴリーの[番号のみ 1]〜[番号のみ 3]というのは、シンプルにページ番号だけを入れますよ、というもので、違いは、ページ番号が中央揃えで入るのか、右揃えで入るのか、という配置だけ。
各選択肢の図で、どんな感じになるかが分かります。

[ページ番号]ボタンの[三角形 1]と[三角形 2] また、[図形付き]カテゴリーの[三角形 1]や[三角形 2]は、三角形の図形の中にページ番号が入っている、というもの。
三角形は図形なので、図形の色を変える要領で、三角形の色を変えることが可能です。

フッターにページ番号を挿入 今回は、シンプルにページ番号のみを中央揃えで入れる[番号のみ 2]を選択してページ番号を入れてみました。
ページ番号を入れると、ヘッダー領域とフッター領域が自動的に表示されます。
今回ご紹介しているページ番号を入れる方法は、最初にヘッダー領域とフッター領域を表示させなくとも設定できるというのがお得ポイントですが、挿入後は、何らかの編集がすぐにできるよう、Wordさんが気を利かせてヘッダー領域とフッター領域を表示してくれるというわけです。

フッターにページ番号を挿入 ページ番号は、「自分が何ページなのかを考えて、その数字を表示してね」という、特別なWordさんへの指令。
ページ番号のに文字カーソルがあるときに、ページ番号のところをグレーにして、特別な指令が入っていることをお知らせしてくれます。
このグレーの網掛けは印刷されることはありませんので、安心してください。

最後のシメ

[ヘッダーとフッターを閉じる]ボタン ページ番号を挿入したことで、Wordさんが気を利かせて表示してくれたヘッダー領域とフッター領域。
もちろん、作業が終わったら、「ヘッダーとフッターの基本を図解で完全マスター!」でもご紹介しているように、[ヘッダーとフッターを閉じる]ボタンで、ヘッダー領域とフッター領域を閉じておきます。

[ページの上部]と[ページの下部]では、選択肢の内容が違う

[ページ下部]ボタンのメニュー ヘッダーにページ番号を入れる[ページの上部]の選択肢には、ページの上部に入れてしっくりくるような体裁のもの、[ページの下部]の選択肢には、ページの下部に入れてしっくりくるような体裁のものが選べるようになっているので、上部と下部それぞれの選択肢に表示されるものは、同じものもあれば違うものもありますヨ。

スポンサーリンク