表紙以外にページ番号

解説記事内の画像はWord 2010のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2010, 2007

表紙以外にページ番号を入れたいという時、文書のつくりがどのようになっているかで、対応が変わります。
表紙作りでWordレッスン」でご紹介しているような、表紙とそれ以外のページが別のセクションになっているような文書なら、「文書の途中からページ番号」でご紹介している方法で設定すればOK。
表紙以外にページ番号の操作画像01

いやいや、表紙とそれ以外のページとを、セクションで分けることはしてないんだよね、同じセクションなんだよね、という文書の場合は、これからご紹介する下記の方法で設定していきます!
表紙以外にページ番号の操作画像02

早速 操作開始!

表紙以外にページ番号の操作画像03 先頭ページである、表紙から操作をスタートします。

表紙のページで、フッター領域を表示します。

[ヘッダー/フッターツール]の[デザイン]タブ、[オプション]グループにある、[先頭ページのみ別指定]にチェックを入れると、
表紙以外にページ番号の操作画像04

表紙以外にページ番号の操作画像05 表紙のフッターが、[1ページ目のフッター]に変わりました!
これで、先頭ページである表紙と、それ以外のページとで、別のヘッダー/フッターを設定することができるようになりました。

1ページ目のフッター(表紙のフッター)には、ページ番号を入れたくないので、ここでは何もせず、次の表紙以外のページのフッターに移動します。
【Word 2010】[次へ]ボタンをクリックすると、
【Word 2007】[次のセクション]ボタンをクリックすると、
表紙以外にページ番号の操作画像06

表紙以外にページ番号の操作画像07 表紙以外のページのフッター(代表として文書の2ページ目のフッター)に文字カーソルが移動します。

表紙以外にページ番号の操作画像08 ここにはページ番号を入れたいので、[ページ番号]ボタンを使って設定します。

今回はフッター(ページの下部)に中央揃えでシンプルなページ番号を入れることにするので、[ページの下部]の[番号のみ2]を選んでもいいですし、

表紙以外にページ番号の操作画像09 もともと既にフッターに文字カーソルが置いてある状態なので、[現在の位置]から[番号のみ]というシンプルタイプのものを選択して、あとから自分で[中央揃え]を設定してもOKです。

開始番号を調整!

ここまでの操作で表紙以外のページに、ページ番号を設定できはしたのですが、問題が!
肝心のページ番号が「2」からスタートしてしまっているのです!
本当は「1」から始まるようにしたいのに・・・

表紙以外にページ番号の操作画像10 でも、そもそも表紙以外のページは2ページ目から始まっているので、Wordは素直にそれをページ番号として表示しているだけ。

「1」から数え始めて、2番目のページなわけですから、「2」と表示されて当然と言えば当然です。
表紙以外にページ番号の操作画像11

じゃぁ、2番目のページを「1」と表示させるためには、いくつから数え始めればいいか?
もう答えはおわかりですね?
そうです!「0」から数え始めれば、2番目のページは「1」になります。
表紙以外にページ番号の操作画像12

表紙以外にページ番号の操作画像13 というわけで、[ページ番号]ボタンから[ページ番号の書式設定]をクリックし、

表紙以外にページ番号の操作画像14 表示されたダイアログボックスで[開始番号]を選択し、更に「0」と設定すれば・・・

表紙以外にページ番号の操作画像15 「1」と表示されるようになりました!

ダイアログボックスで[OK]ボタンを押した直後、カーソルがページ番号を設定していなかった表紙のページに移ってしまうこともあるようで、一瞬ギクリとしますが、落ち着いて2番目のページを見ると、ちゃんと設定されていることが分かります。

あとは、フッター領域を閉じれば、完了です!

表紙以外にページ番号の操作画像16 全体で2番目のページを、ページ番号上「1」と表示されるようにしたので、ステータスバーも[ページ番号]以外に、[書式設定されたページ番号]を表示しておくと分かりやすいと思います。

「表紙」機能を使った場合

バージョン2007以降のWordでは、表紙を簡単に作れる「表紙」機能があります。
この機能を使って表紙を作成した後、今回のようにページ番号を設定しようとすると、
表紙以外にページ番号の操作画像17

いちいち設定しなくても、ヘッダー/フッターには、最初から[先頭ページのみ別指定]が設定されています。
なので、あとは2番目のページのフッターに文字カーソルを置いて、[ページ番号]ボタンでページ番号を設定するだけ。
その後の[開始番号]を「0」に設定しなくても、最初からうまく表示されています。

表紙以外にページ番号の操作画像18 【Word 2010】
あぁ自動的に[開始番号]を「0」にしてくれたんだなぁと思って、ダイアログボックスを確認してみると、なぜか「1」のまま。
文書のページ番号自体はうまく設定されているので、これはWordさんの気まぐれだと思って、ダイアログボックスは見なかったことにしておきましょう(笑)。
【Word 2007】
ダイアログボックスを確認すると、自動的に[開始番号]が「0」と設定されていることが分かります。

まとめ

そもそも、ヘッダーやフッターは、全ページに同じ文字や図を表示させるための機能なので、異なるヘッダーやフッターを設定するためには、文書をセクション分けする必要があります。

でも、同じセクションの中でも、ヘッダーやフッターを、先頭ページだけ別に設定できる機能があるので、今回のようなセクション分けされていない文書でも、先頭ページとそれ以外とのページとで、異なるヘッダーやフッターを設定できたわけです。

表紙以外にページ番号の操作画像19

ただ、ページ番号はセクション単位で考えていくため、先頭ページである表紙のページも、別指定できるとはいえ、それ以外のページと同じセクションに属しているため、[開始番号]を考える際には、このセクションの先頭のページ、つまり表紙のページから数え始めて考えたというわけです。

また、今回ご紹介した方法でできるのは、あくまでも「先頭ページのみ」です。
表紙の他に目次などもあって、ページ番号を付けたくないページが先頭ページ以外にもある場合には、「文書の途中からページ番号」でご紹介している方法で設定します。

スポンサーリンク