テーマの設定はスライド作りの肝

解説記事内の画像はPowerPoint 2019のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • PowerPoint 2019, 2016, 2013, 2010
  • Office 365
Office 365は、バージョン1908と、バージョン2002で動作確認しています。
PowerPoint 2019・2016・2013・2010 / Office 365用 サンプルスライド
(theme.pptx  59.0KB)
お気に入りのテーマを探す」以降の章で使うサンプルスライドです。

スポンサーリンク

まず、「テーマって?」という方は、最初に「テーマとは?エクセル・パワーポイント・ワード文書の「パッと見」激変機能」をご覧ください。

スライドに文字を入力した直後 PowerPointでのスライド作りでは、テーマをどうするかで、スライドの印象が激変するため、スライド作りの早い段階でやっておくべきことではあるものの、実際にスライドに文字が入力されていないと、雰囲気をつかみづらいので、テーマ設定のおすすめのタイミングは、紙に全スライドの下書きをバババーっと書いて、その下書きに沿ってスライドに文字を入力した直後あたりがおすすめです。

もちろん、もうすぐ完成!というタイミングでテーマを変更することもできますが、あらゆるものが一気に変わるため、イチからの微調整が必要になります。
かなりイラッとするので、全スライド分の文字をダーッと入力した直後あたりでのテーマ設定がおすすめです。

スポンサーリンク

一覧からテーマをを設定

スライドを選択 テーマを設定したい文書が開いている状態なら、何枚目のスライドが選択されていても構いません。

テーマの一覧 [デザイン]タブの[テーマ]グループが、テーマの一覧です。

テーマの一覧をスクロール [▼]や[▲]で一覧をスクロールできます。

全てのテーマを一覧表示できるボタン テーマ一覧のスクロールボタンのうち、一番下にあるボタンをクリックすれば、

全てのテーマを一覧表示 全てのテーマを一覧表示できるので、とっても選びやすいです。
ちなみに、PowerPointの各バージョンで、備え付けのテーマは異なるので、図と同じテーマが無い!と焦る必要はありません。
もちろん、他のバージョンには備え付けられていないテーマを選んだからといって、他のバージョンのPowerPointでその文書を開いたらデザインが崩れるみたいなことはないので、心配いりません。
好みのテーマをクリックで選択すれば、

文書全体に選択したテーマを設定できた 文書全体に、選択したテーマを設定できました!

テーマの変更

テーマの一覧 設定したテーマが気に入らなければ、また[デザイン]タブの[テーマ]グループにある一覧から選び直せば、

テーマを変更 そのテーマに変更できます。

お気に入りのテーマを探す

配色の印象がつかみづらいテーマ とはいえ、文字しか無い状態でのテーマ選択は、フォントの印象はつかめるものの、配色の印象がつかみづらい場合があります。

サンプルスライド というわけで、ご自分の好みのテーマを探り当てるための、サンプルスライドを準備しました。
サンプルスライドをダウンロードしたら、それを開き、気になるテーマを設定してみてください。
(サンプルスライドでは、2枚目のスライドを見ると、テーマのイメージをつかみやすいです。)

テーマの一覧 設定したテーマが気に入らなければ、また一覧から選び直して、

好みのテーマを探り当てておく 好みのテーマを探り当てておくと、今後何か文書を作る度にそのテーマを設定すればいいので、気軽です。

バリエーションの変更

好みのテーマを探り当てておく 備え付けのテーマには、いくつかのバリエーションが準備されています。
テーマ自体はこれがいいんだけど、もうちょっと雰囲気を何とかできないかなぁ・・・という時に便利なのが「バリエーション」。

[デザイン]タブ テーマを選択後、同じ[デザイン]タブにある、

[バリエーション] 【PowerPoint 2019・2016・2013 / Office 365】
[バリエーション]グループの一覧から好みのものをクリックで選択します。

PowerPoint 2010の[背景のスタイル] 【PowerPoint 2010】
[背景]グループの[背景のスタイル]ボタンをクリックし、一覧から好みのものをクリックで選択します。

バリエーションで雰囲気を変えた 同じテーマのまま、雰囲気を変えることができました!

スポンサーリンク

気にするべきはフォントと配色

テーマとはテーマとは?エクセル・パワーポイント・ワード文書の「パッと見」激変機能」でもご紹介したように、「テーマ」の三大要素は、「フォント」「配色」「効果」ですが、PowerPointでは更に背景のデザインも含まれるため、WordやExcelよりもテーマによる印象の違いが顕著に出てきます。

スライドの背景 ですが、私の個人的な意見としては、背景があると、図解やグラフの邪魔になって、案外足を引っ張られるんですよ。
なので、背景は無いテーマがおすすめ。
ただ、「フォント」も「配色」も好みなんだけど、背景があるから諦めなきゃいけないの?というわけでもありません。
背景付きのテーマを選んでも、背景だけを非表示にすることができます。
その方法は、下記のリンクからご覧ください。

スライドの背景を消した というわけで、背景は消せるので、「テーマ」選びは、「フォント」と「配色」に重きを置いて選んでいきます

ただ、「フォントも配色も最高!この組み合わせ最強!」っていう理想のテーマが、備え付けのテーマの中に無いこともあるでしょう。
このテーマがいい感じなんだけど、いまいちフォントが気に入らないなぁとか、配色が気に入らないなぁ、みたいな。

[デザイン]タブ そんな時は、同じく[デザイン]タブの、

[バリエーション] 【PowerPoint 2019・2016・2013 / Office 365】
[バリエーション]の一覧にあるスクロールボタンのうち、一番下にあるボタンをクリックすれば、

テーマの「フォント」のみ変更、「配色」のみ変更 【PowerPoint 2019・2016・2013 / Office 365】
「フォント」のみ変更、「配色」のみ変更、という部分変更でカスタマイズできます!
もちろん、備え付けのテーマに好みのものが無ければ、「フォント」も「配色」も自分で作ってしまうことができます。
この「フォント」のカスタマイズ方法については、「テーマのフォント変更とカスタマイズ」でご紹介しています。
「配色」のカスタマイズ方法については、別の機会にご紹介します!

PowerPoint 2010の[配色]ボタンと[フォント]ボタン 【PowerPoint 2010】
[テーマ]グループの[配色]ボタンと[フォント]ボタン「フォント」のみ変更、「配色」のみ変更、という部分変更でカスタマイズできます!
もちろん、備え付けのテーマに好みのものが無ければ、「フォント」も「配色」も自分で作ってしまうことができます。
この「フォント」や「配色」のカスタマイズ方法については、別の機会にご紹介します!

スポンサーリンク